159件中 21 - 30件表示
  • 50TA (アルバム)

    50TA (アルバム)から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    『ヘビーメタルステーション』はライブでメガデスのマーティ・フリードマン、ドラムは元SIAM SHADEの淳士がこの曲の演奏で参加した。50TA (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • sad to say

    sad to sayから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    『WHAT's IN?』の川崎直子は『Sad to say』を「バラード・タイプ」とし、「歌がうまいだけでなく、ちゃんと歌に感情が乗っていて、特に高音の切ない響きが耳に残る。ラジオで人気があるのも納得だ。別れた恋人への未練、やるせない想いを、カッコつけずに描いた詞には、思春期の乙女ならではの感受性やリアリティが感じられる」と評価した。元メガデスのギタリストマーティ・フリードマンはサウンド的にJUJUやSpontaniaとの共通点が多く、特に同じサビを何度も繰り返して聴く人の耳をトランス状態に引き込んでいく構成が非常によく似ているとコメントした。『Sad to say』は最初から最後まで同じコード進行を繰り返しているため、余計にトランス状態が生まれやすいはずだと評価した。『hotexpress』の平賀哲雄は、「別れた誰かへの恋慕をだらだらと歌い綴るラブソングは吐いて捨てるほどに存在するが、切なさだけでは語れない、怒りや憎しみもしっかりと共存した『sad to say』のようなラブソングは珍しい」と批評し、「一度聴いたら頭から離れない音と旋律が今作にはある。愛されない訳がない。」とコメントした。『CDジャーナル』は、「ブラック・ミュージックが基調で、メロディの上下が激しく、高音のヴォーカルと、これこそが2009年のJ-POPといったようなスタイル」と批評した。sad to say フレッシュアイペディアより)

  • サクラサク (北乃きいの曲)

    サクラサク (北乃きいの曲)から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    メガデスの元ギタリスト、マーティ・フリードマンは『サクラサク』での北乃の歌唱を「普段の女優のイメージそのままスウィートな声で歌っている」と賞賛している。楽曲については「静かなAメロから徐々に盛り上がっていく構成やシンセの音色は、僕が大好きな小室(哲哉)さんがプロデュースした、90年代のglobeの曲を思い出しました」「90年代の雰囲気を目指した曲だと思うよ。カラオケで皆が歌いやすそうだね」と評価している。サクラサク (北乃きいの曲) フレッシュアイペディアより)

  • I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜

    I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    今回もゲストが登場し、IKU・ブルーマングループ・エリック・ムーケ・マーティ・フリードマンが参加した。ゲスト出演の事前発表ではブルーマングループしか発表されていなかった。I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜 フレッシュアイペディアより)

  • ロックマンエグゼシリーズのディスコグラフィ

    ロックマンエグゼシリーズのディスコグラフィから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    作詞:Clair、作曲・編曲:マーティ・フリードマンロックマンエグゼシリーズのディスコグラフィ フレッシュアイペディアより)

  • 中ノ森文子

    中ノ森文子から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    ジャンルを問わず常に様々な音楽を聴いており、テレビ番組で共演した際マーティ・フリードマンに「幅広すぎる」と言われたほどである。歌、パフォーマンスにおいて最も尊敬しているアーティストにシンディ・ローパーを挙げている。カラオケでは演歌を歌うことも多いらしい。中ノ森文子 フレッシュアイペディアより)

  • TETRA-FANG

    TETRA-FANGから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマン - リードギターTETRA-FANG フレッシュアイペディアより)

  • マジェラン

    マジェランから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    ガードナー兄弟は、エクスプローラーズ・クラブというプロジェクトにも関わっている。ファースト・アルバム『Age Of Impact』(1998年)にはビリー・シーン、テリー・ボジオ、ジェイムズ・ラブリエ、ジョン・ペトルーシ、デレク・シェリニアン、スティーヴ・ハウ等が参加。2作目『Raising The Mammoth』(2002年)には、ジョン・マイアング、テリー・ボジオ、ジェイムズ・ラブリエ、スティーヴ・ウォルシュ、マーティ・フリードマン等が参加。豪華メンバーによる、大作指向のプログレッシブ・メタルを披露している。マジェラン フレッシュアイペディアより)

  • 03

    03から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    逃げるな feat. Marty Friedman (ex.MEGADETH)03 フレッシュアイペディアより)

  • アニメタルUSA

    アニメタルUSAから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    2011年9月5日、かつて本家アニメタルが在籍していたソニー・ミュージック・エンタテインメントより公式ウェブサイトが開設され、元LOUDNESS?イングヴェイ・マルムスティーン等のバンドで活躍したマイク・ヴェセーラ、インペリテリのクリス・インペリテリ、クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン、ホワイトスネイクなどで活躍し、3Dアニメーターでもあるルディ・サーゾ、レーサーXやジューダス・プリーストのドラマーであるスコット・トラヴィスの4人で結成したことを発表した。しかし、スコットはレコーディングに参加したものの、ジューダス・プリーストのツアーで多忙であった為に脱退し、後任はジョン・デッテが選ばれた。編曲にマーティ・フリードマンが参加している。アニメタルUSA フレッシュアイペディアより)

159件中 21 - 30件表示

「マーティ・フリードマン」のニューストピックワード