前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たロジャー・フェデラー

    キプロスは地中海に浮かぶ、人口約87万人の小さな島国である。バグダティスの父親は衣料品店の経営者で、家族は2人の兄と養子の妹がいる。マルコスはその中で5歳からテニスを始め、14歳の時にスポーツ小国を援助するプロジェクトの奨学金の資格を得て、キプロスからフランスの首都・パリへ留学した。ジュニア選手時代、2001年に日本の大阪で開かれた世界スーパージュニアテニス選手権大会に16歳で優勝したことがある。2003年に全豪オープンの男子ジュニア部門で優勝し、同年にプロ転向。2004年のアテネ五輪にキプロス代表として出場し、2回戦でドイツのニコラス・キーファーに敗れる。4大大会デビューは同年の全米オープンで、2回戦で第1シードのロジャー・フェデラーに挑戦した。2005年の全豪オープンでキプロス人のテニス選手として初の4回戦進出を果たしたが、この時もフェデラーに敗れている。2005年は全仏オープンとウィンブルドンにも初出場を果たしたが、この両大会では初戦を突破できなかった。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たノバク・ジョコビッチ

    2008年は右手首の疲労骨折や背中の故障などに悩み、年間を通じて12大会しか出場できなかった。2009年全豪オープンでは、準優勝した年以来3年ぶりの4回戦まで勝ち進んだが、第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 1-6, 6-7(1-7), 7-6(7-5), 2-6 で敗れる。この後全仏オープンで初戦敗退し、直後のオランダ・スヘルトーヘンボス大会の2回戦を途中棄権したため、ウィンブルドンを欠場する。ウィンブルドン終了後、バグダティスの世界ランキングは151位まで落ちた。それからしばらく男子ツアーの下部大会を転戦し、3大会を制して徐々に世界ランキングを戻していった彼は、10月の「ストックホルム・オープン」決勝でオリビエ・ロクス(ベルギー)を破り、2年ぶりのツアー3勝目を挙げた。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たアンディ・マリー

    2012年ロンドンオリンピックの開会式ではキプロス選手団の旗手を務めた。シングルス3回戦で金メダルを獲得した地元イギリスのアンディ・マリーに 6-4, 1-6, 4-6 で敗れた。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たアンディ・ロディック

    2006年の全豪オープンで、マルコス・バグダティスは世界に旋風を起こす。世界ランキング54位のノーシードから勝ち上がり、4回戦で第2シードのアンディ・ロディックを 6-4, 1-6, 6-3, 6-4 で破り、準々決勝では第7シードのイワン・リュビチッチ(クロアチア)に勝ち、準決勝では第4シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を 3-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-4 の逆転で破り、キプロス人のテニス選手として初の4大大会決勝進出者となった。先にナルバンディアンに2セットを取られた状態(2セット・ダウン)からの逆転勝利でつかんだ決勝戦だった。ロジャー・フェデラーとの決勝では第1セットを 7-5 で奪ったが、続く3セットを 5-7, 0-6, 2-6 で落として準優勝に終わった。この後、ウィンブルドンでベスト4に進出する。バグダティスは準々決勝でレイトン・ヒューイットを 6-1, 5-7, 7-6(7-5), 6-2 で破ったが、続く準決勝で第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 5-7, 3-6 のストレートで敗れ、全豪に続く決勝進出はならなかった。ウィンブルドン選手権の終了後、バグダティスは世界ランキングを10位に上げ、初めての世界トップ10入りを決めた。全米オープンで第8シードに選ばれたバグダティスは、2回戦でこの大会限りでの現役引退を表明していたアンドレ・アガシに 4-6, 4-6, 6-3, 7-5, 5-7 のフルセットで敗れた。しかし全米オープン直後に行われたチャイナ・オープン(北京開催)の決勝戦で、バグダティスはマリオ・アンチッチを 6-4, 6-0 で破り、ATPツアー大会初優勝を飾った。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たマリオ・アンチッチ

