41件中 31 - 40件表示
  • グリゴール・ディミトロフ

    グリゴール・ディミトロフから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    全豪オープンでは、予選を勝ち上がり1回戦で世界ランキング38位アンドレイ・ゴルベフを6-1, 6-4, 6-2で破り2回戦で第19シードのスタニスラス・ワウリンカに5-7, 3-6, 3-6で敗れた。この勝利で87位になり初めてトップ100入りを果たした。4月の全米男子クレーコート選手権で初のシードになった。BMWオープンでマルコス・バグダティスを3-6, 7-6(6), 6-2で破り、世界ランキングを66位まで上げた。全仏オープン1回戦でジェレミー・シャルディーに2-6, 4-6, 4-6で敗退。ウィンブルドンでは2回戦でジョー=ウィルフリード・ツォンガに7-6(4), 4-6, 4-6, 6-7(8)で第1セットを奪ったが敗れた。全米オープンでは1回戦でガエル・モンフィスに6-7(4), 3-6, 4-6 ストレートで敗退した。グリゴール・ディミトロフ フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン

    ジル・シモンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2007年2月にオープン13決勝でマルコス・バグダティスを6?4, 7?6のストレートで下しツアー初優勝。9月のBCRルーマニア・オープンでも決勝でビクトル・ハネスクを4-6, 6-3, 6-2のフルセットで下し、2勝目を挙げた。ジル・シモン フレッシュアイペディアより)

  • 1985年

    1985年から見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    6月17日 - マルコス・バグダティス、テニス選手1985年 フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    全豪オープンで、セーデリングは2回戦で3年前の準優勝者マルコス・バグダティスに6-3, 5-7, 3-6, 3-6で敗れた。この年前半はなかなか勝てなかったものの、全仏オープンで旋風を起こし、4回戦で大会5連覇を目指した第1シードのラファエル・ナダルを6-2, 6-7(2), 6-4, 7-6(2)で破る勝利を挙げた(2005年全仏オープンでの初出場から初優勝したナダルにとっては、これは全仏初黒星だった)。さらに準々決勝でニコライ・ダビデンコを、準決勝でフェルナンド・ゴンサレスを破り決勝進出。決勝では第2シードのロジャー・フェデラーに1-6, 6-7(1), 4-6で敗れて準優勝になり、スウェーデン勢として1988年のマッツ・ビランデル以来21年ぶりとなる全仏優勝は成らなかった。初優勝したフェデラーは、セーデリングの前で宿願のキャリア・グランドスラムを達成した。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    ジョコビッチは大躍進を果たす。マイアミ・マスターズ決勝で、フェデラーを下して勝ち上がって来たギリェルモ・カナスを破り、大規模トーナメント群であるATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全仏オープンでは第6シードに選ばれ、初めて準決勝まで勝ち上がると、同大会で2連覇中だったナダルに5-7, 4-6, 2-6で敗れたものの、続く第4シードで挑んだウィンブルドンでは、雨天による大会進行の遅延に悩まされながら、4回戦でレイトン・ヒューイットと4時間、準々決勝でマルコス・バグダティスと5時間ものマラソンマッチを戦い抜き、苦しみつつも準決勝まで勝ち上がった。しかし、ナダルとの対戦中に足の痛みで途中棄権を余儀なくされた。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エルネスツ・ガルビス

    エルネスツ・ガルビスから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    ガルビスは2007年から男子ツアーで急成長を始め、同年の全仏オープンで4大大会にデビューした。1回戦で、彼はイギリスのティム・ヘンマンにストレート勝ちしたが、次の2回戦で敗退した。ウィンブルドン選手権では1回戦でマルコス・バグダティスに敗れたが、全米オープンで4回戦に進出し、世界的な注目を集める。3回戦で第8シードのトミー・ロブレドを破ったガルビスは、続く4回戦でカルロス・モヤに5-7, 2-6, 7-6, 4-6で敗れた。ラトビア出身の男子テニス選手がこのような好成績を出したのは史上初の出来事であった。エルネスツ・ガルビス フレッシュアイペディアより)

  • スタン・ワウリンカ

    スタン・ワウリンカから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    年初のチェンナイ・オープンで3連覇達成。全豪オープンでは4回戦でミロシュ・ラオニッチに4-6, 3-6, 7-5, 6-4, 3-6で敗れ、グランドスラム7大会連続ベスト8を逃した。2月に2008年以来のエントリーとなったドバイ・テニス選手権で決勝に進出。マルコス・バグダティスを破り初優勝を飾った。その後のマスターズでは5大会中モンテカルロ・マスターズしかベスト8入りを果たせなかった。全仏直前の地元スイスでのジュネーブ・オープンでは決勝に進出し、マリン・チリッチに6-4, 7-6(11)で勝利し、今季3勝目を挙げた。ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ全仏オープンでは、初戦のルカシュ・ロソル戦で4-6, 6-1, 3-6, 6-3, 6-4で辛勝するが、その後は順当に準決勝まで進出。準決勝ではマリーに4-6, 2-6, 6-4, 2-6で敗れた。ウィンブルドン選手権では2回戦でフアン・マルティン・デル・ポトロに6-3, 3-6, 6-7(2), 3-6で敗れた。その後のマスターズではロジャーズ・カップでベスト4入りするもシンシナティ・マスターズは3回戦敗退、また、リオオリンピックは故障のため欠場した。全米オープンでは、3回戦でダニエル・エバンスにマッチポイントを握られるも4-6, 6-3, 6-7(6), 7-6(8), 6-2で4時間2分に及ぶマラソンマッチを制した。準々決勝ではウィンブルドンで敗れたデルポトロに7-6(5), 4-6, 6-3, 6-2で下し、対デルポトロの連敗を4で止めた。準決勝では錦織圭に4-6, 7-5, 6-4, 6-2の逆転で下し、3度目のグランドスラム決勝に進出した。決勝ではジョコビッチに6-7(1), 6-4, 7-5, 6-3で3時間55分の激闘を制し、全米オープン初優勝、グランドスラム3勝目を挙げた。3度のグランドスラム決勝進出でキャリア・グランドスラムに王手をかけたことになる。また、この優勝により、4年連続のATPワールドツアー・ファイナルの出場を確定させた。ATPワールドツアー・ファイナルでは第2戦でマリン・チリッチに勝利するも、初戦で錦織圭に、第3戦でマリーに完敗し、ATPワールドツアー・ファイナルでは自身初のラウンドロビン敗退となった。スタン・ワウリンカ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・イスナー

    ジョン・イスナーから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    7月のアトランタ・テニス選手権では決勝でマルコス・バグダティスを破り3連覇達成。シティ・オープンでは2年ぶりに決勝に進出するも錦織圭に敗れる。ジョン・イスナー フレッシュアイペディアより)

  • BIG4 (テニス)

    BIG4 (テニス)から見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティス - 自己最高世界ランキング8位BIG4 (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ミルマン

    ジョン・ミルマンから見たマルコス・バグダティスマルコス・バグダティス

    2015年ウィンブルドン選手権では1回戦で第19シードのトミー・ロブレドに6-2, 6-3, 6-4で勝利し、グランドスラム初勝利を上げる。2回戦ではマルコス・バグダティスに7-6(5), 6-2, 3-6, 2-6, 4-6で逆転負けした。この活躍でミルマンは世界ランクトップ100入りを果たした。ジョン・ミルマン フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「マルコス・バグダティス」のニューストピックワード

  • オートモビル カウンシル 2018

  • Nissan GT−R50 by Italdesign

  • 一個一個積み重ねて、振り向くと山のような作品がある。すごいことですよ