78件中 51 - 60件表示
  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た法務博士(専門職)

    プリンストン大学では彼女はフランス語のための教育方法論に取り組んだ。彼女はフランス語の教育方法論はもっと会話重視的なものであるべきだと感じていた。 卒業論文の題名は「プリンストンにおける教育を受けた黒人と黒人コミュニティ」("Princeton-Educated Blacks and the Black Community.")であった。1988年、彼女はハーバード法科大学院で 法務博士号 (J.D.)を獲得した。 ハーバード在学中、彼女はマイノリティに属する教授の雇用を求める政治デモに参加したことがある。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た民主党全国委員会

    The following weekend, the Obamas held a high-priced fundraiser for the Presidential campaign and for the Democratic National Committee to raise money from women.ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たアイオワ州

    2007年、ミシェルは、夫の大統領選挙活動のために合衆国のさまざまな場所でstump speechesをしていた。2007年、『シカゴ・サン・タイムズ』のジェニファー・ハンターはアイオワ州の彼女に演説について以下のとおり書いている。「ミシェルは、夫の選挙活動についての決然とした情熱を表現し、雄弁さと知性を持って、心から直截に話す、火付け役だった」。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たイリノイ州

    ミシェル・ラヴォーン・オバマ(Michelle LaVaughn Obama, 1964年1月17日 - ) は、アメリカ合衆国の法律家。イリノイ州シカゴ出身。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たオプラ・ウィンフリー・ショー

    公式な報告によれば、両人の夫婦関係には満ち干きがあった。バラクは、二人の初めてのキスはチョコレートの味がしたと回想した。しかし、家庭を巻き込むことと政治キャリアの開始の問題は、仕事と家庭の両立についてしばしば夫婦間で口論の種となった。 事実、彼は二冊目の著書『合衆国再生―大いなる希望を抱いて(原題:The Audacity of Hope: Thoughts on Reclaiming the American Dream,日本語版:棚橋志行・訳,ダイヤモンド社・刊)』において「疲れたし、ストレスを感じた。話し合う時間もほとんどもつことが出来ず、ロマンスなんてなおさらだった」と述べている。しかし、家族の義務や仕事が大変であるにも関わらず、夫婦はデートのための夜の時間をつくる努力を続けた。 2006年10月3日の『オプラ・ウィンフリー・ショー』によれば、現在仕事と家族との間の矛盾に加えて、ミシェルは「政治的スーパースターと結婚している」セレブリティの事柄も取り扱っている。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たドゥ・ザ・ライト・シング (映画)

    ミシェルとバラクが出会ったのは、2人が勤めた法律事務所に黒人がほとんどいない時期であった(彼女は「当時、事務所には2人だけしか黒人はいなかった」と述べているが、「別の部署には黒人職員はいた」という指摘もある。) 。そしてバラクが夏期学生インターン(Summer Associates)として事務所で働いた時、彼女は彼のメンターに割り当てられた。二人の関係はビジネスランチから始まり、その後のコミュニティ組織のミーティングの席でバラクは初めて彼女に対して強い印象をもった。 二人の最初のデートではスパイク・リー監督の映画『ドゥ・ザ・ライト・シング(Do the Right Thing)』を見に行った。 1992年に二人は結婚し、 長女マリア・アン(1998年誕生)とサーシャの愛称で知られるナターシャ(2001年誕生)の二女をもうける。 2008年アメリカ合衆国大統領選挙での夫の選挙活動 の間、彼女は夫に、二人の娘のために「一晩中家に帰らないのは週に一日のみ、選挙運動は一週間に二日のみで、二日目の夜には家に帰るという約束」をさせた。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たニューヨーク・タイムズ

    夫が国の著名な政治家になるにつれて、彼女は大衆文化の一部へとなっていった。2006年3月には、Essence誌で、彼女を世界でもっとも人々を元気づける女性25人の1人に選出された。 2007年7月、ヴァニティ・フェア誌は彼女を世界のベストドレッサー10人の1人に選んだ。「オプラ・ウィンフリーのLegends Ball」においてアフリカ系アメリカ人女性の道を開く手助けをする'Legends'に貢献した”若者”として名誉あるゲスト出演をしている。 2007年9月、02138誌は、彼女を夫が4度ランクされたことがある第58回の「ハーバードの100人"The Harvard 100"」に選出した。このリストは前年度に最も影響力のあったハーバード卒業生をランキングするものである。 2008年7月、Vaity Fair誌で再び国際的なベストドレッサーのリストに選ばれた。 また、2008年には、ピープル誌にてベストドレッサー(女性)リストに選ばれ、"伝統的で自信に満ちた"容姿であると賞賛された。 彼女をその洗練されているがされすぎでないスタイルからジャクリーン・ケネディと比較するメディアもあり、 またニューヨーク・タイムズなどのメディアでは彼女をファッションセンスからだけでなく、品行からもバーバラ・ブッシュと比較されている(バーバラは規律正しく礼儀正しいことで知られている)。 彼女のファッションセンスは、一般的に2008年の大統領選挙においてシンディ・マケインやサラ・ペイリンのそれよりも多くの票を獲得している。 ミシェルの一連の資質はファーストレディの役割に適切であることを予見させるのである。 しばしば彼女はカルヴァン・クライン,Oscar de la Renta, Isabel Toledo, ナルシソ・ロドリゲス, Donna Ricco、Maria Pintoといったデザイナーの服を着用している。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たワシントンD.C.

