前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示
  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たカルロス・ゴーン

    くりくりしたヘッドランプとカエルの顔をイメージさせる特徴的なエクステリアデザインは、NTC内デザイン本部第一プロダクトデザイン部(担当:猿渡義市)によるもの。欧州向け日産車に共通するウイング型のグリルをはじめ、丸くラウンドしたルーフや、わずかに残されたリアノッチ、ショルダー部分のキャッツウォーク形状には2代目の面影を残す。競合車種と比較した場合、全長が短いことや、後ろ下がりのルーフ形状のため、後席居住性やラゲッジスペースは若干劣ることが多い。また、日本仕様車では多彩に用意された個性的な内外装色も特色であり、自動車の優れたカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード」を3度(内グランプリ2度)受賞している。ちなみに、初期型に設定されていた内装色の「シナモン(オレンジ)」は開発段階で微妙だという意見が出たものの、カルロス・ゴーン最高経営責任者の「いいじゃないか!」という一言で市販が決定した。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た無段変速機

    プラットフォーム及びエンジンは新開発され、1.0/1.3LのCG型エンジンを搭載、5速MT/4速ATに加えて、富士重工業(スバル)から供給を受けたECVTを組み合わせていた。CVTの採用は日産では初である。なお、マーチBOXにはニーズを考慮してか5MTは一切設定されず4ATかCVTを選択できた。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日本テレビ放送網

    午前11時に東京都中央区銀座にある日産自動車本社にて、K10型マーチの新車発表記者会見が行われた。この模様は日本テレビ放送網が制作した特別番組「1000CCの名前決定!」で全国にテレビ中継された。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た富士重工業

    プラットフォーム及びエンジンは新開発され、1.0/1.3LのCG型エンジンを搭載、5速MT/4速ATに加えて、富士重工業(スバル)から供給を受けたECVTを組み合わせていた。CVTの採用は日産では初である。なお、マーチBOXにはニーズを考慮してか5MTは一切設定されず4ATかCVTを選択できた。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日立製作所

    技術面ではルノーと共同開発した「アライアンス・Bプラットフォーム」が初めて採用された。日本仕様車では新開発の1.0/1.2/1.4LのCR型エンジンを搭載、5速MT/4速ATを組み合わせていた。欧州では1.6Lモデルも存在する。駆動方式はFFに加え、電動式四駆「e-4WD」も用意された。尚、e-4WDに用いられる後輪用モーターは日立製作所の業務用洗濯機のものを流用している。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たシャープ

    ブラックラジエーターグリル、ブラックアウトヘッドライトなどを採用したスポーティーグレードの「14s」を追加。シャープのプラズマクラスター技術を搭載する「プラズマクラスターイオンエアコン」をオプション設定(市販車初)。同時に他のグレードでもプライバシーガラスのオプション設定(一部を除く)、12C以下でもフロントスタビライザーの標準装着の構造変更も行われた。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た光岡自動車

    1998年に誕生したトールワゴン・初代「キューブ」は、マーチの基本コンポーネンツを流用して開発されこちらも大ヒットした。また、レトロ風のメッキグリルを持ち、リアオーバーハングを延長し独立したトランクルームを備えたセダン、前後をバンデン・プラ風に仕立てた「コぺル・ボニート」、光岡「ビュート」、エンジンチューン、機能的なエアロパーツを外装に持つトミーカイラ「m13(初代)」や、無印良品とのコラボレーションモデル「Muji Car 1000」も生まれている。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日産自動車

    マーチ (MARCH、MARCH ) は、日産自動車が製造・販売するハッチバック型のコンパクトカーである。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日本ユニシス

    1992年1月、初のフルモデルチェンジを受けて2代目に移行する。エクステリアデザインに於いてはそのほとんどを、当時の厚木NTC内デザインセンターで日本ユニシスと共同開発の真っ最中だった日産初の造形意匠用CADシステムである「STYLO(スタイロ)」を、試用段階ではあったが初めて造形の初期段階から運用して制作されたものである。ボディ形式は初代に引き続き3ドアと5ドアのハッチバック型、後期型にはワゴン型「マーチBOX」やオープンモデルの「カブリオレ」もラインナップされていた。また、台湾オリジナルモデルとして、3ボックス型のセダンや国内仕様のボレロやルンバに似たクラシカルモデル「VERITA(ベリータ)」があった。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日本カー・オブ・ザ・イヤー

    K11型の評価は日本国内外共高く、日本カー・オブ・ザ・イヤー(1992)、RJCカー・オブ・ザ・イヤー(1992)をダブル受賞、欧州でも欧州カー・オブ・ザ・イヤー(1993)を日本車としては初めて獲得する快挙を成し遂げた。これら3賞を同時受賞した日本車は2000年登場のヴィッツ(欧州名・ヤリス)まで登場しない。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示

「マーチ」のニューストピックワード