120件中 31 - 40件表示
  • オールスター歌合戦

    オールスター歌合戦から見たマンダムマンダム

    『オールスター歌合戦』(オールスターうたがっせん)は、1955年と1956年の2回に渡って、ラジオ東京(現:TBSラジオ&コミュニケーションズ)とラジオ東京テレビ(現:TBSテレビ)で同時放送(生放送)された年末特別番組(歌謡番組)である。2回とも化粧品メーカー・金鶴香水株式会社(後の丹頂株式会社、現:マンダム)の一社提供。オールスター歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 森山開次

    森山開次から見たマンダムマンダム

    マンダム、GATSBY(2003年)森山開次 フレッシュアイペディアより)

  • 加覧愛

    加覧愛から見たマンダムマンダム

    マンダムLUCIDO、スズキ・ワゴンR、資生堂マキアージュ、NEC docomo N-04Bなど数多くのCMにモデルとして出演。加覧愛 フレッシュアイペディアより)

  • STYLE (安室奈美恵のアルバム)

    STYLE (安室奈美恵のアルバム)から見たマンダムマンダム

    マンダム「ルシードL プリズムマジックヘアカラー」CMソングSTYLE (安室奈美恵のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ダンスアライブ

    ダンスアライブから見たマンダムマンダム

    前年度に引き続きパイオニア株式会社がメインスポンサーとなり、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、アディダスジャパン株式会社、マンダム株式会社、株式会社ムラサキスポーツも引き続きスポンサードとなった。今期のFINALでは新しくカラオケ業界大手企業である株式会社第一興商、脱毛サロンMUSSE PLATINUMを運営する株式会社ジンコーポレーションがスポンサーとして加入した。ダンスアライブ フレッシュアイペディアより)

  • ミドル脂臭

    ミドル脂臭から見たマンダムマンダム

    2013年11月にマンダムが記者発表会及びニュースリリースとして世間一般に発表した。この臭いに関する研究成果は、第38回日本香粧品学会、第65回日本生物工学会大会、国際化粧品技術者会(IFSCC 2013 Conference Rio de Janeiro)などで発表されている。ミドル脂臭 フレッシュアイペディアより)

  • 石山愛子

    石山愛子から見たマンダムマンダム

    マンダム「ギャツビー」(染めちょろりん篇)(髪型きめて篇)(2006年2月3日 - ) - ナレーション石山愛子 フレッシュアイペディアより)

  • 加齢臭

    加齢臭から見たマンダムマンダム

    2013年11月、マンダムが30代から40代の男性の悪臭の原因として、ノネナールやペラルゴン酸とは異なる物質を特定し発表した。40歳を中心とした男性の頭部周辺からはジアセチルという成分が多く生成され、20代の男性に比べ不快な強い脂臭を発しているとのこと。ジアセチルは酢の120倍にもなる強い臭気だという。加齢臭 フレッシュアイペディアより)

  • ジアセチル

    ジアセチルから見たマンダムマンダム

    2013年11月18日、主に50代以降にみられる加齢臭ではなく、30代 - 40代の『おやじ臭』の原因物質であることがマンダムによって特定された。皮膚ガスの構成成分の一つである。ジアセチル フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆の踊子 (1974年の映画)

    伊豆の踊子 (1974年の映画)から見たマンダムマンダム

    山口百恵は最初は歌唱力が充分でないと判断され、映画出演は補強策として考えられたといわれる。当時の山口百恵はヒット曲に恵まれず暗中模索状態であった。山口百恵の最初の出演映画は、松竹映画『としごろ』であったが、これは「脇役ながら目立つ女の子」という扱いだった。これに続く主演第一作は、ホリプロ= 東宝提携作品となり、 ホリプロ傘下のホリ企画制作で『野良猫ロック』シリーズを手がけていた笹井英男がプロデュースすることになった。笹井は元日活のプロデューサーで、当時はホリ企画の副社長となり、大林宣彦とマンダムのCMなどを作っていた。『伊豆の踊子』製作の前に百恵がグリコのCMに起用され、大林が百恵のCMを作ることになった。このCMシリーズで百恵がお兄ちゃんに対する憧れを持つという企画が上がり、その相手役として「隣の青年」というイメージが出され、大林が「笑うと目がキラッと光って歯がキラッと光るような子がいい」と要望し、笹井プロデューサーが「よそに預けている子がいる」と三浦友和を連れてきてCM起用を決めた。本作『伊豆の踊子』も笹井が、先に大林に監督を打診したが、百恵が忙しすぎて撮影に取れるのは3日しかないと言われ大林が断った。結局新人のデビューなので安定した「文芸路線」が採用され、堀威夫ホリプロ社長と笹井が旧知の元日活の監督・西河克己に依頼した。西河は日活のロマンポルノ移行後、テレビ界に移っていて、劇映画監督は5年ぶりだった。百恵の相手役は東宝が新聞広告を出して、約四千人の応募があり、その中から三十数人を選び東京に呼んで書類選考が行われ、応募者の中に現役の東大生・新保克芳がおり、配給の東宝も宣伝しやすい「東大生でいこう」と決まりかけていたが、名古屋弁の強い新保に西河が反対し「芝居の経験がある者にしたい」と、結局先のグリコのCM映像を見て西河が三浦を強く推し三浦の起用を決めた。公募最優秀の新保は「見知らぬ高等学校生」役でワンシーンのみ登場している。その後は映画とは無関係な道を歩んでいたが2005年のホリエモン騒動の際に、ライブドアの顧問弁護士としてブラウン管に登場した。 伊豆の踊子 (1974年の映画) フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「マンダム」のニューストピックワード