前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • アラン・パッサール

    アラン・パッサールから見たミシュランガイドミシュランガイド

    1986年に『アルケストラート』跡地に『アルページュ』をOPEN。開店した年に1ツ星、翌年にはミシュランの2ツ星を獲得。1996年には、当時40席ほどの小さな店だったにも関わらず、シンプルで独創的な料理で3ツ星を獲得。アラン・パッサール フレッシュアイペディアより)

  • 韓食の世界化

    韓食の世界化から見たミシュランガイドミシュランガイド

    韓国では国内総生産に比較し、韓国の国際社会に与えるイメージを意味するブランド価値は経済的実力より低く評価されていると考えられており、国家ブランド価値を高めることで文化・商品の付加価値を高める必要性が議論されてきた。サムスンや現代自動車のイメージが、北朝鮮と同一視されがちな韓国を上回っており、「Made in Korea」という表記をすることで商品価値が低く抑えられる「コリアディスカウント」が発生するなど、国家イメージの低さが企業イメージの足を引っ張っていることが問題とされてきた。また、韓国内においても「韓国料理は安物」というイメージがあり、ソウルに17ある特1級ホテルのうち13カ所から韓国料理店が消え「国家代表クラス」の韓国料理店がほとんどなく、国内の1級以上の観光ホテルのうち韓国料理店を運営する所は22%に過ぎない、あるいはミシュランガイドとザガット・サーベイを合わせたような韓国版グルメガイド「ブルーリボンサーベイ」(:ko:???? ???)でもソウルの「2009年に注目すべき新しいレストラン」17店のうち、韓国料理店は焼き肉店1店のみであるなど、韓国料理の国内での競争力・位相の低さも問題となっていた。そこで、韓国ブランドの価値、輸出競争力を高め、「コリアディスカウント」を「コリアプレミアム」(??? ????)に転化させるために、まず韓国料理のブランド・文化的価値を高めて文化的尖兵とし、国内観光業の魅力を高めるとともに韓国料理店の海外展開を容易にし海外同胞の就業支援とする施策の必要性が認識されていった。韓食の世界化 フレッシュアイペディアより)

  • トゥール・ダルジャン

    トゥール・ダルジャンから見たミシュランガイドミシュランガイド

    1996年、それまで続いていたギド・ミシュランの3つ星を2つ星に落とすという前代未聞の大失態を演じ、フランス料理界に激震が走る。その後も凋落傾向は続き、2006年、その星は1つになってしまった。トゥール・ダルジャン フレッシュアイペディアより)

  • 小田急百貨店

    小田急百貨店から見たミシュランガイドミシュランガイド

    2月 - フランスの三ツ星レストランのトロワグロと業務提携。小田急百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • オテル・リッツ・パリ

    オテル・リッツ・パリから見たミシュランガイドミシュランガイド

    オテル・リッツ・パリは、マンサール屋根を含め4階建ての建物で、2011年現在部屋数は159、ミシュラン2つ星のレストラン、2つのバー、カジュアルなダイニング・バーを擁している。オテル・リッツ・パリ フレッシュアイペディアより)

  • 仙台・宮城デスティネーションキャンペーン

    仙台・宮城デスティネーションキャンペーンから見たミシュランガイドミシュランガイド

    民間では、いざなみ景気の上昇感に下支えされ、仙台・宮城DCが始まる2008年(平成20年)10月1日に向けて、仙台市都心部では大型店の改装や新規出店が行われ、また、仙台市郊外部では大型アウトレットモールが2つ開業するなど、仙台都市圏で主に物販系の投資が活況を呈し、競争が激化することになった。すなわち、仙台・宮城DCは、仙台市や宮城県、ひいては東北地方の商業地図の大規模な再編をも惹起した。また、本来の観光面においては、平泉・松島・最上川の世界遺産登録への動きが始まる一方、外国人観光客向けの「ミシュラン実用旅行ガイド」にて宮城県が「三ツ星」施設の総数で国内4位、星の総数で国内5位、首都や幕府が置かれた歴史のない道県の中では最高位となり、さらに東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台駅構内およびペデストリアンデッキの改修、ホテルの大量進出、外資系高級ホテルの進出決定など、観光資源の再評価や投資が行われる契機となった。仙台・宮城デスティネーションキャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 日本三景

    日本三景から見たミシュランガイドミシュランガイド

    2007年(平成19年)4月、日本を訪れる外国人観光客向けに、ミシュラン実用旅行ガイド (MICHELIN Voyager Pratique Japon) が発刊された。これは「ビジット・ジャパン・キャンペーン」の一環として、ミシュラン社や国土交通省などが連携したものである。日本三景では松島と宮島が単独の項目として記載され、各々三ツ星が3つずつ付いた。日本三景 フレッシュアイペディアより)

  • フランス料理

    フランス料理から見たギド・ミシュランミシュランガイド

    料理法の発達とともに、食器、作法なども洗練され、味の良し悪しを批評する職業としての食通も生まれ、19世紀前半に、ブリア・サヴァランが『美味礼讃』を著して美食学(ガストロノミー)と美食文学の伝統を確立した。『ミシュランガイド』、『ゴー・ミヨ』などのレストランの格付けを行うガイドブックが発行されるようになった。フランス料理 フレッシュアイペディアより)

  • 松山城 (伊予国)

    松山城 (伊予国)から見たミシュランガイドミシュランガイド

    幕末に建築された大天守ほか、日本で現存数の少ない望楼型二重櫓である野原櫓(騎馬櫓)や、当時の土木技術としては特筆される深さ44mにおよぶ本丸の井戸などが保存されている。敷地一帯は国の史跡に指定されており、建造物21棟は国の重要文化財に指定されている。ミシュランの観光版(ギード・ベール)日本編では二つ星に選定された。松山城 (伊予国) フレッシュアイペディアより)

  • ベルリッツ・クルーズガイド

    ベルリッツ・クルーズガイドから見たミシュランガイドミシュランガイド

    クルーズのガイドブックとしてはもっとも権威の高いものであり、ホテルやレストランの分野におけるミシュランの「ミシュランガイド」と同じように、この本による評価が他の旅行ガイドブックなどでもしばしば取り上げられる。一方で、ダグラス・ワードが一人で評価しているものであり、同氏の個人的な嗜好が星の数に反映されてしまっている、との声もある。ベルリッツ・クルーズガイド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良」のニューストピックワード