    2006年の全豪オープンで、マルコス・バグダティスは世界に旋風を起こす。世界ランキング54位のノーシードから勝ち上がり、4回戦で第2シードのアンディ・ロディックを 6-4, 1-6, 6-3, 6-4 で破り、準々決勝では第7シードのイワン・リュビチッチ(クロアチア)に勝ち、準決勝では第4シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を 3-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-4 の逆転で破り、キプロス人のテニス選手として初の4大大会決勝進出者となった。先にナルバンディアンに2セットを取られた状態(2セット・ダウン)からの逆転勝利でつかんだ決勝戦だった。ロジャー・フェデラーとの決勝では第1セットを 7-5 で奪ったが、続く3セットを 5-7, 0-6, 2-6 で落として準優勝に終わった。この後、ウィンブルドンでベスト4に進出する。バグダティスは準々決勝でレイトン・ヒューイットを 6-1, 5-7, 7-6(7-5), 6-2 で破ったが、続く準決勝で第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 5-7, 3-6 のストレートで敗れ、全豪に続く決勝進出はならなかった。ウィンブルドン選手権の終了後、バグダティスは世界ランキングを10位に上げ、初めての世界トップ10入りを決めた。全米オープンで第8シードに選ばれたバグダティスは、2回戦でこの大会限りでの現役引退を表明していたアンドレ・アガシに 4-6, 4-6, 6-3, 7-5, 5-7 のフルセットで敗れた。しかし全米オープン直後に行われたチャイナ・オープン(北京開催)の決勝戦で、バグダティスはマリオ・アンチッチを 6-4, 6-0 で破り、ATPツアー大会初優勝を飾った。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たアンドレ・アガシ

    2006年の全豪オープンで、マルコス・バグダティスは世界に旋風を起こす。世界ランキング54位のノーシードから勝ち上がり、4回戦で第2シードのアンディ・ロディックを 6-4, 1-6, 6-3, 6-4 で破り、準々決勝では第7シードのイワン・リュビチッチ(クロアチア)に勝ち、準決勝では第4シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を 3-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-4 の逆転で破り、キプロス人のテニス選手として初の4大大会決勝進出者となった。先にナルバンディアンに2セットを取られた状態(2セット・ダウン)からの逆転勝利でつかんだ決勝戦だった。ロジャー・フェデラーとの決勝では第1セットを 7-5 で奪ったが、続く3セットを 5-7, 0-6, 2-6 で落として準優勝に終わった。この後、ウィンブルドンでベスト4に進出する。バグダティスは準々決勝でレイトン・ヒューイットを 6-1, 5-7, 7-6(7-5), 6-2 で破ったが、続く準決勝で第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 5-7, 3-6 のストレートで敗れ、全豪に続く決勝進出はならなかった。ウィンブルドン選手権の終了後、バグダティスは世界ランキングを10位に上げ、初めての世界トップ10入りを決めた。全米オープンで第8シードに選ばれたバグダティスは、2回戦でこの大会限りでの現役引退を表明していたアンドレ・アガシに 4-6, 4-6, 6-3, 7-5, 5-7 のフルセットで敗れた。しかし全米オープン直後に行われたチャイナ・オープン(北京開催)の決勝戦で、バグダティスはマリオ・アンチッチを 6-4, 6-0 で破り、ATPツアー大会初優勝を飾った。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たスタニスラス・ワウリンカ

    2012年全豪オープン2回戦でスタニスラス・ワウリンカに 6-7(3-7), 4-6, 7-5, 1-6 で敗れた。その時にラケット4本を壊し800ドルの罰金処分を受けている。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たラファエル・ナダル

