3445件中 51 - 60件表示
  • ドラえもん

    ドラえもんから見たマレーシアマレーシア

    原作の漫画が出版された国および地域は、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、タイ、ラオス、カンボジア、インドネシア、キプロス、イタリア、スペイン、フランス、ロシアである。各国のコミック雑誌(台湾青文社「HAPPY DRAGON 快樂龍」など)にも連載されている。また、海賊版は東南アジアで広く見られる。ドラえもん フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・カングー

    ルノー・カングーから見たマレーシアマレーシア

    このような人気を受け、フランス国内のみならず、ヨーロッパ諸国やアフリカ諸国、日本やマレーシア、シンガポールなどのアジア諸国、オーストラリアやニューカレドニアなどの太平洋諸国でも販売されている。また、マレーシアのタンチョンの子会社である「TCユーロカーズ」でノックダウン生産されており、近隣諸国へ輸出されている。ルノー・カングー フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たマレーシアマレーシア

    2014年に起きたマレーシア航空370便墜落事故の残骸回収の任務に就いていたマレーシア政府の駐マダガスカル名誉領事が、8月25日に首都アンタナナリボで何者かに殺害されていたことが判明。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たマレーシアマレーシア

    マレーシア・クアラルンプールでASEAN国防相会議が初めて開催される。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋戦争

    太平洋戦争から見たマレーシアマレーシア

    中国共産党(八路軍)、大韓民国臨時政府(韓国光復軍)、フクバラハップ(フィリピン共産党の抗日武装組織)、抗日マラヤ人民軍(マレーシア華僑の抗日武装組織)、フォース136(英軍によって訓練されたゲリラ部隊)、東南アジアボランティア軍(華僑武装組織)、ニューギニア族民兵(両陣営の原住民兵として参加)太平洋戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見たマレーシアマレーシア

    中華人民共和国やベトナムやシンガポール、かつてはインドネシアやマレーシアなど、周辺には実質的な一党独裁制を敷いている・敷いていた国家が多いが、中華民国も例外ではなかった。中華民国では1928年より党国体制が敷かれ、蒋介石とその息子蒋経国による世襲の独裁の下で戒厳が施行され、共産主義政党や本省人による台湾独立や完全選挙(国民大会や立法院での大半の議席は大陸選出枠としてほぼ固定化していた)を求める政党は「国家安全法」と「人民団体法」により存在を許されなかった。このような状況が改められたのは戒厳が解かれた1987年からである。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たマレーシアマレーシア

    東部と東南部は韓国、日本、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、インドネシアと海を挟んで接している。海岸線は約1万8000キロで、中国大陸の東部は渤海、黄海、東シナ海に、南部は南シナ海に臨んでいる。海域には5,400の島が点在する。これらの島嶼では南沙諸島や西沙諸島、台湾、フィリピンのミスチーフ環礁、マレーシアのラヤンラヤン島の領有権も主張している。その一部は既に武力支配され、周辺国から反感を買い警戒されている。島嶼以外ではチベット、ウイグルの独立問題の他、インドのアクサイチン、アルナーチャル・プラデーシュ州の領有も主張している。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 環太平洋パートナーシップ協定

    環太平洋パートナーシップ協定から見たマレーシアマレーシア

    2010年3月から、原加盟4か国にアメリカ、オーストラリア、ベトナム、ペルーの4か国を加えた拡大交渉が開始された。2011年時点では、アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーが加盟交渉国として、原加盟国との拡大交渉会合に加わっていた。9カ国による拡大交渉は、2011年11月12日に大枠合意に至り、2012年内の最終妥結を目指していた。環太平洋パートナーシップ協定 フレッシュアイペディアより)

  • ファーイースト・オーチャード

    ファーイースト・オーチャードから見たマレーシアマレーシア

    ファーイースト・オーチャード(FEO)はシンガポール、及びマレーシアでホテル運営、不動産投資、開発を手がけているシンガポール証券取引所上場企業。ファーイースト・オーガニゼーションの子会社であり、以前はオーチャード・パレード・ホールディングスとして知られていた。ファーイースト・オーチャード フレッシュアイペディアより)

  • 南本線

    南本線から見たマレーシアマレーシア

    タイ国有鉄道南本線は東北本線、北本線に次ぐ3番目の幹線として着工された。南本線は前記2線とは異なり始めから1,000mm軌間を採用して敷設された。(前記2線は当初は標準軌間である1,435mmで敷設されたがその後1,000mm軌間に改軌された。)これは既に営業していたマレーシアに合わせたという説と工事費を安くするためと言う2つの説があるが、当初の段階ではマレーシアと接続の意思はなく工事費を安くするためと思われる。旧トンブリー駅-ペッチャブリー駅間(150.49km)が1903年6月19日に開業したのを皮切りに南北3か所(ペッチャブリー駅、ソンクラー駅、カンタン駅)より同時に延伸工事が開始され、まずソンクラー駅-カンタン駅間が1914年10月1日に繋がり1916年 9月1日に南北からの工事が完成した。その後スンガイコーロックへ向け工事が進められ、1921年9月17日に南本線全線開通となった。この段階で既に南本線、カンタン支線、ソンクラー支線、及びナコーンシータンマラート支線の一大路線網が完成していた。その後ナムトック支線、キーリーラットニコム支線、スパンブリー支線が開通し逆にソンクラー支線が廃止された。南本線 フレッシュアイペディアより)

3445件中 51 - 60件表示

「マレーシア」のニューストピックワード