    彼女はオレゴン州立大学の男子バスケットボールチームのコーチのクレイグ・ロビンソン(Craig Robinson)の妹にあたる。バラク・オバマとは、彼がシドリー・オースティン法律事務所と共同したときに出会い、1992年に結婚した。バラク・オバマが上院議員に選出された後も、オバマ家は首都へ移動せず、シカゴのサウス・サイド地区での居住を継続していた。2009年1月19日、夫のバラクの第44代アメリカ合衆国大統領就任により、ワシントンD\.C\.のホワイトハウスに転居した。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たオートミール

    ミシェル・ロビンソンは1964年1月17日にイリノイ州シカゴにて、シカゴ市水道局職員で民主党の選挙区幹事であるフレーザー・ロビンソン3世(1991年に死去)とシュピーゲル・カタログ・ストア社の秘書のマリアン・シールズ・ロビンソン, との間に誕生した。 彼女の家系は少なくとも南北戦争以前のアメリカ南部のアフリカ系アメリカ人にまでさかのぼることができる。彼女の父方の高祖父、ジム・ロビンソンはサウスカロライナ州の黒人奴隷であり、ジム・ロビンソンの息子と結婚した女性はローザ・エレン・コーエンと言い、ユダヤ系の姓を名乗っているのでジョージタウンに入植したユダヤ系家族に仕えた奴隷女性と奴隷主の間に出来た子供の末裔である可能性が高いようである。サウスカロライナには彼女の親戚がいまもいる。 彼女はシカゴのサウス・ショア地区で育ち アメリカの伝統的な父母家庭で育てられた。 ロビンソン家ではオートミールが食され、一緒にモノポリーのようなゲームに興じたり、読書をすることが一家の楽しみであった。 彼女と兄のクレイグ(21ヶ月年長)は、2カ年飛び級をした。6年までにミシェルはブライアン・マウア小学校(後にBouchet Academyに改称)の優秀クラスに在籍していた。 その後、シカゴで最初のマグネット・ハイスクールであるホイットニー・ヤング・ハイスクールに在籍し、4年間成績優秀者として、飛び級クラスに在籍していた。全国優等生協会のメンバーであり、学生会議の会計を務めていた。 彼女はサンティナ・ジャクソンの高校時代の同級生であった。サンティナはジェシー・ジャクソンの娘であり(ジェシー・ジャクソン・ジュニア)のきょうだいである。 彼女は1981年に高校を卒業後、 プリンストン大学に入学。社会学を専攻し、アフリカ系アメリカ人研究を副専攻にした。1985年に、「優等(cum laude)」の成績で卒業し、学士(文系)の学位を得た。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見た奴隷

    ミシェル・ロビンソンは1964年1月17日にイリノイ州シカゴにて、シカゴ市水道局職員で民主党の選挙区幹事であるフレーザー・ロビンソン3世(1991年に死去)とシュピーゲル・カタログ・ストア社の秘書のマリアン・シールズ・ロビンソン, との間に誕生した。 彼女の家系は少なくとも南北戦争以前のアメリカ南部のアフリカ系アメリカ人にまでさかのぼることができる。彼女の父方の高祖父、ジム・ロビンソンはサウスカロライナ州の黒人奴隷であり、ジム・ロビンソンの息子と結婚した女性はローザ・エレン・コーエンと言い、ユダヤ系の姓を名乗っているのでジョージタウンに入植したユダヤ系家族に仕えた奴隷女性と奴隷主の間に出来た子供の末裔である可能性が高いようである。サウスカロライナには彼女の親戚がいまもいる。 彼女はシカゴのサウス・ショア地区で育ち アメリカの伝統的な父母家庭で育てられた。 ロビンソン家ではオートミールが食され、一緒にモノポリーのようなゲームに興じたり、読書をすることが一家の楽しみであった。 彼女と兄のクレイグ(21ヶ月年長)は、2カ年飛び級をした。6年までにミシェルはブライアン・マウア小学校(後にBouchet Academyに改称)の優秀クラスに在籍していた。 その後、シカゴで最初のマグネット・ハイスクールであるホイットニー・ヤング・ハイスクールに在籍し、4年間成績優秀者として、飛び級クラスに在籍していた。全国優等生協会のメンバーであり、学生会議の会計を務めていた。 彼女はサンティナ・ジャクソンの高校時代の同級生であった。サンティナはジェシー・ジャクソンの娘であり(ジェシー・ジャクソン・ジュニア)のきょうだいである。 彼女は1981年に高校を卒業後、 プリンストン大学に入学。社会学を専攻し、アフリカ系アメリカ人研究を副専攻にした。1985年に、「優等(cum laude)」の成績で卒業し、学士(文系)の学位を得た。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「ミシェル・オバマ」のニューストピックワード