41件中 11 - 20件表示
  • イーゴリ・アンドレエフ

    イーゴリ・アンドレエフから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    イーゴリ・アンドレエフは2005年4月、バレンシア・オープン決勝でダビド・フェレールを破り、男子ツアーのシングルスで初優勝を飾った。この年は男子ツアーでシングルス年間3勝を挙げ、2006年4月3日付で世界ランキングの自己最高位24位をマークした。しかし、2006年4月28日にアンドレエフは左膝軟骨損傷修復のための手術を受け、半年間の戦線離脱を余儀なくされた。その間に世界ランキングも降下し、2007年全仏オープンを迎えた時は125位まで落ちていた。この大会で、アンドレエフは4大大会男子シングルスで初めての好成績を出した。1回戦で第3シードのアンディ・ロディックを3-6, 6-4, 6-3, 6-4で破って波に乗り、4回戦でマルコス・バグダティスを破った。初めての準々決勝では、第6シードのノバク・ジョコビッチに3-6, 3-6, 3-6のストレートで敗れた。(この大会では、アメリカの男子選手9名がすべて1回戦敗退に終わったが、これはテニス4大大会史上40年ぶりの珍事と言われた。)イーゴリ・アンドレエフ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ナルバンディアン

    ダビド・ナルバンディアンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    その後もナルバンディアンは順調に成績を伸ばした。2003年全米オープンでベスト4に入り、準決勝で地元アメリカのアンディ・ロディックに7-6, 6-3, 6-7, 1-6, 3-6で逆転負けした。2004年全仏オープンでも準決勝進出を果たすが、同じアルゼンチンのガストン・ガウディオに3-6, 6-7, 0-6のストレートで完敗した。2006年全豪オープンでベスト4に進出し、ナルバンディアンはすべての4大大会でベスト4進出果たしたが、準決勝でマルコス・バグダティスに6-3, 7-5, 3-6, 4-6, 4-6の逆転で敗れてしまう。同年に全仏オープンでも2年ぶり2度目のベスト4に進出したが、フェデラーとの対戦中に6-3, 4-6, 2-5で棄権した。2003年全米オープンと2006年全豪オープンでは、2セット・アップ(先に自分が2セットを取った状態)から相手に3セットを奪い返されての逆転負けになっている。ダビド・ナルバンディアン フレッシュアイペディアより)

  • リマソール

    リマソールから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティス - 男子プロテニス選手リマソール フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2006年全豪オープンで、ロディックは4回戦でマルコス・バグダティスに4-6, 6-1, 3-6, 4-6で敗退する。その後、ウィンブルドンでは3回戦でイギリスの新星アンディ・マリーとの“アンディ対決”に敗れてしまった。このとき世界ランキングは12位まで落ちている。ウィンブルドン選手権の終了後、ロディックは7月26日から新コーチとして往年のスーパースターだったジミー・コナーズを招聘した。コナーズに師事し始めた後、全米オープンで3年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、またもやフェデラーに2-6, 6-4, 5-7, 1-6で敗れて準優勝に終わった。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2011年2月のデルレイビーチ国際テニス選手権で3度目の決勝に進出したが、フアン・マルティン・デル・ポトロに4?6, 4?6で敗れ3度目の準優勝となった。6月のエイゴン国際でツアー4度目の決勝に進出したが、アンドレアス・セッピとの試合中で負傷し途中棄権した。全米オープンでは4大大会初のベスト8進出を果たしたが、セルビア対決となった準々決勝のノバク・ジョコビッチとの試合を途中棄権した。9月のマレーシア・オープン・クアラルンプールの決勝でマルコス・バグダティスに6?4, 7?5で勝利して、ティプサレビッチは5度目の決勝で悲願の初優勝を果たした。10月のクレムリン・カップでは男女を通して初めてのセルビア人同士による決勝対決となり、ビクトル・トロイツキを6?4, 6?2で破りツアー2勝目を挙げた。11月のATPワールドツアー・ファイナルでは怪我で大会を途中棄権したアンディ・マリーの代役として初出場を果たし、トマーシュ・ベルディハには6-2, 3-6, 6-7(6)で敗れたが、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを3-6, 6-3, 6-3で破る殊勲を挙げた。2011年最終ランキングは9位となりトップ10入りを果たした。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2010年はジャパン・オープン・テニス選手権準決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダルに、マッチポイントを取りながら6-7, 6-4, 6-7で惜敗した。10月のクレムリン・カップでは決勝でマルコス・バグダティスに3?6 6?4, 6?3で勝利してシングルスツアー初優勝を果たした。12月にベオグラードで開催されたフランスとのデビスカップ決勝では、ネナド・ジモニッチと組んだダブルスでアルノー・クレマン/ミカエル・ロドラ組に6-3, 7-6, 4-6, 5-7, 4-6の逆転負けを喫したが、2勝2敗で迎えた最終試合でトロイツキはロドラを6-2, 6-2, 6-3で破り、セルビアは悲願の初優勝を果たした。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • イワン・リュビチッチ

