1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 御木本幸吉

    御木本幸吉から見たミキモトミキモト

    御木本 幸吉(みきもと こうきち、安政5年1月25日(1858年3月10日) - 1954年(昭和29年)9月21日)は真珠の養殖とそのブランド化などで富を成した人物である。御木本真珠店(現・ミキモト)創業者。真珠王と呼ばれる。御木本幸吉 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーダイヤ

    ブルーダイヤから見たミキモトミキモト

    1998年6月 - コンパクトとなった時点で再び採用し、ペンダントがミキモト製に。ブルーダイヤ フレッシュアイペディアより)

  • アコヤガイ

    アコヤガイから見たミキモトミキモト

    2012年2月8日、沖縄科学技術大学院大学、ミキモト、東京大学などの研究チームがアコヤガイのゲノム全解読に成功したと発表した。アコヤガイのDNAは約11億塩基対でヒトの約3分の1あり、特定された遺伝子は約2万3300個。今回のゲノム全解読は、軟体動物としては初めての例となる。アコヤガイ フレッシュアイペディアより)

  • 豊田佐吉

    豊田佐吉から見たミキモトミキモト

    佐吉が最初につくった“かせ繰り機”は、機械といっても、要は大工仕事の延長であったわけだ。私がものごころついたころ、豊田の織機は御木本の真珠、鈴木のバイオリンとともに有名になっており、佐吉は名声をはせていた。しかし、小さいころから佐吉を身近にみてきたせいか、生前、佐吉を“伯父さん”としてみたことはあっても“発明家佐吉”としてみたことはなかった」という。豊田佐吉 フレッシュアイペディアより)

  • タイガー魔法瓶

    タイガー魔法瓶から見たミキモトミキモト

    学年誌に連載された作品をまとめたもの。菊池武範以外には安藤百福(日清食品)、江崎利一(江崎グリコ)、早川徳次(シャープ)、松下幸之助(パナソニック)、佐藤安太(タカラトミー)、御木本幸吉(ミキモト)、小林一三(阪急電鉄)、本田宗一郎(ホンダ)、田宮義雄(タミヤ)、伊藤雅俊(イトーヨーカドー)、水野利八(ミズノ)が掲載。タイガー魔法瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見たミキモトミキモト

    日本最大の繁華街であり下町の一つでもある。東京屈指の高級な商店街として、日本国外においても戦前よりフジヤマ、ゲイシャ、ミキモト、赤坂などとともに知られる。「銀座」の名は一種のブランドになっており全国各地の商店街には「○○銀座」と呼ばれる所がそこかしこに見受けられる。銀座の地名の由来は江戸時代に設立された貨幣の鋳造所のことで、慶長6年(1601年)に京都の伏見に創設されたのが始まり。後1800年に東京の蛎殻町に移転して以来、元の「新両替町」の名称に代わり「銀座」として親しまれるようになり、この地名が定着した。また、銀座四丁目交差点周辺は商業地として日本一地価の高い場所としても知られる。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 大田弘子

    大田弘子から見たミキモトミキモト

    鹿児島県出身。鹿児島県立鶴丸高等学校を経て、1976年一橋大学社会学部卒業、株式会社ミキモト入社。中学では生徒会長を務め、高校では体操部、大学では体育会陸上部に所属。大学では社会心理学の南博教授のゼミに参加したが、大学の講義やゼミにはほととんど出席せず、部活動に打ち込む。大田弘子 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東豊雄

    伊東豊雄から見たミキモトミキモト

    ミキモト銀座2(東京都)伊東豊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 世界祝祭博覧会

    世界祝祭博覧会から見たミキモトミキモト

    出展者:ミキモトグループ世界祝祭博覧会 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「ミキモト」のニューストピックワード