77件中 51 - 60件表示
  • マンボウ

    マンボウから見たアカマンボウ

    「マンダイ」として切り身などが販売されるアカマンボウは、外観が似ているだけで別の魚である。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見た中国語

    台湾では、5月ごろ海流に乗って東海岸に現れるため、定置網で捕り、食用にすることが盛んである。台湾のほとんどの水揚げが集中する花蓮市では日本語からの借用語で曼波魚(中国語 マンボーユー、台湾語 マンボーヒー)と呼び、5月に「花蓮曼波季」という食のイベントを行い、観光客に紹介している。この時期は台北の高級店でも料理を出す例がある。肉、軟骨、皮などをセロリなどの野菜と炒めたり、フライやスープにしたり、腸を「龍腸」と称して炒め物にしたりすることが多い。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見た

    クラゲや動物プランクトンを食べるということは知られているが、胃内容物からは深海性のイカやエビなどの残骸も発見されている。これまで海中を受動的に漂っているだけと考えられることが多かったが、これらのを捕食するにはある程度の遊泳力が必要となる。、音響遠隔測定による調査で、海流に逆らって移動し得るだけの遊泳力を持つことが示されている。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見たミノ

    腸はマン腸またはクジラと同様に百尋と呼ばれる。紀北町ではコワタと呼ばれる。食感はミノに似て、他の部位より日持ちすることもあり、流通量が多い。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見た肝臓

    肉は白身で非常に柔らかく、調理法は刺身や湯引きして肝臓(キモ)と和えて、あるいはから揚げ、天ぷらなどで利用される。味はあっさりとしており、食感は鶏肉のささみに似ている。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見たウシマンボウ

    最大全長333センチメートル。体重2.3トン。現在生息している世界最大級の硬骨魚のひとつである。ただし、後述のとおり、大型の個体はウシマンボウである可能性がある。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見た脊椎動物

    メスが一度に産む卵の数は3億個に達するともいわれ、最も多く卵を産む脊椎動物とされる。卵は親に保護されることもなく海中を浮遊しながら発生するため、ほとんどが他の動物に食べられてしまい、成長できるのはごくわずかである。孵化した稚魚は全身にとげがあり、成魚とは似つかない金平糖のような姿をしている。一時的にとげが長くなりハリセンボンのようにもなるが、成長するにつれとげは短くなり、独特の姿に変わってゆく。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見た捕食

    クラゲや動物プランクトンを食べるということは知られているが、胃内容物からは深海性のイカやエビなどの残骸も発見されている。これまで海中を受動的に漂っているだけと考えられることが多かったが、これらの餌を捕食するにはある程度の遊泳力が必要となる。、音響遠隔測定による調査で、海流に逆らって移動し得るだけの遊泳力を持つことが示されている。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見た日本語

    台湾では、5月ごろ海流に乗って東海岸に現れるため、定置網で捕り、食用にすることが盛んである。台湾のほとんどの水揚げが集中する花蓮市では日本語からの借用語で曼波魚(中国語 マンボーユー、台湾語 マンボーヒー)と呼び、5月に「花蓮曼波季」という食のイベントを行い、観光客に紹介している。この時期は台北の高級店でも料理を出す例がある。肉、軟骨、皮などをセロリなどの野菜と炒めたり、フライやスープにしたり、腸を「龍腸」と称して炒め物にしたりすることが多い。マンボウ フレッシュアイペディアより)

  • マンボウ

    マンボウから見たポルトガル

    刺し網・流し網・トロール漁などによる混獲により生息数が減少している。特にアイルランドやポルトガルでは網にかかる個体の減少が著しい。マンボウ フレッシュアイペディアより)

77件中 51 - 60件表示

「マンボウ」のニューストピックワード