1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
93件中 91 - 93件表示
  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たマーケティング

    法科大学院卒業後、シドリー・オースティン法律事務所で弁護士として勤務し、そこで将来の夫、バラクと初めて出会った。事務所ではマーケティングと知的財産を扱った 。その後、シカゴ市役所でシカゴ市長のアシスタントとして公共職につき、企画開発部門の副委員長として働いた。1993年、若者が非営利のグループや公的機関で社会的課題に取り組むことを支援する非営利組織「Public Allies」のシカゴ支局事務局長に就任 。彼女はそこで4年間近く勤務し、同組織において過去最高額のファンドレイジング(資金調達)記録を打ち立てた。この記録は彼女が職を去った後12年たった今日でも破られていない。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た街頭演説

    2007年、ミシェルは、夫の大統領選挙活動のために合衆国のさまざまな場所で街頭演説(stump speeches) をしていた。2007年、『シカゴ・サン・タイムズ』のジェニファー・ハンターはアイオワ州の彼女に演説について以下のとおり書いている。「ミシェルは、夫の選挙活動についての決然とした情熱を表現し、雄弁さと知性を持って、心から直截に話す、火付け役だった」。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たアメリカン・ドリーム

    ミシェル・オバマは、選挙戦当初からスピーチが上手くカリスマ性があるとの評価を得ていた。2008年8月25日の民主党全国大会では基調講演を行い、自身と家族がアメリカン・ドリームの体現者であることを表現しようと務めた。その夜は他に、エドワード・ケネディらがスピーチを行っている who some expected to steal the limelight.。ミシェルはバラクを家庭的な男だとし、また自身も他の大勢の女性と何ら変わりはないと述べた。また夫婦の素性、出自についても言及した上で、自分も夫も「人生でこれだと思ったことに対し一所懸命に取り組むこと、約束は必ず守ること、これからやると言ったことをやること、自分の知らない人、意見の合わない人に対しても尊厳と敬意をもって接すること」を信じてきた、と語った。また、以前人生で初めて国を誇りに思うと発言し批判を受けたことがあったため、愛国心についても強調した。ミシェルの2人の娘もスピーチの後壇上に上がり、頭上のスクリーンに映し出された父を迎えたミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
93件中 91 - 93件表示

「ミシェル・オバマ」のニューストピックワード