34件中 21 - 30件表示
  • イーゴリ・アンドレエフ

    イーゴリ・アンドレエフから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    イーゴリ・アンドレエフは2005年4月、スペイン・バレンシア大会の決勝でダビド・フェレールを破り、男子ツアーのシングルスで初優勝を飾った。この年は男子ツアーでシングルス年間3勝を挙げ、2006年4月3日付で世界ランキングの自己最高位「24位」をマークした。しかし、2006年4月28日にアンドレエフは左膝軟骨損傷修復のための手術を受け、半年間の戦線離脱を余儀なくされた。その間に世界ランキングも降下し、2007年全仏オープンを迎えた時は「125位」まで落ちていた。この大会で、アンドレエフは4大大会男子シングルスで初めての好成績を出した。1回戦で第3シードのアンディ・ロディックを 3-6, 6-4, 6-3, 6-4 で破って波に乗り、4回戦でキプロスのマルコス・バグダティスを破った。初めての準々決勝では、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 3-6, 3-6, 3-6 のストレートで敗れた。(この大会では、アメリカの男子選手9名がすべて1回戦敗退に終わったが、これはテニス4大大会史上40年ぶりの珍事と言われた。)イーゴリ・アンドレエフ フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン

    ジル・シモンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2007年2月にフランス・マルセイユ大会決勝でマルコス・バグダティス(キプロス)を 6?4, 7?6 のストレートで下しツアー初優勝。9月のルーマニア・ブカレスト大会でも決勝でビクトル・ハネスク(ルーマニア)を 4-6, 6-3, 6-2 のフルセットで下し、早くも2勝目を挙げた。ジル・シモン フレッシュアイペディアより)

  • マルコス

    マルコスから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティス - キプロスのテニス選手。マルコス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マレー

    アンディ・マレーから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2006年2月13日、アンディ・マレーはアメリカ・カリフォルニア州サンホセ大会の決勝でレイトン・ヒューイットを 2-6, 6-1, 7-6 で破り、18歳9ヶ月でツアー初優勝を果たす。4大大会でも、2度目のウィンブルドンでは3回戦でアンディ・ロディックとの“アンディ対決”を 7-6, 6-4, 6-4 で制してさらに評価を高めたが、4回戦でキプロスのマルコス・バグダティスに 3-6, 4-6, 6-7 のストレートで敗れた。全米オープンで第17シードを得たマレーは、ニコライ・ダビデンコ(ロシア)との4回戦まで勝ち進み、一気に世界ランキング16位まで上昇した。アンディ・マレー フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    全豪オープンでは2回戦でマルコス・バグダティス(キプロス)に 1-6, 3-6, 6-4, 3-6 で敗退した。2月のデルレイビーチ大会でヤンコ・ティプサレビッチを 6?4, 6?4 で破り全米オープン以来のツアー8勝目を挙げた。全仏オープンは、3回戦でノバク・ジョコビッチに 3-6, 6-3, 3-6, 2-6 で敗れた。ウィンブルドンは4回戦でラファエル・ナダルに6-7(6), 6-3, 6-7(4), 4-6 で敗れた。全米オープンでも3回戦でジル・シモンに 6-4, 6-7(5), 2-6, 6-7(3) で敗れたが、最終ランキングは11位まで戻し、ATPアワードのカムバック賞を受賞した。12月のスペインとのデビスカップ決勝では、ダビド・フェレールに 2-6, 7-6(2), 6-3, 4-6, 3-6 のフルセットで敗れた。1勝2敗で後がなくなった第4試合のラファエル・ナダル戦でも 6-1, 4-6, 1-6, 6-7(0) で敗れアルゼンチンは悲願の初優勝を逃した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • リマソール

    リマソールから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティス - 男子プロテニス選手リマソール フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ナルバンディアン