    2006年の全豪オープンで、マルコス・バグダティスは世界に旋風を起こす。世界ランキング54位のノーシードから勝ち上がり、4回戦で第2シードのアンディ・ロディックを 6-4, 1-6, 6-3, 6-4 で破り、準々決勝では第7シードのイワン・リュビチッチ(クロアチア)に勝ち、準決勝では第4シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を 3-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-4 の逆転で破り、キプロス人のテニス選手として初の4大大会決勝進出者となった。先にナルバンディアンに2セットを取られた状態(2セット・ダウン)からの逆転勝利でつかんだ決勝戦だった。ロジャー・フェデラーとの決勝では第1セットを 7-5 で奪ったが、続く3セットを 5-7, 0-6, 2-6 で落として準優勝に終わった。この後、ウィンブルドンでベスト4に進出する。バグダティスは準々決勝でレイトン・ヒューイットを 6-1, 5-7, 7-6(7-5), 6-2 で破ったが、続く準決勝で第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 5-7, 3-6 のストレートで敗れ、全豪に続く決勝進出はならなかった。ウィンブルドン選手権の終了後、バグダティスは世界ランキングを10位に上げ、初めての世界トップ10入りを決めた。全米オープンで第8シードに選ばれたバグダティスは、2回戦でこの大会限りでの現役引退を表明していたアンドレ・アガシに 4-6, 4-6, 6-3, 7-5, 5-7 のフルセットで敗れた。しかし全米オープン直後に行われたチャイナ・オープン(北京開催)の決勝戦で、バグダティスはマリオ・アンチッチを 6-4, 6-0 で破り、ATPツアー大会初優勝を飾った。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見たイワン・リュビチッチ

    2006年の全豪オープンで、マルコス・バグダティスは世界に旋風を起こす。世界ランキング54位のノーシードから勝ち上がり、4回戦で第2シードのアンディ・ロディックを 6-4, 1-6, 6-3, 6-4 で破り、準々決勝では第7シードのイワン・リュビチッチ(クロアチア)に勝ち、準決勝では第4シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を 3-6, 5-7, 6-3, 6-4, 6-4 の逆転で破り、キプロス人のテニス選手として初の4大大会決勝進出者となった。先にナルバンディアンに2セットを取られた状態(2セット・ダウン)からの逆転勝利でつかんだ決勝戦だった。ロジャー・フェデラーとの決勝では第1セットを 7-5 で奪ったが、続く3セットを 5-7, 0-6, 2-6 で落として準優勝に終わった。この後、ウィンブルドンでベスト4に進出する。バグダティスは準々決勝でレイトン・ヒューイットを 6-1, 5-7, 7-6(7-5), 6-2 で破ったが、続く準決勝で第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 5-7, 3-6 のストレートで敗れ、全豪に続く決勝進出はならなかった。ウィンブルドン選手権の終了後、バグダティスは世界ランキングを10位に上げ、初めての世界トップ10入りを決めた。全米オープンで第8シードに選ばれたバグダティスは、2回戦でこの大会限りでの現役引退を表明していたアンドレ・アガシに 4-6, 4-6, 6-3, 7-5, 5-7 のフルセットで敗れた。しかし全米オープン直後に行われたチャイナ・オープン(北京開催)の決勝戦で、バグダティスはマリオ・アンチッチを 6-4, 6-0 で破り、ATPツアー大会初優勝を飾った。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・バグダティス

    マルコス・バグダティスから見た全豪オープン

    マルコス・バグダティス(Marcos Baghdatis, ギリシャ語:, 1985年6月17日 - )は、キプロス・リマソール出身の男子プロテニス選手。当地から登場した最初の本格的なプロテニス選手として活動し、2006年の全豪オープン男子シングルス準優勝者になった。これまでにATPツアーでシングルス4勝、ダブルス1勝を挙げている。ベースライン・プレーヤーで、フォアハンド・ストロークの強打とサービスを大きな武器にする。シングルス自己最高ランキングは8位(2006年8月)。身長182cm、体重80kg、右利き。マルコス・バグダティス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「マルコス・バグダティス」のニューストピックワード