前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示
  • マリンピア松島水族館

    マリンピア松島水族館から見たマンボウマンボウ

    1979年(昭和54年)9月12日 - マンボウ「プクプク」が長期飼育世界記録更新。(翌年9月7日に死亡。788日)マリンピア松島水族館 フレッシュアイペディアより)

  • アカマンボウ目

    アカマンボウ目から見たマンボウマンボウ

    アカマンボウ目(学名: あるいは Lampridiformes)は、硬骨魚類の分類群の一つ。7科12属で構成され、深海魚を中心に21種が含まれる。いわゆるマンボウはフグ目に属し、本目の魚類ではない。アカマンボウ目 フレッシュアイペディアより)

  • スチールスピン

    スチールスピンから見たマンボウマンボウ

    本種と同じフグ科魚類モデルの巨大戦艦には、以下のようなものがある。なお、別の同社ゲーム『メタルブラック』には、アガジオというヤリマンボウ型の敵キャラが登場する。スチールスピン フレッシュアイペディアより)

  • ヤリマンボウ

    ヤリマンボウから見たマンボウマンボウ

    ヤリマンボウ(学名;Masturus lanceolatus)は、世界中の温帯、熱帯の海に生息するマンボウ科の海水魚。日本でも、日本海や伊豆諸島近海などでみられる。外見上は、マンボウと似ているが、舵びれ(背びれと尻びれの一部が変形したもの)に突出部があることで区別できる。外洋に生息し、発見例は少ないため、生態には未だ謎が多い。ヤリマンボウ フレッシュアイペディアより)

  • ゴウシュウマンボウ

    ゴウシュウマンボウから見たマンボウマンボウ

    ゴウシュウマンボウ(学名:Mola ramsayi)は、マンボウ科に属する魚である。英名は"southern sunfish"、"southern ocean sunfish"、"short sunfish"などが知られている。本種は南半球でみられ、同属種で本種よりよく知られたマンボウ(学名:Mola mola)と近縁である。海面近くに横たわって日光浴をする姿がみられ、これには餌を求めて冷たい深海へ潜った後に体を暖めるため、体に酸素を供給するため、あるいはカモメを呼んで寄生虫を取り除いてもらうため、といった理由があると考えられている。ゴウシュウマンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ科

    マンボウ科から見たマンボウマンボウ

    マンボウ科 () は、フグ目の1科である。マンボウに代表される。マンボウ科 フレッシュアイペディアより)

  • アカマンボウ

    アカマンボウから見たマンボウマンボウ

    アカマンボウ(赤翻車魚、学名:Lampris guttatus、英名:opah)とは、アカマンボウ目アカマンボウ科 (Lampridae) に属する深海魚。別名、マンダイ。体型はマンボウ (Mola mola) に似るが、マンボウの仲間ではない。リュウグウノツカイに近縁の魚である。アカマンボウ フレッシュアイペディアより)

  • 志摩マリンランド

    志摩マリンランドから見たマンボウマンボウ

    志摩マリンランド(しまマリンランド)は、三重県志摩市の賢島にある水族館。近鉄グループの一員。「マンボウの泳ぐ水族館」を標榜している。志摩マリンランド フレッシュアイペディアより)

  • 魚類用語

    魚類用語から見たマンボウマンボウ

    ウナギ、ハイギョにみられるように、二次的に原正尾に近い形になったもの。マンボウの舵鰭もこの名で呼ばれることがある。魚類用語 フレッシュアイペディアより)

  • ウシマンボウ

    ウシマンボウから見たマンボウマンボウ

    ウシマンボウ(牛翻車魚、)は、フグ目マンボウ科マンボウ属の1種である。従来、マンボウと同一の種であると考えられていたが、近年の遺伝子解析によって別種であることが判明し、2010年にウシマンボウと名付けられた。ウシマンボウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示

「マンボウ」のニューストピックワード