前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示
  • リシャール・ガスケ

    リシャール・ガスケから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    4歳からテニスを始める。ガスケの父親はテニスクラブの経営者で、母親もテニスコーチという恵まれた家庭に育ち、早くも9歳の時に「フランス・テニス・マガジン」1996年2月号の表紙に掲載されたことがあった。ジュニア時代、2002年の全仏オープンと全米オープンのジュニア男子シングルス部門で優勝したことがあり、全米ジュニア決勝ではキプロスのマルコス・バグダティスを破っている。同年にプロ入りし、直ちに年末の世界ランキングで166位に入った。2004年の全仏オープン混合ダブルス部門で、ガスケは同じフランスのタチアナ・ゴロビンとペアを組み、ジンバブエのウェイン・ブラック&カーラ・ブラック組を 6-3, 6-4 で破って優勝した。当時ガスケは18歳、ゴロビンは16歳で、2人の混合ダブルス優勝は地元ファンを大いに喜ばせた。2005年6月、イギリス・ノッティンガム大会の決勝でマックス・ミルヌイを 6-2, 6-3 で破り、男子ツアー大会のシングルス初優勝を果たす。この後、ガスケはウィンブルドンと全米オープンで4回戦に進出し、全米オープン終了後に世界ランキング12位をマークした。リシャール・ガスケ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年全豪オープン

    2003年全豪オープンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティス def. フロリン・メルゲア, 6?4, 6?42003年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2002年全米オープン (テニス)

    2002年全米オープン (テニス)から見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    リシャール・ガスケ def. マルコス・バグダティス, 7?5, 6?22002年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年全豪オープン

    2006年全豪オープンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    ロジャー・フェデラー def. マルコス・バグダティス, 5?7, 7?5, 6?0, 6?22006年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2003年全米オープン (テニス)

    2003年全米オープン (テニス)から見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    ジョー=ウィルフリード・ツォンガ def. マルコス・バグダティス, 7?6, 6?32003年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • ユリア・バクレンコ

    ユリア・バクレンコから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    バクレンコは母親の勧めにより、7歳からテニスを始めた。1998年のプロ入りと同時にスペインに住居を移し、フランスの「モウラトグロー・テニス・アカデミー」に入学する。このアカデミーは、キプロスのマルコス・バグダティスも教えを受けたことで有名な場所である。プロ入りから5年後、バクレンコは2003年の全仏オープンで4大大会にデビューし、シングルスで予選3試合を勝ち上がった後、本戦でもジェニファー・カプリアティとの3回戦まで勝ち進んだ。しかし、その後は好成績を出せない時期が長期間続いた。ユリア・バクレンコ フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2009年全豪オープンで、セーデリングは2回戦で3年前の準優勝者マルコス・バグダティスに 6-3, 5-7, 3-6, 3-6 で敗れた。この年前半はなかなか勝てなかったものの、全仏オープンで旋風を起こし、4回戦で大会5連覇を目指した第1シードのラファエル・ナダルを 6-2, 6-7(2), 6-4, 7-6(2) で破る勝利を挙げた(2005年に全仏初出場から初優勝したナダルにとっては、これは大会初黒星だった)。それから準々決勝でニコライ・ダビデンコ、準決勝でフェルナンド・ゴンサレスを連破した。決勝戦では第2シードのロジャー・フェデラーに 1-6, 6-7(1), 4-6 で敗れて準優勝になり、スウェーデン勢として1988年のマッツ・ビランデル以来21年ぶりとなる全仏優勝は成らなかった。初優勝したフェデラーは、セーデリングの前で宿願のキャリア・グランドスラムを達成した。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    男子シングルスシード勢では、アンディ・ロディック、マルコス・バグダティスらが順当に2回戦を突破した他、前日試合途中で順延となっていた試合では第4シードのアンディ・マレー対フアン・イグナシオ・チェラ戦でマレーがチェラを順当に下したが、第16シードのガエル・モンフィス対ファビオ・フォニーニ戦ではモンフィスがフルセットの接戦の末敗れる波乱があった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) キプロス選手団

    ロンドンオリンピック (2012年) キプロス選手団から見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティス(男子シングルス)第3回戦敗退ロンドンオリンピック (2012年) キプロス選手団 フレッシュアイペディアより)

  • イワン・リュビチッチ

    イワン・リュビチッチから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    リュビチッチはこれまで、4大大会では好成績に恵まれなかった。第7シードに選ばれた2006年の全豪オープンでは、準々決勝でキプロスの新星マルコス・バグダティスに 4-6, 2-6, 6-4, 6-3, 3-6 のフルセットで敗れてしまう。バグダティスには前年の2005年全豪オープン2回戦で初対戦した時も敗れており、同じ大会で2年連続の苦杯をなめることになった。同年の全仏オープンでは第4シードに選ばれ、自己最高成績となるベスト4進出を果たしたが、初めての準決勝で大会前年優勝者のラファエル・ナダルに 4-6, 2-6, 6-7 のストレートで完敗した。(4大大会の男子シングルスで、第1-第4シードの4名が順当に準決勝に勝ち残ったトーナメントは1995年ウィンブルドン選手権以来11年ぶりの出来事だった。)2006年度は、チェンナイ・オープン(インド)とザグレブ・インドア(クロアチア)で優勝があり、ウィーン大会の連覇も含めて年間3勝を挙げた。イワン・リュビチッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示

「マルコス・バグダティス」のニューストピックワード