前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
233件中 1 - 10件表示
  • マレーシア

    マレーシアから見たマハティール・ビン・モハマド

    1981年 マハティール首相就任 ( - 2003年)マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たナジブ・ラザク

    2009年 アブドラ首相は、2008年3月の総選挙で国民戦線が3分の2議席を確保できなかったため、二期目の任期4年を残し首相を退任。4月にマレーシア与党連合・国民戦線の中核政党統一マレー国民組織(UMNO)のナジブが首相に就任した。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たボルネオ島

    マレーシアは、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。 タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たマレーシア航空

    国内の主要都市は、「ナショナルフラッグ・キャリア」のマレーシア航空や格安航空会社のエアアジアなどの航空会社により結ばれている他、これらの航空会社が諸外国との間を結んでいる。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見た三菱自動車

    マハティール首相時代に様々な分野において国産化を推進する政策を打ち出した。なかでも国産車 (National Car) については、日本の三菱自動車の技術を導入した自動車メーカー「プロトン」(その後三菱との資本提携を解消し、ドイツのフォルクスワーゲン社と包括提携交渉を進めるも、個別案件での協力関係を模索することとなり、一方で再び三菱との技術提携を進めている)や、同じく日本のダイハツ工業の技術を導入した小型車メーカーのプロドゥアを設立し、政府の手厚い保護もあって国内シェアの約6割を両社で占めている。また、アジアやヨーロッパ諸国への輸出も行われている。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たフォルクスワーゲン

    マハティール首相時代に様々な分野において国産化を推進する政策を打ち出した。なかでも国産車 (National Car) については、日本の三菱自動車の技術を導入した自動車メーカー「プロトン」(その後三菱との資本提携を解消し、ドイツのフォルクスワーゲン社と包括提携交渉を進めるも、個別案件での協力関係を模索することとなり、一方で再び三菱との技術提携を進めている)や、同じく日本のダイハツ工業の技術を導入した小型車メーカーのプロドゥアを設立し、政府の手厚い保護もあって国内シェアの約6割を両社で占めている。また、アジアやヨーロッパ諸国への輸出も行われている。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たデル

    特に近年は、アジアにおけるIT先進国となるべく、ITインフラの整備や国内企業への支援などをはじめとする様々な経済政策を推し進めて来ており、インフラ整備が高く評価されてアメリカのデルコンピュータのアジアにおける生産拠点としての位置を確保した他、地元の関連産業が次々誕生するなど一定の成果を結んでいる。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たデルコンピュータ

    他にもルノーやデルコンピュータなどの外国企業の工場の誘致、港湾の整備、空港や鉄道などの各種交通インフラの充実など、主にインフラ整備と重工業の充実を中心とした経済政策を積極的に行い、一定の成果を結んでいる。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たアブドラ・バダウィ

    2003年 アブドゥラ・ビン・アフマッド・バダウィ首相就任マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たトゥンク・アブドゥル・ラーマン

    1957年 マラヤ連邦 (初代国王トゥアンク・アブドゥル・ラーマン、初代首相トゥンク・アブドゥル・ラーマン) 独立。マレーシア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
233件中 1 - 10件表示

「マレーシア」のニューストピックワード