前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示
  • ライフケアビークル

    ライフケアビークルから見た日産・マーチ日産・マーチ

    マーチ 助手席回転シートライフケアビークル フレッシュアイペディアより)

  • 日産・HRエンジン

    日産・HRエンジンから見た日産・マーチ日産・マーチ

    2010年3月にタイで販売開始されたマーチに直列3気筒エンジンのHR12DEが搭載された。また、2011年にはアイドリングストップ機構とスーパーチャージャーを追加した直噴ガソリンエンジン・HR12DDRが追加されることがアナウンスされ、2012年発売の2代目ノートに搭載された。日産・HRエンジン フレッシュアイペディアより)

  • 日産・Be-1

    日産・Be-1から見た日産・マーチ日産・マーチ

    初代日産・マーチにレトロなデザインを与えた小型車であり、「パイクカー」と呼ばれる分野の先駆けとなった。日産・Be-1 フレッシュアイペディアより)

  • タイ日産

    タイ日産から見た日産・マーチ日産・マーチ

    上記の日産の東南アジアでの自動車生産・販売・輸出入を主に行っており、その多くが東南アジアもしくはオセアニアに流通する。加えて、2010年からは日本向けのマーチ、2012年からは日本市場向けのラティオも手がけている。日本向けのマーチやラティオは、陸揚げ後追浜工場でPDIで検査を時全車で実施。日本国民の不安を避けるための措置である。タイ日産 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・モデュス

    ルノー・モデュスから見た日産・マーチ日産・マーチ

    相互資本関係を持ち、包括的な業務提携先である日産自動車と共同で開発したBプラットフォームをベースに設計された。日産側ではマーチをはじめとする各車種で使用されている同プラットフォームの採用は、ルノー側ではルーマニアの子会社、ダチアが開発したロガンに次いで2例目、ルノー開発車種では初であった。同プラットフォーム派生車のなかでも日産・ノートとは、部品の一部やコンセプトを共有する。モデュスは、コンパクトな外観とは対照的な高い空間設計で、MPV (Multi Purpose Vehicle) と街乗りコンパクト車の中間的に位置付けられているが、後に同様のコンセプトの車種が増加し、使い勝手のよさなど、デザイン以外の点でいかにライバルへの優位性をアピールできるかが販売上の課題となっている。アジア太平洋地域のいくつかの国での販売が予定されていたが、実現せず日本でも3代目クリオ(日本名: ルーテシア)が全幅1,700mmを超え、3ナンバー登録となったため、5ナンバーサイズのモデュスの投入を希望する一部ディーラーもあったが導入は見送られた。また2011年12月にコスト削減プランの一環として、ラグナ、エスパス、カングー、ウインドと共にイギリス市場での販売を終了している。ルノー・モデュス フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車追浜工場

    日産自動車追浜工場から見た日産・マーチ日産・マーチ

    2002年 - マーチとキューブ、フェアレディZ生産開始。日産自動車追浜工場 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・パルス

    ルノー・パルスから見た日産・マーチ日産・マーチ

    エクステリアはVプラットフォームを採用する4代目日産・マーチ(マイクラ)をベースに、マハラシュトラ州ムンバイにあるルノーデザインセンターで開発されたものである。ルノー・パルス フレッシュアイペディアより)

  • 沖樹莉亜

    沖樹莉亜から見た日産・マーチ日産・マーチ

    2008年5月27日から3代目“しあわせマチ子さん”として日産・マーチ コレットのTV-CMに登場している。沖樹莉亜 フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェントキーシステム

    インテリジェントキーシステムから見た日産・マーチ日産・マーチ

    初登場は2002年にフルモデルチェンジしたK12型マーチである。インテリジェントキーシステム フレッシュアイペディアより)

  • 光岡・ビュート

    光岡・ビュートから見た日産・マーチ日産・マーチ

    ビュートは、英国車のジャガー・Mk2をデザインモチーフに、ノーズ部分とテール部分をハンドメイドで製作した改造型自動車である。初代・2代目・3代目ともにハッチバックボディの日産・マーチをベースとしている。光岡・ビュート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示

「マーチ」のニューストピックワード