90件中 21 - 30件表示
  • マウスブルーダー

    マウスブルーダーから見たマンボウマンボウ

    一般に魚類や両生類では、小さく無防備な卵、仔稚魚の時期に他の動物に捕食されやすいため、親魚にまで成長できる個体数は限られる。ある程度以上の数の子孫を残すための繁殖戦略としては、できるだけ多くの無数の卵を産み散らかす方法(例:マンボウ)や、比較的少数の卵を産んで、それを親が守ったり世話をする方法(例:トミヨ、ディスカス)等がある。マウスブルーダーは後者の最も発達した例の一つである。口の中に卵があれば、外敵に卵を食べられる恐れはなく、仔魚になってからも、周辺に危険が迫ると口の中に隠れることで、捕食される確率は大幅に下がる。ただし、卵および子供の総量は親の口腔内部の大きさで制限される。また、親はその間の採餌が困難になる。マウスブルーダー フレッシュアイペディアより)

  • 三瓶町

    三瓶町から見たマンボウマンボウ

    みかめ本館とは道路を挟んだ近くに立地。他の地域における「道の駅」に当たる施設。町内で採れた新鮮な野菜や柑橘類、鮮魚等が販売されている。施設内にはマンボウやウミガメの泳ぐ水槽が設置され、水質に難が出てくる夏場を除いてほぼ1年中マンボウの生態に触れる事ができる。三瓶町 フレッシュアイペディアより)

  • 伝説のスタフィー2

    伝説のスタフィー2から見たマンボウマンボウ

    海の平和を守る正義のくのいち、「かげろうオギョン」と「はげろうオギャン」。マンボウの忍者という珍しい存在で、「 - でゴザル」など昔風の仰々しい口調を使う。オギャンが姉。伝説のスタフィー2 フレッシュアイペディアより)

  • ダイバーズXX

    ダイバーズXXから見たマンボウマンボウ

    大ヒット機種ニューパルサーに続いて発売された、山佐4号機第2弾。山佐恒例の緑のボーナス絵柄に「カメ」を採用。小役絵柄にも、ヒトデやフグ・マンボウなど海に関するものになっている。ダイバーズXX フレッシュアイペディアより)

  • 対戦とっかえだま

    対戦とっかえだまから見たマンボウマンボウ

    水族館から脱走し、学園長のペットとなったが捨てられ、学園内の噴水がある池に棲み着いたという経緯を持つウーパールーパー。そこで生徒たちの遅刻を見ている。年齢は3歳(『進め!対戦ぱずるだま 闘魂!まるたま町』で判明)。連鎖が進むと得意の拳法の奥義を次々と披露し、最後には激しくスピンする。なお、対戦の最中に時々彼の前を通過していくのは友達のまんぼうである。バトルに勝つとまことちゃんのグワシ!!のポーズをとる。対戦とっかえだま フレッシュアイペディアより)

  • 元猿海岸

    元猿海岸から見たマンボウマンボウ

    隣接する大分県マリンカルチャーセンターは、毎年1月から6月頃にかけて、定置網にかかったマンボウが一時的に飼育され、一般公開されることで知られている。元猿海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川シーワールド

    鴨川シーワールドから見たマンボウマンボウ

    河川の上流から海に辿り着くまでの「水の一生」をテーマに、川魚や鴨川沿岸の魚などを展示。国内飼育期間更新中のマンボウ展示水槽も併設。鴨川シーワールド フレッシュアイペディアより)

  • おさかなペンギン

    おさかなペンギンから見たマンボウマンボウ

    おさかなペンギンとは、声優の井上喜久子と岩男潤子による音楽ユニット。ユニット名の由来は、前世はおさかな(マンボウ)と信じている井上喜久子と緊張すると手がペンギンのようになる岩男潤子のユニットということから。おさかなペンギン フレッシュアイペディアより)

  • コングルGood

    コングルGoodから見たマンボウマンボウ

    激うまんぼう株式会社の社長。頭がマンボウなのが特徴。コングルGoodの存在を疎み、店を乗っ取ろうと何かにつけて絡んでくる、所謂悪役。息子にロボット製作のエキスパートである万方小太郎がいる。本心では料理の天才であるカカオを欲しており、物語終盤で超一流の料理人というもう一つの顔と共に、その本心を表に出し、カカオに勝負を挑んだ。コングルGood フレッシュアイペディアより)

  • 館山湾

    館山湾から見たマンボウマンボウ

    比較的高い海水温の影響により、沖の島付近には小規模ながら造礁サンゴが分布している。ジンベイザメやマンボウ、マンタ、ウミガメなど大型の海洋生物が確認される事もあり、かつては少なくともセミクジラやコククジラなどの沿岸性のヒゲクジラ類やマッコウクジラやツチクジラ(浮島 (千葉県)を参照)が子育てや休息に訪れて、ニホンアシカやウバザメなども見られた(2011年2月には定置網で一匹のウバザメが捕獲された)。また、ミナミハンドウイルカの群れが一時期定着した。非常に貴重な動物も現れる可能性があり、2000年には波左間沿岸でセミクジラが、2001年には、国内で二例目となるキタゾウアザラシが観察された。館山湾 フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示

「マンボウ」のニューストピックワード