前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • CHIKA (ヘアーメイクアップアーティスト)

    CHIKA (ヘアーメイクアップアーティスト)から見たマンダムマンダム

    マンダムテクニカルセミナーCHIKA (ヘアーメイクアップアーティスト) フレッシュアイペディアより)

  • 黒田秀樹

    黒田秀樹から見たマンダムマンダム

    1990年にフリーへ転身。サントリー「ペプシマンシリーズ」、資生堂「TSUBAKI」、マンダム「GATSBY」などを手掛ける。黒田秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡象一郎

    松岡象一郎から見たマンダムマンダム

    CM GATSBY 本木雅弘 段階別老けメイク松岡象一郎 フレッシュアイペディアより)

  • GIRL TALK/the SPEED STAR

    GIRL TALK/the SPEED STARから見たマンダムマンダム

    2曲共に自身がイメージキャラクターに選ばれ出演したマンダム「LUCIDO-L」シリーズのCMソング。GIRL TALK/the SPEED STAR フレッシュアイペディアより)

  • 岩尾望

    岩尾望から見たマンダムマンダム

    マンダムの男性化粧品ブランド「GATSBY」のCMにおいて、岩尾が洗顔した後(編集によって)所謂「男前」の木村拓哉に変身する、というものが話題になったことがある。本人もこのCMが相当気に入っているらしく、実際同じようなシチュエーションで洗顔を行う動画やパロディコントが上げられたり、「あのCM以降、僕が顔を洗おうとすると周囲がざわつくようになった」と語っている。岩尾望 フレッシュアイペディアより)

  • 大林宣彦

    大林宣彦から見たマンダムマンダム

    大林の手がけたCMは、日本で初めてハリウッドスターを起用し、あまりのヒットに社名を変更したチャールズ・ブロンソンの「マンダム」、ラッタッタのかけ声で話題を呼んだ「ホンダ・ロードパル」のソフィア・ローレン、「カネカ・フォンテーヌ」「ラックス化粧品」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「レナウン・シンプルライフ」のリンゴ・スターなどの起用で、今日に続く海外スター起用のCMの先駆けとなった。海外スターの起用、海外ロケ、映画のような特撮の導入などは、それまでの日本のCMにない画期的なものであった。チャールズ・ブロンソンのマンダム起用の経緯は、当時の丹頂の社長が、若き大林に仕事を任せるにあたり、大林夫婦を食事に招待したおり、ごく自然に夫人にサラダを取り分ける大林に感銘を受け、「この人物ならわが社の広告を任せていい」と決心したといわれ、トップの心を掴んだ大林は思い通りに仕事を進め、「どうして売れないブロンソンなど使うのだ」と渋るハリウッドのエージェントの反対を押し切り、チャールズ・ブロンソンでCMを完成させたといわれる。また、高沢順子の「お魚になったわたし」、山口百恵・三浦友和コンビの「グリコアーモンドチョコレート」、高峰三枝子・上原謙の「国鉄フルムーン」、森繁久弥の「国鉄新幹線」、若尾文子の「ナショナル浄水器」、「レナウン・ワンサカ娘」、「カルピス」など、10年間で製作したテレビCMは2000本を越え国際CM賞も受賞。テレビCMを新しい映像表現として確立、画期的な映像表現で、日本のテレビCMを飛躍的に進化させた。大林宣彦 フレッシュアイペディアより)

  • 郷ひろみ

    郷ひろみから見たマンダムマンダム

    2007年 (平成19年) 7月、出演したマンダムCMで、松田聖子の曲「青い珊瑚礁」の替え歌を歌う。当初は松田とのデュエットが企画されていたが、松田側が拒否したため、ソロで歌うことになった。CM発表会では、「僕がまさかOKするとはメーカーさんも思っていなかったんじゃない?」と答えた。2008年 (平成20年) 11月の『ベストヒット歌謡祭』でもメドレー冒頭で、松田聖子の「青い珊瑚礁」を歌った。郷ひろみ フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ブロンソン

    チャールズ・ブロンソンから見たマンダムマンダム

    日本では、1970年に男性用化粧品メーカー「丹頂」の化粧品「マンダム」のテレビCM(大林宣彦演出)に出演し、一世を風靡した。撮影費は2000万円、ブロンソンへのギャラは3万ドル(約1000万円)であった。彼の起用を提案したのは、キャンペーンを担当した電通の西谷尚雄で、西谷はかねてから『大脱走』や『さらば友よ』などで個性的な脇役として存在感を示していたブロンソンに着目していた。化粧品のCMといえば二枚目の男優が出演して中性的な清潔感を打ち出すものが多かった中で、野性的な風貌のブロンソンを起用し、男臭さを前面に押し出すのは逆転の発想であった。キャンペーンにあたったスタッフは当初周囲から猛批判を受けたという。チャールズ・ブロンソン フレッシュアイペディアより)

  • コマーシャルメッセージ

    コマーシャルメッセージから見たマンダムマンダム

    う〜ん、マンダム(丹頂=現・マンダム、チャールズ・ブロンソン)コマーシャルメッセージ フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ウォレス

    ジェリー・ウォレスから見たマンダムマンダム

    日本では、1970年に放送されたチャールズ・ブロンソンをフィーチャーした男性化粧品マンダムのCMソング「男の世界」(再発盤レコードでは「マンダム〜男の世界」と改題。原題は”LOVERS OF THE WORLD”)が日本独自シングルとしてヒットした。この曲は、オリコンの年間TOP50で最高20位(1970年)を獲得した。ジェリー・ウォレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「マンダム」のニューストピックワード