226件中 81 - 90件表示
  • 平松愛理

    平松愛理から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    「明日へ」 作詞:平松愛理、作曲:Marty Friedman、編曲:佐藤公一郎平松愛理 フレッシュアイペディアより)

  • グランドスラム・東京2016

    グランドスラム・東京2016から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    本大会はテレビ東京系列により放送された。MCを小泉孝太郎、秋元玲奈、ゲスト解説を吉田秀彦、杉本美香、解説を小野卓志、谷本歩実がそれぞれ担当した。また、ベイカー茉秋と吉田沙保里がスペシャルゲストとして招待された。さらに、マーティ・フリードマンの“威風堂々The Path to Glory”が応援ソングとなった。グランドスラム・東京2016 フレッシュアイペディアより)

  • アニメタルUSA

    アニメタルUSAから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    2011年9月5日、かつて本家アニメタルが在籍していたソニー・ミュージック・エンタテインメントより公式ウェブサイトが開設され、元LOUDNESS?イングヴェイ・マルムスティーン等のバンドで活躍したマイク・ヴェセーラ、インペリテリのクリス・インペリテリ、クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン、ホワイトスネイクなどで活躍し、3Dアニメーターでもあるルディ・サーゾ、レーサーXやジューダス・プリーストのドラマーであるスコット・トラヴィスの4人で結成したことを発表した。しかし、スコットはレコーディングに参加したものの、ジューダス・プリーストのツアーで多忙であった為に脱退し、後任はジョン・デッテが選ばれた。編曲にマーティ・フリードマンが参加している。アニメタルUSA フレッシュアイペディアより)

  • ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会

    ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会から見たマーティー・フリードマンマーティ・フリードマン

    初披露曲。100名のコーラス隊と共に、マーティー・フリードマンがゲストとして登場しギター演奏を行った。ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会 フレッシュアイペディアより)

  • Anarchy Bad Ray

    Anarchy Bad Rayから見たマーティー・フリードマンマーティ・フリードマン

    OMEGA DRIPPやカイキゲッショク、現マーティー・フリードマンバンドのChargeeeeee......はこの頃からライバル視する同期メンバーだと言う。Anarchy Bad Ray フレッシュアイペディアより)

  • ローレル (メリーランド州)

    ローレル (メリーランド州)から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマン、ギタリスト、バンドメガデスのメンバー、1970年代にローレル高校に通ったローレル (メリーランド州) フレッシュアイペディアより)

  • シュラプネル・レコーズ

    シュラプネル・レコーズから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    ヴァーニーは他にも様々な技巧派ギタリストを見出していった。代表的な例では、トニー・マカパイン、ヴィニー・ムーア、マーティ・フリードマン、ジェイソン・ベッカー、リッチー・コッツェン、ポール・ギルバートなど、今日のヘヴィメタルシーンに影響を与えたプレイヤーを発掘している。シュラプネル・レコーズ フレッシュアイペディアより)

  • ネオクラシカルメタル

    ネオクラシカルメタルから見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    イングヴェイ・マルムスティーンに目をつけたシュラプネル・レコーズの社長、マイク・ヴァーニーがこのシーンの開拓を画策。以後、ジェイソン・ベッカーやトニー・マカパイン、マーティ・フリードマンやヴィニー・ムーア、それにポール・ギルバートなどが現れた1980年代中期、ネオクラシカルシーンは過熱を迎えた。ネオクラシカルメタル フレッシュアイペディアより)

  • ℃maj9

    ℃maj9から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    中島早貴メイン。ギターにマーティ・フリードマン、コーラスにM!hoが参加。℃maj9 フレッシュアイペディアより)

  • 放課後ティータイム (アルバム)

    放課後ティータイム (アルバム)から見たマーティ・フリードマンマーティ・フリードマン

    アメリカのロックバンド、メガデスの元メンバーで、日本在住のギタリスト、マーティ・フリードマンは『日経エンタテインメント!』2009年10月号のコラム『マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り』で『けいおん!』および本CDのことに触れ、「アメリカでも30年前に『アーチーでなくちゃ!』という番組から生まれたアーチーズ(:en:The Archies)というバンドが流行った。アニメの中に存在するアーチーズは神秘的な存在で応援したくなったのだと思う。今の日本で『けいおん!』にハマっている人たちも同じ気持ちでは」と分析、楽曲に関しても1曲目の「カレーのちライス」について「声優さんのボーカルとオルガンのパートを抜いたら普通にかっこいいハードロック風のポップパンクだが、ボーカルは8歳の女の子が歌っていると思うくらいのベビーボイスで、さらに歌詞の内容がカレーライスについて歌っていることが衝撃的だった。食べ物のことについて歌う歌詞は洋楽のロックではあり得ず、世界一の食文化を誇る日本ならでは」と評価している。放課後ティータイム (アルバム) フレッシュアイペディアより)

226件中 81 - 90件表示

「マーティ・フリードマン」のニューストピックワード