34件中 11 - 20件表示
  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2010年はジャパン・オープン準決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダルに、マッチポイントを取りながら 6-7, 6-4, 6-7 で惜敗した。10月のクレムリン・カップでは決勝でマルコス・バグダティスに 3?6 6?4, 6?3 で勝利してシングルスツアー初優勝を果たした。12月にベオグラードで開催されたフランスとのデビスカップ決勝では、ネナド・ジモニッチと組んだダブルスでアルノー・クレマン&ミカエル・ロドラ組に 6-3, 7-6, 4-6, 5-7, 4-6 の逆転負けを喫したが、2勝2敗で迎えた最終試合でトロイツキはロドラを 6-2, 6-2, 6-3 で破り、セルビアは悲願の初優勝を果たした。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • バニア・キング

    バニア・キングから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    父親の手ほどきにより、4歳からテニスを始める。2005年の全米オープンで、彼女はジュニア女子ダブルス部門でアレクサ・グラッチ(同じアメリカの選手)と組んで準優勝し、一般の部でも女子シングルスの予選3試合を勝ち抜いて、ナタリー・ドシー(フランス)との2回戦まで進出した。2006年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのアメリカ代表選手に選ばれる。2006年全米オープンでは、アンドレ・アガシ対マルコス・バグダティス(キプロス)による男子シングルス2回戦の試合開始に先立ち、バニア・キングがアメリカの愛国歌「アメリカ・ザ・ビューティフル」の歌い手に選ばれた。彼女自身は、女子シングルス2回戦でジュスティーヌ・エナン・アーデンに 1-6, 2-6 のストレートで敗れた。1か月後の2006年10月、キングはエレナ・コスタニッチ(クロアチア)とペアを組み、日本のジャパン・オープン女子ダブルスでツアー初優勝を飾った。翌週のタイ・バンコク大会では単複2冠を獲得し、シングルス決勝で地元タイ人選手のタマリネ・タナスガーンを 2-6, 6-4, 6-4 の逆転で破り、コスタニッチとのダブルスで2週連続優勝を決めた。バニア・キング フレッシュアイペディアより)

  • エルネスツ・ガルビス

    エルネスツ・ガルビスから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    エルネスツ・ガルビスは2007年から男子ツアーで急成長を始め、同年の全仏オープンで4大大会にデビューした。全仏オープンの1回戦で、彼はイギリスのティム・ヘンマンにストレート勝ちしたが、次の2回戦で敗退した。ウィンブルドンでは1回戦でマルコス・バグダティス(キプロス)に敗れたが、全米オープンで4回戦に進出し、世界的な注目を集める。3回戦で第8シードのトミー・ロブレド(スペイン)を破ったガルビスは、続く4回戦でカルロス・モヤに 5-7, 2-6, 7-6, 4-6 で敗れた。ラトビア出身の男子テニス選手がこのような好成績を出したのは史上初の出来事であった。エルネスツ・ガルビス フレッシュアイペディアより)

  • カロリナ・スプレム

    カロリナ・スプレムから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2012年7月にキプロスのテニス選手マルコス・バグダティスと結婚した。10月に第1子の長女を出産した。カロリナ・スプレム フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    6月17日 - マルコス・バグダティス(キプロス、テニス)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ルカシュ・クボット

    ルカシュ・クボットから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    ルカシュ・クボットは2000年からATPツアーの下部組織の大会(チャレンジャー大会)を回り始め、2001年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのポーランド代表選手になった。2002年にプロ転向。クボットがデ杯代表選手になった時、ポーランド・チームは「ユーロ・アフリカン・ゾーン」の「グループ3」まで落ちていた。クボトは2002年にポーランドをユーロ・アフリカン・ゾーンの「グループ3」優勝に導いたが、その1回戦ではキプロス・チームと対戦し、ダブルス戦でマルコス・バグダティスとその兄ペトロスの組に勝ったこともある。2003年からポーランドは「ヨーロッパ・アフリカゾーン」の「グループ2」に入り、2010年に同ゾーンの「グループ1」入りを果たした。これまでにクボットはデビスカップで「21勝6敗」(シングルス17勝6敗、ダブルス4勝0敗)の成績を挙げてきたが、最近はほとんどシングルス戦に起用されている。ルカシュ・クボット フレッシュアイペディアより)

