134件中 31 - 40件表示
  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たオープンカー

    1992年1月、初のフルモデルチェンジを受けて2代目に移行する。エクステリアデザインに於いてはそのほとんどを、当時の厚木NTC内デザインセンターで日本ユニシスと共同開発の真っ最中だった日産初の造形意匠用CADシステムである「STYLO(スタイロ)」を、試用段階ではあったが初めて造形の初期段階から運用して制作されたものである。ボディ形式は初代に引き続き3ドアと5ドアのハッチバック型、後期型にはワゴン型「マーチBOX」やオープンモデルの「カブリオレ」もラインナップされていた。また、台湾オリジナルモデルとして、3ボックス型のセダンや国内仕様のボレロやルンバに似たクラシカルモデル「VERITA(ベリータ)」があった。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た杉並区

    開発は、当時、東京都杉並区荻窪に在った荻窪事業所にて行われた。初代マーチはその荻窪事業所で開発された新車種として最後に開発されて発売された車種である。開発主管は旧・プリンス自動車出身の伊藤修令が務めた。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たカブリオレ

    1992年1月、初のフルモデルチェンジを受けて2代目に移行する。エクステリアデザインに於いてはそのほとんどを、当時の厚木NTC内デザインセンターで日本ユニシスと共同開発の真っ最中だった日産初の造形意匠用CADシステムである「STYLO(スタイロ)」を、試用段階ではあったが初めて造形の初期段階から運用して制作されたものである。ボディ形式は初代に引き続き3ドアと5ドアのハッチバック型、後期型にはワゴン型「マーチBOX」やオープンモデルの「カブリオレ」もラインナップされていた。また、台湾オリジナルモデルとして、3ボックス型のセダンや国内仕様のボレロやルンバに似たクラシカルモデル「VERITA(ベリータ)」があった。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たカエル

    くりくりしたヘッドランプとカエルの顔をイメージさせる特徴的なエクステリアデザインは、NTC内デザイン本部第一プロダクトデザイン部(担当:猿渡義市)によるもの。欧州向け日産車に共通するウイング型のグリルをはじめ、丸くラウンドしたルーフや、わずかに残されたリアノッチ、ショルダー部分のキャッツウォーク形状には2代目の面影を残す。競合車種と比較した場合、全長が短いことや、後ろ下がりのルーフ形状のため、後席居住性やラゲッジスペースは若干劣ることが多い。また、日本仕様車では多彩に用意された個性的な内外装色も特色であり、自動車の優れたカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード」を3度(内グランプリ2度)受賞している。ちなみに、初期型に設定されていた内装色の「シナモン(オレンジ)」は開発段階で微妙だという意見が出たものの、カルロス・ゴーン最高経営責任者の「いいじゃないか!」という一言で市販が決定した。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たオゾン

    グレード体系は装備を充実しながら100万円を切ったスタンダード仕様の「12S」、アイドリングストップ機構に加え、インテリジェントキー、カラードドアハンドル等を装備した充実仕様の「12X」、UVカット機能付プライバシーガラス(リアドア・バックドア)、オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知機能付)、タコメーター、オゾンセーフフルオートエアコン、SRSカーテンエアバッグシステム等を装備した上級仕様の「12G」の3グレードを用意し、「12X」と「12G」には4WD車も設定される(4WD車のグレード名称は「12X FOUR」と「12G FOUR」)。また、オーテックジャパン扱いのカスタムカー「ボレロ」もモデルチェンジを行い、同日に販売を開始した。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たカーボンオフセット

    特別仕様車「12E/14E FOUR Plus navi HDD SP」と「12S/14S FOUR コレット」を期間限定発売。後者は購入でカーボンオフセット活動に参加したとみなされる特典が付く。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た北京モーターショー

    北京モーターショーにて中国向け「マーチ」(中国名「瑪馳」)を披露。中国市場への導入は初めてで、エンジンは1.5L・直4のHR15DE型が搭載されている。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たバンデン・プラ

    1998年に誕生したトールワゴン・初代「キューブ」は、マーチの基本コンポーネンツを流用して開発されこちらも大ヒットした。また、レトロ風のメッキグリルを持ち、リアオーバーハングを延長し独立したトランクルームを備えたセダン、前後をバンデン・プラ風に仕立てた「コぺル・ボニート」、光岡「ビュート」、エンジンチューン、機能的なエアロパーツを外装に持つトミーカイラ「m13(初代)」や、無印良品とのコラボレーションモデル「Muji Car 1000」も生まれている。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たプジョー

    英国生産モデルに、プジョー製1.5L TUD5型ディーゼルエンジンを搭載。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たプリンス自動車

    開発は、当時、東京都杉並区荻窪に在った荻窪事業所にて行われた。初代マーチはその荻窪事業所で開発された新車種として最後に開発されて発売された車種である。開発主管は旧・プリンス自動車出身の伊藤修令が務めた。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

134件中 31 - 40件表示