155件中 91 - 100件表示
  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た電撃戦

    1940年のナチス・ドイツのフランス侵攻の際、電撃戦の前線にいたドイツ軍兵士はミシュランガイドを携行して侵攻の助けにした。1944年、連合軍はノルマンディー上陸作戦の後、兵力が増強されるにつれ、兵員の移動が特にフランス都市部で滞ることを憂慮した。ドイツ軍が道路標識を破壊したり撤去していたからだ。連合軍はパリのミシュランと秘密協定を結び、ミシュランガイドの最新版(1939年版)をワシントンD.C.で印刷し、士官らに配布した。(あるいは極秘扱いで写真電送したとも。)それには多くの都市の詳細かつ最新の地図が掲載されていたからだ。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た猪口

    平均予想金額($$$など)に加えコインマーク(アメリカ版では$25ドル以下、日本版におけるコインマークは「5000円以下で楽しめる店」となっている)の金額別カテゴリもある。Small platesのカテゴリや、ワイン、酒、カクテルの興味深い品揃えを持つ店にはそれぞれブドウの房、徳利と猪口、カクテル・グラスマークが付与される。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た国際観光振興機構

    日本版 (Michelin Voyager Pratique Japon) は、「ビジット・ジャパン・キャンペーン」の一環として、ミシュラン・国土交通省・国際観光振興機構(JNTO)・国際観光サービスセンター(ITCJ)の連携で、日本を訪れる外国人観光客向けの実用旅行ガイドとして作成され、2007年4月に発行された。フランス語版のみ発行。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たパリ万国博覧会 (1900年)

    パリ万博が行われた1900年、自動車運転者向けのガイドブックとしてフランスで発行されたのが始まりである。内容は、郵便局や電話の位置まで示した市街地図のほか、都市別のガソリンスタンドやホテルの一覧、さらには自動車の整備方法などであった。これは35,000部が印刷されて無料で配布された。発行者であるミシュラン社はタイヤ会社であり、これにより自動車旅行が活発化し、タイヤの売れ行きが上がることが目論みだったといわれる。この「ガイドはタイヤのため」「ガイドはミシュランにとって、ブランド名を売り込むため、タイヤ事業を発展させるために存在する」との原則は現在も引き継がれており、実際、ミシュランの2010年第1四半期の売上高に占めるレストランガイドや旅行ガイドなどの出版物が占める割合は約1%とされる。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たドミニカ共和国

    スペイン国外:キューバ、中部・南部メキシコ、ドミニカ共和国、南西アメリカミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たブローニュ=ビヤンクール

    レストランが星を1つ獲得するとその店の売り上げは30%増え、ある国でミシュランガイドが刊行されると、その国でミシュランタイヤを買おうと思う人が3%増えるといわれるが、オンライン化の波に乗り遅れたガイド・地図事業自体は毎年1500万ユーロの赤字となっている。2010年にアクセンチュアがコンサルティングを行い、このままでは2015年には年間の赤字が1900万ユーロ、2011年から4年間の累積で8000万ユーロになるとし「廃刊」を含む3つのシナリオが提示されたとされる。ガイド・地図部門はデジタル・トラベル・アシスト部門と統合され、これに伴いパリ中心部7区にあったガイド・地図部門も、パリ郊外ブローニュ=ビヤンクールにあるデジタル・トラベル・アシスト部門のオフィスに引っ越した。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たチュニジア

    フランス国外:チュニジア、モロッコ、マラケシュ-エッサウィラ、ベトナムミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た旅館

    東京、香港/マカオに次ぐ、アジアにおける3地域目として、『ミシュランガイド京都・大阪2010』(英語版/日本語版)が2009年(平成21年)10月16日に出版された。レストランは3つ星7軒、2つ星24軒、1つ星116軒の評価を受け、また、東京版と同じく掲載レストラン147軒すべてに星が与えられた。掲載店はほとんどが日本食レストランで、京都では97%、大阪では82%と東京の7割弱に比べかなり高い割合となっている。これに加えホテル34軒、さらに日本ならではの宿として旅館22軒(うち3軒(2つ星1軒、1つ星2軒)が料理も評価され星も獲得)、合計203軒が掲載された。旅館の評価マークにも独自のものが用いられた。ミシュランガイド総責任者ジャン=リュック・ナレは、京都では伝統を受け継ぎ発展させてきた料理店が数多く選ばれ、大阪では才能あふれる新進気鋭のシェフたちの創造性と独創性に溢れる料理を評価した、と語っている。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たフィガロ (新聞)

    伝記『星に憑かれた男』の主人公であり、「キュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)」で1980年代に天才料理人ともてはやされたベルナール・ロワゾーが2003年に自殺。レストラン・ガイド「ゴー・ミヨ」誌が同年にロワゾーの3つ星レストラン「ラ・コート・ドール」を最高点の19点から17点に落としたことに加え、ミシュランガイドでも3つ星から2つ星への降格が近いとするフィガロ \(新聞\)などの記事も一因と言われている。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た香港

    1956年、初めてのフランス国外版として「北イタリア」版ガイドが創刊され、ベネルクス版、スペイン版が続いた。2004年、第6代総責任者にジャン=リュック・ナレが就任して拡大路線を推進。2005年には、初めてヨーロッパ以外を対象とした「ニューヨーク・シティ」版が登場、3つ星レストランがわずか3軒、しかも全てがフランス人シェフの店だったことで物議を醸した。その後アメリカ合衆国では、「ラスベガス」「ロサンゼルス」「サンフランシスコとベイエリア」の各版が続けざまに加わった。2007年には欧米以外では初となる東京版(2011年版からは東京・横浜・鎌倉)が、2008年には香港・マカオ版が、2009年には京都・大阪版(2011年版からは京都・大阪・神戸)が、2010年11月にはシカゴ版が刊行された。なお、この拡大路線を推進したジャン=リュック・ナレは2010年いっぱいで退任し、後任の選定は遅れていたが2011年8月にミシュランの2輪タイヤ販売部門の副社長だったニューヨーク生まれのアメリカ人、マイケル・エリス(Michael L. Ellis)が就任した。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

155件中 91 - 100件表示

「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良」のニューストピックワード