212件中 51 - 60件表示
  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見た2009年

    2009年 5月3日、テレビ朝日『題名のない音楽会』のゲストとして、井上道義指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢との競演で、バッハ作曲『ブランデンブルク協奏曲』第3番の第3楽章を演奏した。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見た大鶴義丹

    前橋ヴィジュアル系 (2011年3月公開、ケイダッシュステージ、監督:大鶴義丹マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見た北出菜奈

    北出菜奈(アルバム『Berry Berry SINGLES』のボーナストラックに参加)マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見た植田佳奈

    2006年には少女向け小説誌の「コバルト」8月号と同時に書店で無料配布されたフリーペーパー及び小冊子「リリアンかわら版」の中の「マリア様大好き!」のコーナーに登場し、『マリア様がみてる』のファンであることを熱く語り、それを読んだアニメ版の主人公である祐巳役の声優・植田佳奈を始めとする関係者を驚かせた。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見たジャクソン (楽器メーカー)

    カコフォニー時代はカーヴィン、ハリケーンのギターを使用しており、メガデス加入後は主にジャクソンのケリー(オリジナル仕様)を使用。メガデス脱退後はジャクソンのレスポール・シェイプを使っており、後にアイバニーズとエンドースメント契約を締結し、マーティー・フリードマンモデルを使用したが、これは短期間の使用に終わっている。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見た北海道テレビ放送

    我思う、故に我ラーメン(HTBの深夜番組。2011年4月、第1回および2回のみゲスト出演)マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見たLUNA SEA

    その後、東京都新宿区に完全移住した。2005年にはX JAPANのPATAやLUNA SEAの真矢と共に、相川七瀬のコンサートツアーに参加した。5月から放送開始となった番組『ヘビメタさん』にもレギュラー出演している。また鈴木亜美のギタリストとして念願の『NHK紅白歌合戦』出場の夢も実現した。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見たスティーブ・ルカサー

    ビートルズが嫌いである。理由としてドラッグとヒッピーといった退廃的な文化をアメリカに広めたため、とのことである。しかし、ビートルズやニールヤングの影響が大きい奥田民生のサウンドやビートルズの作曲能力の高さは認めている。なお、2016年11月2日にオーチャードホールで開催された元ビートルズのリンゴ・スターのコンサートの最後の2曲(With A Little Help From My Friends/Give Peace A Chance)にゲスト参加し、スティーブ・ルカサーとリンゴ・スターの間でギターを弾いた。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見た大村孝佳

    大村孝佳(フリードマンのツアーメンバーの一人)マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・フリードマン

    マーティ・フリードマンから見たビートルズ

    ビートルズが嫌いである。理由としてドラッグとヒッピーといった退廃的な文化をアメリカに広めたため、とのことである。しかし、ビートルズやニールヤングの影響が大きい奥田民生のサウンドやビートルズの作曲能力の高さは認めている。なお、2016年11月2日にオーチャードホールで開催された元ビートルズのリンゴ・スターのコンサートの最後の2曲(With A Little Help From My Friends/Give Peace A Chance)にゲスト参加し、スティーブ・ルカサーとリンゴ・スターの間でギターを弾いた。マーティ・フリードマン フレッシュアイペディアより)

212件中 51 - 60件表示

「マーティ・フリードマン」のニューストピックワード

  • 核拡散防止条約(NPT)6条に基づき、誠実に交渉に臨む義務がある

  • アジア太平洋全体にとって憂慮すべきことだ

  • 金があればいくらでも輸入