134件中 71 - 80件表示
  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たルノー・パルス

    インドにてルノーがマイクラ(マーチ)をベースとする小型車「パルス」 (Pulse) を発表。フルエンス、コレオスに続くルノー・インディア三番目の車種となり、マイクラとは異なるグリルデザインが与えられている。エンジンはK9K型1.5Lディーゼルのみの設定となる(追って、マーチと同じHR12DE(ルノーにおける呼称:XH5)も用意されている)。製造はマイクラ同様チェンナイ工場にて行われる。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日産・セフィーロ

    フランスでは氷上レースを戦うために、A32型セフィーロ用VQ30DEエンジンと4WDシステムをミッドマウントしたスペシャルモデルが開発された事がある。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日産・プリメーラ

    ミドルクラスセダンの初代・P10型プリメーラと同じく、日欧両市場を主要マーケットとして、欧州車と比肩しうる性能や快適性、合理的なパッケージングを実現することを目標として開発された。「安かろう悪かろう」とスタイルを強調した「スモールキャビン」が普通であった当時の日本製コンパクトカーの中では異彩を放つ存在であり、日本におけるコンパクトカー市場の革命児とまで称された。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たルノー・フルエンス

    インドにてルノーがマイクラ(マーチ)をベースとする小型車「パルス」 (Pulse) を発表。フルエンス、コレオスに続くルノー・インディア三番目の車種となり、マイクラとは異なるグリルデザインが与えられている。エンジンはK9K型1.5Lディーゼルのみの設定となる(追って、マーチと同じHR12DE(ルノーにおける呼称:XH5)も用意されている)。製造はマイクラ同様チェンナイ工場にて行われる。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見た日産・サニー

    「マーチ」 (MARCH) は、英語で「行進曲」「行進」「3月」の意である。同社のサニーも同じように一般公募で命名された。しかし、商標登録上の問題はないとはいえ当時最大のレーシングカーメーカーだったマーチの名を車名に使うことには批判があった。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たホンダ・ロゴ

    日本市場での販売実績は、モデルサイクル全般にわたって堅調なもので、マーチに対抗できる商品力を持つ競合車が1995年のスターレットや1996年のロゴまで登場しなかったことや、バブル崩壊に伴い、コンパクトカーの経済性が見直されてきたことなどの要因から、登場から4年後の1996年度には142,000台を販売し、記録を更新しライバルが新型となってマーチよりスペックや安全性が向上しそれに加えて主力グレードが安価であったがマーチはヒットし続けた。当時の日産は莫大な有利子負債を抱え、深刻な経営状態となっていたが、その時期を支えた車種の一つである。このモデルから、日産で初めて、全店舗併売された。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たリッターカー

    2002年2月、2度目のフルモデルチェンジを受ける。生産は引き続き追浜工場で行われ、コンセプトは変わらず3ドアと5ドアのハッチバックのリッターカーであったが、日本市場では、2003年夏には1Lエンジンのグレードが消え、2005年のマイナーチェンジを機に、3ドアモデルは廃止された。欧州市場ではクーペカブリオレの「マイクラC+C」も発売されており、日本にも2007年7月に導入され1,500台が限定販売されている。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たトールワゴン

    1998年に誕生したトールワゴン・初代「キューブ」は、マーチの基本コンポーネンツを流用して開発されこちらも大ヒットした。また、レトロ風のメッキグリルを持ち、リアオーバーハングを延長し独立したトランクルームを備えたセダン、前後をバンデン・プラ風に仕立てた「コぺル・ボニート」、光岡「ビュート」、エンジンチューン、機能的なエアロパーツを外装に持つトミーカイラ「m13(初代)」や、無印良品とのコラボレーションモデル「Muji Car 1000」も生まれている。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たホンダ・フィット

    その後ヴィッツ、フィットなど、競争力の高いコンパクトカーが他社から続々と登場したこともあり、販売台数は若干落ちたものの、2001年製の最終モデルでも月間5,000台程度の安定した販売実績を残している。生産工場はK10型同様村山工場であったが、閉鎖後は追浜工場に移管された。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たパイクカー

    主な派生車種は、パイクカーの「Be-1」BK10型、MA10Sエンジン搭載・「パオ」PK10型、MA10Sエンジン搭載・「フィガロ」FK10型、MA10ETエンジン搭載や、レーシングフォーミュラーカーの「ザウルスジュニア」NSJ-91型、MA10Eエンジン搭載などが挙げられる。パイクカーの人気は高く、特にBe-1は中古車市場にリセールした方が、本体購入価格より倍近い値段がつくという事で「財テクカー」と呼ばれた。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

134件中 71 - 80件表示