93件中 31 - 40件表示
  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たアメリカ合衆国シークレットサービス

    シークレットサービスがミシェルにつけたコードネームは "Renaissance(ルネサンス)"であるミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た知的財産

    法科大学院卒業後、シドリー・オースティン法律事務所で弁護士として勤務し、そこで将来の夫、バラクと初めて出会った。事務所ではマーケティングと知的財産を扱った 。その後、シカゴ市役所でシカゴ市長のアシスタントとして公共職につき、企画開発部門の副委員長として働いた。1993年、若者が非営利のグループや公的機関で社会的課題に取り組むことを支援する非営利組織「Public Allies」のシカゴ支局事務局長に就任 。彼女はそこで4年間近く勤務し、同組織において過去最高額のファンドレイジング(資金調達)記録を打ち立てた。この記録は彼女が職を去った後12年たった今日でも破られていない。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た2009年

    夫であるバラク・オバマの大統領就任に伴い、ミシェルはファーストレディとなった。バラクの外遊に随伴したり、学校を慰問するなど、公的行事にかかわることも多い。2009年4月1日には、イギリス女王エリザベス2世の招きにより、バッキンガム宮殿を訪れた。その際、プロトコル上触れることが許されていないにもかかわらず、エリザベス2世の背中に手を回し身体に触れたため、タイムズにより「儀礼的には誰も触れるべきでない」と指摘された。また、フランス大統領夫人カーラ・ブルーニと会談した際に、ミシェルが「ホワイトハウスは地獄」だと発言した。この発言がカーラの著書によって明るみになると、アメリカ国内からミシェルに対する強い批判が巻き起こった。他には本人役でテレビ番組『iCarly』に出演歴がある。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たアートデイズ

    デヴィッド・コルバート著、井上篤夫訳「ミシェル・オバマ 愛が生んだ奇跡」アートデイズ、2009年 ISBN 978-4-86119-125-1ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たプリンストン大学

    ミシェル・オバマ(旧姓:ロビンソン)はアメリカ合衆国シカゴのサウス・サイド地区で生まれ、同地で育った。プリンストン大学およびハーバード・ロー・スクールを卒業。学業を修了するとシカゴに戻りシドリー・オースティン法律事務所(Sidley Austin LLP)に弁護士として勤務した。その後シカゴ市長リチャード・M・デイリー(Richard M. Daley)のスタッフの一員として働き、さらにシカゴ大学病院(University of Chicago Medical Center)で地域・外務担当副院長などを歴任した。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たザ・ビュー

    選挙戦中、メディアはミシェルに「怒れる黒人女性」とのレッテルを貼って報じることがあり、またこの見方を広めるようなウェブサイトもいくつかあったことから、ミシェルは次のように発言している: バラクと私は何年も世間の目にさらされてきて、その間に面の皮も厚くなってきたんです。選挙戦に出れば、いつも批判の対象になります。私はそれを冷静に受け止め、その日の終わりにはそれが(今の立場に)つきものなんだと思えるようになったのです。 メディア関係者によると、2008年8月の民主党全国大会までに、選挙戦におけるミシェル・オバマの演説は選挙戦冒頭に比べソフトになり、聴衆に挑戦を挑むような演説ではなく、支援を請い共感を求めるようなスタイルに変わっていった。またニュース番組よりも 「ザ・ビュー」や「レディズ・ホーム・ジャーナル 」のようなインタビュー番組に出演するようになった。こうした変化はミシェルのファッションにもみられ、以前のようなデザイナー仕立ての服に替わってサンドレス を着ることが多くなった。「ザ・ビュー」への出演はミシェルのイメージをソフトにする意図もあったもので、メディアで広く報じられた。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たニューヨーク・タイムズ

    夫が国の著名な政治家になるにつれて、彼女は大衆文化の一部へとなっていった。2006年3月のEssence誌では、彼女は「世界でもっとも人々を元気づける女性25人の1人」に選出された。 2007年7月、ヴァニティ・フェア誌は彼女を世界のベストドレッサー10人の1人に選んだ。「オプラ・ウィンフリーのLegends Ball」においてアフリカ系アメリカ人女性の道を開く手助けをする'Legends'に貢献した”若者”として名誉あるゲスト出演をしている。 2007年9月、02138誌は、彼女を夫が4度ランクされたことがある第58回の「ハーバードの100人"The Harvard 100"」に選出した。このリストは前年度に最も影響力のあったハーバード卒業生をランキングするものである。 2008年7月、Vaity Fair誌で再び国際的なベストドレッサーのリストに選ばれた。 また、2008年には、ピープル誌にてベストドレッサー(女性)リストに選ばれ、"伝統的で自信に満ちた"容姿であると賞賛された。 彼女をその洗練されているがされすぎでないスタイルからジャクリーン・ケネディと比較するメディアもあり、 またニューヨーク・タイムズなどのメディアでは彼女をファッションセンスからだけでなく、品行からもバーバラ・ブッシュと比較されている(バーバラは規律正しく礼儀正しいことで知られている)。 彼女のファッションセンスは、一般的に2008年の大統領選挙においてシンディ・マケインやサラ・ペイリンのそれよりも多くの票を獲得している。 ミシェルの一連の資質はファーストレディの役割に適切であることを予見させるのである。 しばしば彼女はカルヴァン・クライン,オスカー・デ・ラ・レンタ, Isabel Toledo, ナルシソ・ロドリゲス, Donna Ricco、Maria Pintoといったデザイナーの服を着用している。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た民主党全国大会

    選挙戦中、メディアはミシェルに「怒れる黒人女性」とのレッテルを貼って報じることがあり、またこの見方を広めるようなウェブサイトもいくつかあったことから、ミシェルは次のように発言している: バラクと私は何年も世間の目にさらされてきて、その間に面の皮も厚くなってきたんです。選挙戦に出れば、いつも批判の対象になります。私はそれを冷静に受け止め、その日の終わりにはそれが(今の立場に)つきものなんだと思えるようになったのです。 メディア関係者によると、2008年8月の民主党全国大会までに、選挙戦におけるミシェル・オバマの演説は選挙戦冒頭に比べソフトになり、聴衆に挑戦を挑むような演説ではなく、支援を請い共感を求めるようなスタイルに変わっていった。またニュース番組よりも 「ザ・ビュー」や「レディズ・ホーム・ジャーナル 」のようなインタビュー番組に出演するようになった。こうした変化はミシェルのファッションにもみられ、以前のようなデザイナー仕立ての服に替わってサンドレス を着ることが多くなった。「ザ・ビュー」への出演はミシェルのイメージをソフトにする意図もあったもので、メディアで広く報じられた。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たシカゴ

    ミシェル・ラヴォーン・ロビンソン・オバマ(、1964年1月17日 - ) は、アメリカ合衆国の法律家。イリノイ州シカゴ出身。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たハーバード・ロー・スクール

    ミシェル・オバマ(旧姓:ロビンソン)はアメリカ合衆国シカゴのサウス・サイド地区で生まれ、同地で育った。プリンストン大学およびハーバード・ロー・スクールを卒業。学業を修了するとシカゴに戻りシドリー・オースティン法律事務所(Sidley Austin LLP)に弁護士として勤務した。その後シカゴ市長リチャード・M・デイリー(Richard M. Daley)のスタッフの一員として働き、さらにシカゴ大学病院(University of Chicago Medical Center)で地域・外務担当副院長などを歴任した。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示

「ミシェル・オバマ」のニューストピックワード