    イワン・リュビチッチから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    リュビチッチはこれまで、4大大会では好成績に恵まれなかった。第7シードに選ばれた2006年全豪オープンでは、準々決勝でキプロスの新星マルコス・バグダティスに4-6, 2-6, 6-4, 6-3, 3-6のフルセットで敗れてしまう。バグダティスには前年の2005年全豪オープン2回戦で初対戦した時も敗れており、同じ大会で2年連続の苦杯をなめることになった。同年の全仏オープンでは第4シードに選ばれ、自己最高成績となるベスト4進出を果たしたが、初めての準決勝で大会前年優勝者のラファエル・ナダルに4-6, 2-6, 6-7のストレートで完敗した。(4大大会の男子シングルスで、第1-第4シードの4名が順当に準決勝に勝ち残ったトーナメントは1995年ウィンブルドン選手権以来11年ぶりの出来事だった。)2006年度は、チェンナイ・オープンとザグレブ・インドアで優勝があり、エルステ・バンク・オープンの連覇も含めて年間3勝を挙げた。イワン・リュビチッチ フレッシュアイペディアより)

  • バニア・キング

    バニア・キングから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    父親の手ほどきにより、4歳からテニスを始める。2005年の全米オープンで、彼女はジュニア女子ダブルス部門でアレクサ・グラッチ(同じアメリカの選手)と組んで準優勝し、一般の部でも女子シングルスの予選3試合を勝ち抜いて、ナタリー・ドシーとの2回戦まで進出した。2006年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのアメリカ代表選手に選ばれる。2006年全米オープンでは、アンドレ・アガシ対マルコス・バグダティスによる男子シングルス2回戦の試合開始に先立ち、バニア・キングがアメリカの愛国歌「アメリカ・ザ・ビューティフル」の歌い手に選ばれた。彼女自身は、女子シングルス2回戦でジュスティーヌ・エナン=アーデンに 1-6, 2-6 のストレートで敗れた。1か月後の2006年10月、キングはエレナ・コスタニッチとペアを組み、日本のジャパン・オープン女子ダブルスでツアー初優勝を飾った。翌週のタイ・バンコク大会では単複2冠を獲得し、シングルス決勝で地元タイ人選手のタマリネ・タナスガーンを 2-6, 6-4, 6-4 の逆転で破り、コスタニッチとのダブルスで2週連続優勝を決めた。バニア・キング フレッシュアイペディアより)

  • ルカシュ・クボット

    ルカシュ・クボットから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    クボットは2000年からATPツアーの下部のATPチャレンジャーツアーを回り始め、2001年から男子テニス国別対抗戦デビスカップポーランド代表になった。2002年にプロ転向。クボットがデビスカップ代表選手になった時、ポーランド代表はヨーロッパ・アフリカ・ゾーンのグループ3まで落ちていた。クボットは2002年にポーランドをユーロアフリカン・ゾーン・グループ3優勝に導いたが、その1回戦ではキプロス代表と対戦し、ダブルスでマルコス・バグダティスとその兄ペトロスの組に勝ったこともある。2003年からポーランドはヨーロッパ・アフリカ・ゾーンのグループ2に入り、2010年に同ゾーンのグループ1入りを果たした。これまでにクボットはデビスカップで「23勝7敗」(シングルス19勝7敗、ダブルス4勝0敗)の成績を挙げてきたが、最近はほとんどシングルス戦に起用されている。ルカシュ・クボット フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    男子シングルスシード勢では、アンディ・ロディック、マルコス・バグダティスらが順当に2回戦を突破した他、前日試合途中で順延となっていた試合では第4シードのアンディ・マリー対フアン・イグナシオ・チェラ戦でマレーがチェラを順当に下したが、第16シードのガエル・モンフィス対ファビオ・フォニーニ戦ではモンフィスがフルセットの接戦の末敗れる波乱があった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「マルコス・バグダティス」のニューストピックワード

  • オートモビル カウンシル 2018

  • Nissan GT−R50 by Italdesign

  • 一個一個積み重ねて、振り向くと山のような作品がある。すごいことですよ