290件中 21 - 30件表示
  • マレーシア

    マレーシアから見たプロトン (自動車)

    マハティール首相時代に様々な分野において国産化を推進する政策を打ち出した。なかでも国産車 (National Car) については、日本の三菱自動車の技術を導入した自動車メーカー「プロトン」(その後三菱との資本提携を解消し、ドイツのフォルクスワーゲン社と包括提携交渉を進めるも、個別案件での協力関係を模索することとなり、一方で再び三菱との技術提携を進めている)や、同じく日本のダイハツ工業の技術を導入した小型車メーカーのプロドゥアを設立し、政府の手厚い保護もあって国内シェアの約6割を両社で占めている。また、アジアやヨーロッパ諸国への輸出も行われている。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たエアアジア

    インド系は概して貧しい傾向にあるが、通信大手マクシス・コミュニケーションズの買収に成功した投資家にして国内第2位の富豪であるのような例外も存在する。また、印僑の父とポルトガル系マレー人(マラッカの少数民族)の母を持つトニー・フェルナンデス(エアアジア代表)のような人物も存在する。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たキー・ヨン・チョン

    西欧の現代音楽シーンとは係わり合いがなさそうに思えるが、21世紀以降、タズル・イザン・タジュッディン、キー・ヨン・チョン、アエノン・ジャエン・ルー、ジィ・アーヴィなどの新世代は海外で積極的に評価され、国際的にトップレベルの水準に達していることで知られる。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たアブドゥル・ラザク

    1970年 7月緊急条例発布。9月、ラーマン首相辞任。第2代首相にアブドゥル・ラザク就任。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たロバート・クオック

    マレーシアで有力な経済人は華人系が圧倒的に多く、個人総資産額の上位の大半が華人系で占められている。代表例としては、製糖事業で財を成したケリーグループを率いるロバート・クオック(郭鶴年)やパーム油(マレーシアの主要輸出品)関連事業を手掛けるIOIグループの最高責任者、シンガポールに拠点を持つ不動産業大手ホンリョングループ総帥が挙げられる。また、華人系実業家の多くは、シンガポールや香港と関係が深く、マレーシア政府との結び付きが弱いことに特徴がある。マレーシア企業でありながら拠点が国外(シンガポールや香港など)にあったり、事業の主要な収益源が海外である場合も少なくない。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たトーマス・ラッフルズ

    1805年 トーマス・ラッフルズがペナンに派遣され、ペナンで積んだ経験が後のシンガポール建設の参考となった。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たアブドゥラ・ビン・アフマッド・バダウィ

    2008年2月13日、アブドラ首相は、連邦議会下院を解散すると発表した。憲法の規定により解散後60日以内に総選挙が行われる。同時にサラワク州を除く12州議会に解散するよう要請した。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たジィ・アーヴィ

    西欧の現代音楽シーンとは係わり合いがなさそうに思えるが、21世紀以降、タズル・イザン・タジュッディン、キー・ヨン・チョン、アエノン・ジャエン・ルー、ジィ・アーヴィなどの新世代は海外で積極的に評価され、国際的にトップレベルの水準に達していることで知られる。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たフセイン・オン

    1975年 ラザク首相、急死。フセイン・オン、首相に昇格。第3代首相に。マレーシア フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア

    マレーシアから見たフランシスコ・ザビエル

    1549年 イエズス会のフランシスコ・ザビエルがマラッカを出発し、日本到着。マレーシア フレッシュアイペディアより)

290件中 21 - 30件表示

「マレーシア」のニューストピックワード