159件中 11 - 20件表示
  • ヴィジュアル系

    ヴィジュアル系から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンによれば、日本のヴィジュアル系はX JAPANの功績によって、一般的に広く認知され、曲調に関してもヘヴィメタルを基軸にしながらもその実は非常に広い音楽性の幅を持っているという。本来、ひとりの人間が好む曲調はある程度の幅に収まるはずであるがX JAPANは「Silent Jealousy」のような超攻撃的・超高速の曲から「Say Anything」のような美しいバラードまで発表しており、ファンもそれを受け入れている。それはX JAPANがその外見と共にサウンドもブランドとして確立した証拠であるとしている。ヴィジュアル系 フレッシュアイペディアより)

  • 空耳アワー

    空耳アワーから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    また、2006年も無遅刻を達成したが2007年初収録でいきなり遅刻した(『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)の「テレフォンショッキング」に安斎がテレフォンゲストとして出演した際タモリが暴露)。その回は翌週の「空耳アワード2007」にも出演したマーティ・フリードマンが代役として同席し(安斎はコーナー途中から出演)、タモリがコーナーの最後の宛先紹介で司会はどちらがいいか投稿者から意見を募った。その後2008年3月14日放送の「空耳アワード2008」後編で、実際に投稿者から4通の手紙が届いていたことが明らかになった。内訳はフリードマン3通、安斎1通。空耳アワー フレッシュアイペディアより)

  • メガデス (バンド)

    メガデス (バンド)から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    1990年、4thアルバム『RUST IN PEACE』を発表。新たにギタリストのマーティ・フリードマン(Marty Friedman)とドラマーのニック・メンザ(Nick Menza)を迎えて制作された本作は、より正統なヘヴィメタルに近付き、ムステインのアグレッシヴなプレイスタイルとフリードマンのメロディアスなプレイスタイルが見事に調和し、以前のどの作品よりも洗練されたアルバムとなった。また、ムステインをはじめとするメンバーが麻薬やアルコールの問題と無縁のままレコーディングを終えたことも作品の質に影響を与えている。アルバムは全米チャート初登場23位、全英チャート8位を記録。プラチナムの認定を受け、グラミー賞にノミネートされるなど、スラッシュメタルの枠にとどまらない成功を収めた。メガデス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • マーティー・フリードマン

    マーティー・フリードマンから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    マーティー・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • 吉田敬 (作曲家)

    吉田敬 (作曲家)から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    2009年7月25日 - 「パフォー!」(NHK)- 投稿ミュージシャン改造「ヴォーカル・パワーアップ」(共演:マーティ・フリードマン、はんにゃ、つるの剛士)吉田敬 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • 中川ブロードウェイ・ストリート

    中川ブロードウェイ・ストリートから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    ギガヲタ戦士:マーティ・フリードマン中川ブロードウェイ・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • マーティフリードマン

    マーティフリードマンから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    マーティフリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーチン・フリードマン

    マーチン・フリードマンから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    マーチン・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・フリードマン

    マーティン・フリードマンから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    マーティン・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • Mashed potato

    Mashed potatoから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    listen Japanの森杜男はまず2番目に収録されている『S.O.B.』について、「ブギュブギュした低音やエコー(それこそオートチューン的な)をほど良く効かせた歌唱が楽しめる、キラキラとブリリアントに輝くテクノ・ポップ系のM-2『S.O.B.』に心が奪われた。」と評した。続けて『Mashed potato』とシングル全体を「アグレッシヴなエレクトロ・ロック調の上に自作のリリック(率直な心情を吐露している!)を乗せたM-1『Mashed potato』等を収める、まさしく「出来過ぎ」のデビュー・シングル」と評価した。元メガデスのギタリストマーティ・フリードマンは、曲を「初期の大塚愛のワイルドさをちょっと薄めた感じ」、歌詞を仕事が忙しくて家に帰ってこない父親を皮肉るような内容でインパクトがあると評している。また、J-POP歌手には珍しく英語の発音が完璧だと述べている。Mashed potato フレッシュアイペディアより)

159件中 11 - 20件表示

「マーティ・フリードマン」のニューストピックワード