    ダビド・ナルバンディアンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    その後もナルバンディアンは順調に成績を伸ばし、世界トップ10選手の座を維持している。2003年は全米オープンでベスト4に入り、準決勝で地元アメリカのアンディ・ロディックに 7-6, 6-3, 6-7, 1-6, 3-6 で逆転負けした。2004年には全仏オープンでも準決勝進出を果たすが、同じアルゼンチンのガストン・ガウディオに 3-6, 6-7, 0-6 のストレートで完敗した。2006年の全豪オープンで、ナルバンディアンはすべての4大大会でベスト4進出の里程標に到達したが、準決勝でキプロスの20歳マルコス・バグダティスに 6-3, 7-5, 3-6, 4-6, 4-6 の逆転で敗れてしまう。同年に全仏オープンでも2年ぶり2度目の準決勝に進出したが、ロジャー・フェデラーとの対戦中に 6-3, 4-6, 2-5 (第3セットの途中)で棄権した。2003年の全米オープンと2006年の全豪オープンでは、2セット・アップ(先に自分が2セットを取った状態)から相手に3セットを奪い返されての逆転負けになっている。ダビド・ナルバンディアン フレッシュアイペディアより)

  • ジョー=ウィルフリード・ツォンガ

    ジョー=ウィルフリード・ツォンガから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    ツォンガの家族は、父親はコンゴ共和国から移住した元ハンドボール選手で、母親はフランス人の教師である。彼はジュニア選手時代、2003年全米オープンのジュニア男子シングルス決勝でマルコス・バグダティス(キプロス)を 7-6, 6-3 で破って優勝したことがあり、2004年からプロテニス選手になった。ところが、ツォンガはプロ転向直後から数多くの病気に悩まされる。2004年11月から2005年3月まで椎間板ヘルニアを患い、2005年後半から2006年にかけては右肩・背中・腹部などの故障を抱えたため、テニスツアーへの出場さえおぼつかない時期が長期間続いた。ジョー=ウィルフリード・ツォンガ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2007年に入り、ノバクは大躍進を果たす。マイアミ・マスターズ決勝で、フェデラーを下して勝ち上がって来たギリェルモ・カナスを破り、大規模トーナメント群であるATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全仏オープンでは第6シードに選ばれ、初めて準決勝まで勝ち上がると、同大会で2連覇中だったラファエル・ナダルに 5-7, 4-6, 2-6 で敗れたものの、続く第4シードで挑んだウィンブルドンでは、雨天による大会進行の遅延に悩まされながら、4回戦でレイトン・ヒューイットと4時間、準々決勝でマルコス・バグダティスと5時間ものマラソンマッチを戦い抜き、苦しみつつも準決勝まで勝ち上がった。しかし、ナダルとの対戦中に足の痛みで途中棄権を余儀なくされた。8月第3週のカナダ・マスターズの準々決勝で当時世界ランキング3位のアンディ・ロディック、準決勝で同2位のラファエル・ナダル、決勝で同1位のロジャー・フェデラーを倒し、ATPマスターズシリーズ2勝目を挙げ、シングルス・ランキングで3位に上昇した。全米オープンで初めて4大大会決勝に進出したが、フェデラーに 6-7(4-7), 6-7(2-7), 4-6 のストレートで敗れて準優勝に終わった。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・アガシ

    アンドレ・アガシから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    アンドレ・アガシは2006年6月24日に会見を開き、同年の全米オープン終了後に現役引退する意向を表明した。最後のウィンブルドンでは、3回戦で第2シードのラファエル・ナダルに 6-7, 2-6, 4-6 で完敗した。そして、現役最後の大会となった全米オープンがやってくる。アガシは1回戦でルーマニアのアンドレイ・パベル、2回戦でキプロスのマルコス・バグダティスを破ったが、2006年9月3日の3回戦でドイツの予選勝者ベンヤミン・ベッカーに 5-7, 7-6, 4-6, 5-7 で敗れ、21年間の現役生活に終止符を打った。アンドレ・アガシ フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「マルコス・バグダティス」のニューストピックワード