50件中 11 - 20件表示
  • ドゥ・ザ・ライト・シング (映画)

    ドゥ・ザ・ライト・シング (映画)から見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマが妻のミシェル・オバマと初めてのデートで観に行った映画が本作である。ニューズウィーク誌は、「一生に一度は観る価値のある映画ではあるが、デートで観るような内容の映画ではない」と評している。ドゥ・ザ・ライト・シング (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の出版

    2009年の出版から見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    ファッション誌『ヴォーグ』3月号の表紙にミシェル米大統領夫人が登場すると発表。大統領夫人が同誌の表紙を飾るのは、ヒラリー・クリントン以来2人目 。2009年の出版 フレッシュアイペディアより)

  • イリノイ (原子力潜水艦)

    イリノイ (原子力潜水艦)から見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    イリノイの建造は、コネチカット州ジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社で行われた。2014年6月2日に起工し、2015年10月10日にコネチカット州グロトン市で進水式が行われ、ミシェル・オバマが命名を行っている。イリノイ (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ボー (犬)

    ボー (犬)から見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    アメリカンケネルクラブの飼育登録には「アミーゴズ・ニュー・ホープ」(友人の新たな希望)として登録され、元の飼い主は「チャーリー」(Charlie)と名付けた。その子犬の現在の名前「ボー」は、オバマ大統領の2人の娘マリアとサーシャによって命名された。その名は彼女たちのいとこの飼い猫とミシェル夫人の父のニックネームであるディドリー(Diddley)に由来し、また同時に歌手の故ボ・ディドリー(Bo Diddley)にも因んでいる。ボー (犬) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・スミス

    アレックス・スミスから見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    2011年、ロックアウト中に49ersの合同練習を主催した。7月29日、チームと1年490万ドルの契約延長を果たした。ドラフト2巡ルーキーのコリン・キャパニックと先発QBを争った結果、開幕先発QBに指名された。この年スミスは、3150ヤードを投げて17TD、5INTと堅実なプレーを見せて、13勝3敗での地区優勝に貢献した。またレギュラーシーズンの第4Qに5回逆転ドライブを達成している。ニューオーリンズ・セインツとのディビジョナルプレーオフでは残り2分あまりでの27ヤードのTDラン、残り9秒でのバーノン・デービスへの14ヤードのTDパスを決めて、36-32での勝利に貢献した。NFCチャンピオンシップゲームでニューヨーク・ジャイアンツに敗れスーパーボウル出場は後一歩のところで実現しなかった。第46回スーパーボウル直前にスーパーボウル開催地インディアナポリスで行われた「プレイ60」(ミシェル・オバマとNFLが取り組んでいる子供の肥満問題を解決しようとするプロジェクト)のイベントにコルツのドワイト・フリーニーと共に登場した。アレックス・スミス フレッシュアイペディアより)

  • リナ・ボヴリース

    リナ・ボヴリースから見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    2010年4月ELLE (雑誌) フランスに「ウーマン・オブ・ザ・ウィーク」、2010年9月ブルームバーグ (企業) アメリカ に「グローバル経済のヒロイン」、2011年1月スペインの新聞Correio da Manhãにミシェル・オバマ やカーラ・ブルーニと共に年間の“アイコン的女性”として選ばれた。リナ・ボヴリース フレッシュアイペディアより)

  • 英米関係

    英米関係から見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    サマンサ]]、ミシェル両夫人。 (2012年3月)]]英米関係 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    結成メンバー(元ジョージボーイズ所属)。2004年に山本と共に独立し、MYMYとして活動。2009年に改名して復帰。主な役は田中真紀子、長妻昭、荒井聡、中川昭一、細野豪志、山本一太、鹿野道彦、馬淵澄夫、バラク・オバマ、ミシェル・オバマなど。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • プラバル・グルン

    プラバル・グルンから見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマ - アメリカ合衆国大統領バラク・オバマの妻プラバル・グルン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たミシェル・オバマミシェル・オバマ

    試合開始前にファーストレディのミシェル・オバマとセカンドレディのジル・バイデンが、ヨギ・ベラをマウンドまでエスコート。そして始球式をイラク戦争で左肩を失い、現在はヤンキースタジアムで働くトニー・オディエルノが務めた。フィリーズのライアン・ハワードが初回にワールドシリーズ初安打を記録。3回にチェイス・アトリーのソロ本塁打でフィリーズが先制。フィリーズの先発クリフ・リーは、ヤンキース打線を5回終了時点で無失点・被安打3に抑え、7奪三振を記録。6回にチェイス・アットリーがソロ本塁打を放ち、2対0とリードを広げた。ワールドシリーズ史上、左打者による左腕からの1試合2本塁打は1928年のワールドシリーズ第4戦のベーブ・ルース以来の快挙となった。先発を務めたCC・サバシアとクリフ・リーはともにクオリティ・スタートを記録。ヤンキースは8回にサバシアに代わり、フィル・ヒューズが登板。ヒューズは2四球を与え、アウトを取ることができず降板。その後、ダマソ・マルテが打者2人を抑え、デビッド・ロバートソンが登板。しかし、ロバートソンはジェイソン・ワースに四球を与え、後続のラウル・イバニェスに2点タイムリーを放たれた。フィリーズは9回に2点を追加。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「ミシェル・オバマ」のニューストピックワード