  • グリゴール・ディミトロフ

    グリゴール・ディミトロフから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2011年全豪オープンでは、予選を勝ち上がり1回戦で世界ランキング38位アンドレイ・ゴルベフを 6-1, 6-4, 6-2 で破り2回戦で第19シードのスタニスラス・ワウリンカに 5-7, 3-6, 3-6 で敗れた。この勝利で87位になり初めてトップ100入りを果たした。4月の全米男子クレーコート選手権で初のシードになった。ミュンヘンのBMWオープンでマルコス・バグダティスを 3-6, 7-6(6), 6-2 で破り、世界ランキングを66位まで上げた。全仏オープン1回戦でジェレミー・シャルディーに 2-6, 4-6, 4-6 で敗退。ウィンブルドンでは2回戦でジョー=ウィルフリード・ツォンガに 7-6(4), 4-6, 4-6, 6-7(8) で第1セットを奪ったが敗れた。全米オープンでは1回戦目でガエル・モンフィスに 6-7(4), 3-6, 4-6 のストレートで敗退した。グリゴール・ディミトロフ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2011年2月のデルレイビーチ大会で3度目の決勝に進出したが、フアン・マルティン・デル・ポトロに 4?6, 4?6 で敗れ3度目の準優勝となった。6月のイーストボーン大会でツアー4度目の決勝に進出したが、アンドレアス・セッピ(イタリア)との試合中で負傷し途中棄権した。全米オープンでは4大大会初のベスト8進出を果たしたが、セルビア対決となった準々決勝のノバク・ジョコビッチとの試合を途中棄権した。9月のクアラルンプール大会の決勝でマルコス・バグダティス(キプロス)に 6?4, 7?5 で勝利して、ティプサレビッチは5度目の決勝で悲願の初優勝を果たした。10月のモスクワ大会では男女を通して初めてのセルビア人同士による決勝対決となり、ビクトル・トロイツキを 6?4, 6?2 で破りツアー2勝目を挙げた。怪我で大会を途中棄権したアンディ・マリーの代役として、ATPワールドツアー・ファイナルに初出場を果たし、トマーシュ・ベルディハには 6-2, 3-6, 6-7(6) で敗れたが、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを 3-6, 6-3, 6-3 で破る殊勲を挙げた。2011年最終ランキングは9位となりトップ10入りを果たした。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 添田豪

    添田豪から見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    ロンドン五輪ではシングルスでは1回戦でマルコス・バグダティス(キプロス)に 7-6(6), 6-7(5), 2-6 で敗れた。錦織と組んだダブルスでも1回戦で北京五輪金メダルのロジャー・フェデラー&スタニスラス・ワウリンカ組(スイス)に 7-6(5), 4-6, 4-6 で敗れた。全米オープンでは1回戦でマーディ・フィッシュ(アメリカ)に 6-7(3), 6-7(2), 3-6 で敗れた。添田豪 フレッシュアイペディアより)

  • ガエル・モンフィス

    ガエル・モンフィスから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2006年全仏オープンで、モンフィスは初めて4回戦に進出した。この大会では、3回戦で第8シードのジェームズ・ブレーク(アメリカ)を 6-2, 6-7, 7-6, 5-7, 6-4 のフルセットで破ったが、続く4回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 6-7, 6-7, 3-6 のストレートで敗れた。2007年全豪オープンでは、モンフィスは2回戦で前年度の準優勝者マルコス・バグダティス(キプロス)を 7-6, 6-2, 2-6, 6-0 で破って注目を集めたが、続く3回戦で同じ年のフランス人選手、リシャール・ガスケに敗れた。ガエル・モンフィス フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「マルコス・バグダティス」のニューストピックワード