70件中 41 - 50件表示
  • ママンボウ

    ママンボウから見たマンボウマンボウ

    ピンク色でハートの形をしたマンボウのような外見で、丸く大きな背びれと腹びれを持つ。大海原を漂って暮らし、傷ついたポケモンを見つけると抱きかかえて岸まで運ぶという。ママンボウ フレッシュアイペディアより)

  • あいさつの魔法。

    あいさつの魔法。から見たマンボウマンボウ

    マンボウ。実際のマンボウの形を模した頭部から胴体と手脚が生え、口から泡を出している。足は足ひれの形状。魚屋の息子であり、店の手伝いをしている。客に褒められるのを好む。色は青色。あいさつの魔法。 フレッシュアイペディアより)

  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌

    おれと一乃のゲーム同好会活動日誌から見たマンボウマンボウ

    赤いマンボウ、通称サカナ四号として顕現(同好会のメンバーで海に出かけた際、一乃が「浮き輪代わりに」呼び出した)。「マンボーウー」などと鳴く。水が無いところにも顕現できるが、呼吸困難になってしまうのがお約束。おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 フレッシュアイペディアより)

  • マウスブルーダー

    マウスブルーダーから見たマンボウマンボウ

    一般に魚類や両生類では、小さく無防備な卵、仔稚魚の時期に他の動物に捕食されやすいため、親魚にまで成長できる個体数は限られる。ある程度以上の数の子孫を残すための繁殖戦略としては、できるだけ多くの無数の卵を産み散らかす方法(例:マンボウ)や、比較的少数の卵を産んで、それを親が守ったり世話をする方法(例:トミヨ、ディスカス)等がある。マウスブルーダーは後者の最も発達した例の一つである。口の中に卵があれば、外敵に卵を食べられる恐れはなく、仔魚になってからも、周辺に危険が迫ると口の中に隠れることで、捕食される確率は大幅に下がる。ただし、卵および子供の総量は親の口腔内部の大きさで制限される。また、親はその間の採餌が困難になる。マウスブルーダー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の郷土料理

    日本の郷土料理から見たマンボウマンボウ

    この他、ウツボ料理、カツオ料理、サンマ料理、マンボウ料理など、県を越えて海岸地域に浸透した郷土料理も数多い。これらは、黒潮などの海流や海上交通網を通じた漁村間のネットワークによって食文化の伝播、浸透が生じたと考えられる。和歌山県の那智勝浦と、千葉県の勝浦において、地名のみならず食文化においても多くの共通性がみられるのはその一例である。有明海などにしか大規模に残っていない干潟に生息する魚介類の料理は、過去に岡山県の児島湾などの他の地域でもみられたのにすでに消滅してしまった例もある。日本の郷土料理 フレッシュアイペディアより)

  • 海遊館

    海遊館から見たマンボウマンボウ

    ジンベエザメ、ナンヨウマンタ(マンタ)、クロマグロ、イタチザメ、イトマキエイ、シュモクザメ、マンボウ、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)、グルクマ、ネムリブカ、マサバ、ギンガメアジなど海遊館 フレッシュアイペディアより)

  • 海賊 (ONE PIECE)

    海賊 (ONE PIECE)から見たマンボウマンボウ

    アーロン一味音楽家。マンボウの魚人。両手にマラカスを持っている。海賊 (ONE PIECE) フレッシュアイペディアより)

  • ワンダービートS

    ワンダービートSから見たマンボウマンボウ

     ホワイトペガサスが最初に建造した特殊体内出動艇。マンボウ形をしている。出動の際には上部に5本の透明パイプ(途中で1本の合流)を伝って上下するエレベーターによって乗り込み、機体に抗体保護液を吹き付け、黄→オレンジ→赤の特殊な光を使って焼き付ける、これにより体内に入った際にリンパ球や白血球などの抗体から2450秒間(約40分)のみ活動が可能となる。だが抗体保護コーティングは制限時間を過ぎてしまうと次第に効力が薄れてしまい、切れると体内の異物として消滅させられてしまうため、タイムリミット内でしか潜行出来ないのが弱点だった。発進の際には機体後部に加速用ブースターが接続され、ミクロ化を行うためのエリア「マイクロ・ループ」突入までの間、加速に必要な分の推力を得ている。第14話でマユミの大脳内に侵入したメドロモンスターの罠にはまり、航行システムを破壊され行動不能になるが、クルーはタイムリミット寸前に救助に来た2代目ワンダービート号によって救出された。そして第15話のラストで、ドクター・ミヤの「体内に異物となったワンダービート号を残すわけにはいかない」という(やむを得ない)非情な決断で、2代目ワンダービート号のレーザー・キャノンによって破砕された。ワンダービートS フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ料理

    アイヌ料理から見たマンボウマンボウ

    海に丸木舟を漕ぎ出し、離頭銛でタンヌプ(tannup イルカ)、エタシペ(etaspe トド)、トゥカラ(tukar アザラシ)、ウネウ(unew オットセイ)などの海獣やシリカプ(sirkap メカジキ)、キナポ(kinapo マンボウ)、サメ(same)などの大型魚類を捕らえ、網や釣竿でヘロキ(heroki ニシン)、サマンペ(samampe カレイ)、イワシ(iwasi)、エレクシ(erekus タラ)、チマカニ(cimakani カジカ)、コマイ(komay)、トキカラ(tokikar チカ)、ウッタプ(uttap カスベ)などの小型魚類をとった。アイヌ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 電脳冒険記ウェブダイバー

    電脳冒険記ウェブダイバーから見たマンボウマンボウ

    DIVE39に登場した不気味なマンボウ型のデリトロスモンスター6番手。ラーダが操る。電脳冒険記ウェブダイバー フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「マンボウ」のニューストピックワード

  • NPB12球団ジュニアトーナメント2016 supported by日能研

  • NPB12球団ジュニアトーナメント2016

  • サイン