前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示
  • オートカラーアウォード

    オートカラーアウォードから見た日産・マーチ日産・マーチ

    パプリカオレンジ×シナモンとコミュニケーションカラー/マーチ(日産自動車)オートカラーアウォード フレッシュアイペディアより)

  • 日産・HRエンジン

    日産・HRエンジンから見た日産・マーチ日産・マーチ

    2010年3月にタイで先行発売されたK13型マーチに直列3気筒エンジンのHR12DEが搭載された。また、2011年にはアイドリングストップ機構とスーパーチャージャーを追加した直噴ガソリンエンジン・HR12DDRが追加されることがアナウンスされ、欧州向けマーチ(マイクラ)に搭載された。国内市場では2012年発売の2代目ノートに搭載された。日産・HRエンジン フレッシュアイペディアより)

  • 日産・モコ

    日産・モコから見た日産・マーチ日産・マーチ

    MRワゴンとの違いは、ボンネットとバンパーのデザインを変更し、フロントグリルを2002年当時のマーチやウイングロード、プリメーラなどと共通である日産の「ウインググリル」とし、他にも細かい意匠を変更することで、一目で日産車とわかる顔にしたことが第一に挙げられる。グリルの変更はボンネット等の変更を伴うため、モコ専用の「顔」を作らなければならなかったが、そこまでしても一目で日産車とわかることを強調することで、新生日産のイメージを顧客に向けて訴えている。日産・モコ フレッシュアイペディアより)

  • ハブ径

    ハブ径から見た日産・マーチ日産・マーチ

    日産:N14・N15型パルサー、B12・B13・B14系サニー・NXクーペ・ルキノ、Y10系ウィングロードおよびADバン、K10系初代マーチ、Be-1、パオ、フィガロ、K11型2代目マーチ、Z10型キューブハブ径 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ノート E12

    日産・ノート E12から見た日産・マーチ日産・マーチ

    先代のノートおよびティーダは他のBプラットフォーム採用車とともに追浜工場で製造されていたが、E12型へのモデルチェンジとともに製造工場は日産自動車九州に移管された。E12型ノートと同じVプラットフォームを採用しているK13型マーチやN17型ラティオの日本仕様車はタイで製造されており、E12型ノートを日本国外で製造されることも検討されたが、日本の"ものづくり"の弱体化を危惧して日本の九州工場で製造されることが決定された。九州という立地を生かし、中国やタイなど日本国外からの輸入部品を40-45%程度とし、九州地域から調達される部品と合計すると全部品の約85%に達する。なお、2016年11月に追加された「e-POWER」を含め、2016年9月に生産が追浜工場に再び移管されている。その理由として、日産自動車九州の稼働率がエクストレイルやローグの好調でフルとなっていること、そして、追浜工場の生産キャパシティに余裕があったことが挙げられる。欧州仕様車については2013年夏から英国日産自動車製造サンダーランド工場でも生産が開始される予定であるほか、北米仕様車はメキシコ日産アグアスカリエンテス工場で生産される。日産・ノート E12 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・モデュス

    ルノー・モデュスから見た日産・マーチ日産・マーチ

    相互資本関係を持ち、包括的な業務提携先である日産自動車と共同で開発したBプラットフォームをベースに設計された。日産側ではマーチをはじめとする各車種で使用されている同プラットフォームの採用は、ルノー側ではルーマニアの子会社、ダチアが開発したロガンに次いで2例目、ルノー開発車種では初であった。同プラットフォーム派生車のなかでも日産・ノートとは、部品の一部やコンセプトを共有する。モデュスは、コンパクトな外観とは対照的な高い空間設計で、MPV (Multi Purpose Vehicle) と街乗りコンパクト車の中間的に位置付けられているが、後に同様のコンセプトの車種が増加し、使い勝手のよさなど、デザイン以外の点でいかにライバルへの優位性をアピールできるかが販売上の課題となっている。アジア太平洋地域のいくつかの国での販売が予定されていたが、実現せず日本でも3代目クリオ(日本名: ルーテシア)が全幅1,700mmを超え、3ナンバー登録となったため、5ナンバーサイズのモデュスの投入を希望する一部ディーラーもあったが導入は見送られた。また2011年12月にコスト削減プランの一環として、ラグナ、エスパス、カングー、ウインドと共にイギリス市場での販売を終了している。ルノー・モデュス フレッシュアイペディアより)

  • 日産・MA10S

    日産・MA10Sから見た日産・マーチ日産・マーチ

    MA10Sは日産・マーチK10型の専用エンジン(987cc)として小型・軽量・高性能を狙って新開発されたエンジンで、日産自動車では初めてシリンダーブロックの材質にアルミニウムを採用し、当時1,000ccクラスではAT車で整備重量69kgと世界最軽量のエンジンであった。日産・MA10S フレッシュアイペディアより)

  • 沖樹莉亜

    沖樹莉亜から見た日産・マーチ日産・マーチ

    2008年5月27日から3代目“しあわせマチ子さん”として日産・マーチ コレットのTV-CMに登場している。沖樹莉亜 フレッシュアイペディアより)

  • 光岡・ビュート

    光岡・ビュートから見た日産・マーチ日産・マーチ

    ビュートは、英国車のジャガー・Mk2をデザインモチーフに、ノーズ部分とテール部分をハンドメイドで製作した改造型自動車である。初代・2代目・3代目ともにハッチバックボディの日産・マーチをベースとしている。マーチの完成車両を日産追浜工場より輸送された後、ボディの内外装を分解し、1台1台職人の手作業によりカスタマイズする方法が採られている。光岡・ビュート フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー

    ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーから見た日産・マーチ日産・マーチ

    日産・マイクラ(日本名マーチ、1993年)が日本メーカーの車としては初めての受賞をした。以後トヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ、2000年)、トヨタ・プリウス(2005年)、日産・リーフ(2011年)の4車が受賞している。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示

「マーチ」のニューストピックワード