155件中 11 - 20件表示
  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た蛭川久康

    蛭川久康 『トマス・クックの肖像―社会改良と近代ツーリズムの父』 丸善 ISBN 4-62106-070-8ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たベルナール・ロワゾー

    伝記『星に憑かれた男』の主人公であり、「キュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)」で1980年代に天才料理人ともてはやされたベルナール・ロワゾーが2003年に自殺。レストラン・ガイド「ゴー・ミヨ」誌が同年にロワゾーの3つ星レストラン「ラ・コート・ドール」を最高点の19点から17点に落としたことに加え、ミシュランガイドでも3つ星から2つ星への降格が近いとするフィガロ (新聞)などの記事も一因と言われている。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た村田吉弘

    当初、京都では多くの老舗料理店が掲載を拒否していると新聞や雑誌などで報じられた。20軒(京都15軒、大阪5軒)が掲載拒否したがミシュランは掲載を強行、店舗の写真は掲載されず写真が省かれたりあまり関係のない写真が添付された例もあった。一方、週刊文春にミシュランへの掲載を拒否するとのコメントを掲載された「菊乃井」店主の村田吉弘は、「週刊文春の記事は全く本意ではなく、掲載は大歓迎であり、掲載されることによって起こるかもしれない心配面の部分だけを誇張して書かれた」と発言している。また掲載拒否と噂の流れた「京都吉兆」総料理長の徳岡邦夫は「オファーがあった時に断ったのは事実だが、それは吉兆グループの不祥事が理由であって掲載拒否ではない。次にオファーがあった時はぜひとも受けたい」と発言している。一方、「瓢亭」当主の高橋英一は「星の数の増減で店が左右されるのは心配だ」とミシュランへの掲載を断っている。ナレは、会見にて、掲載拒否を表明している店に対して「店の売り上げが伸びるのに残念なこと。評価されたくなければ違う仕事をすべきだ」と批判している。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た第一次世界大戦

    第一次世界大戦に伴い1915年から1918年まで出版が中断したものの、終戦後には旅行ガイドブックのシリーズとして『古戦場案内』も刊行された。この頃、ある修理工場を訪ねた際に傾いた作業台の足代わりとしてミシュランガイドが地面に積み重ねているのを見かけて「人間は金を払って買ったものしか大切にしない」と考えたミシュラン社のミシュラン兄弟はそれまでの無償配布を中止、1920年からは有償での販売となった。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たモズク

    日本を熱狂の渦に巻き込んだ東京版の発売だが、「平凡な店に星が与えられている」「星の大盤振る舞いは、マーケティング上の配慮に過ぎないのでは」「根本的に文化も違うのに日本料理が本当に分かるのか」「格付けをすることで料理人の間に上下関係を作ってしまうのではないか」などの批判もある。一部の料理評論家や雑誌記事を始め、東京都知事・石原慎太郎も読後に酷評した。3つ星を獲得した店がYahoo! Japanの掲示板では5点満点中平均3.09点だった例も指摘されている。フランス人調査員の中には、モズクなど和食に使用される食材に嫌悪感を示す者がおり、店側が気を遣い通常のメニューとは異なる食材で料理を提供した例もあったという。日本ではフランス人の来店客は目立つことに加え、「1.席に着いた直後に皿を裏返してしげしげと眺める 2.2名で来店し、1人がアラカルト、1人がコースで料理を注文する 3.コースの内数皿だけ省略するよう要望する 4.電子辞書で食材を調べる 5.メモを取る」といった特異な行動を取ることで調査員であることが店側に見破られることもあったという。フランス人が和食を適切に評価できるのかとの疑問に対して、総責任者ナレは調査員に日本人が加わっていることで問題はないとしている。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た杉並区

    2008年(平成20年)11月21日発売。2008年版よりも調査対象地域が5区拡大し、台東区、世田谷区、杉並区、大田区、墨田区を加え13区になった。2008年版に比べ3つ星レストランは1軒増えて9軒に、2つ星は14軒、1つ星は35軒それぞれ増加した一方、17軒が星を失った。累計では227個の星を獲得し、2008年版同様掲載レストラン173軒すべてに星が付いておりその65%は日本料理店、これにホテル30軒を含め合計203軒が掲載された。2009年版では日本の食文化を反映したマークが採用され、日本酒の品揃えが良い店や珍しい銘柄を揃えたレストランには「興味深い日本酒」マーク、座敷に上がる店には「靴を脱ぐ」というマークが記載された。また、2008年版に比べ文章の質の大幅な向上も指摘されている。一方、掲載拒否をした3軒のレストランは店の紹介写真なしに掲載された。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た食中毒

    2010年(平成22年)3月、3つ星と認定された割烹料理店でノロウイルスによる食中毒が発生した。日本ミシュランタイヤ広報部によると、評価対象店が食中毒を起こしたことがあるかどうかは把握しておらず、2011年版に該当店を掲載するかどうかについては店の対応と監督官庁の判断を見た上で決定するとしているが、基本的にガイド掲載店は翌年追跡調査されるのが慣例で、これまで三つ星を取った店が翌年の号から消えたことは休業以外にはなかったし考えられないとしている。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た牛肉

    2010年(平成22年)11月27日発売。東京都の調査対象地域に足立区、荒川区を加え計17区にするとともに、横浜と鎌倉にも調査対象を広げて『ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉』となった。発行部数は日本語版15万部、英語版3万部が予定されている。横浜の候補店約300軒、鎌倉約80軒も含め7人の日本人調査員が匿名調査を行った。3つ星は3軒増の14軒(東京14軒、横浜0軒、鎌倉0軒)で3つ星レストランが世界一多い街として東京がリードを拡大、2つ星は12軒増の54軒(東京52軒、横浜2軒、鎌倉0軒)、1つ星は54軒増の198軒(東京174軒、横浜14軒、鎌倉10軒)の計266軒となり、全店星付きとなっている。また、一人当たり5000円以下でランチやディナーを楽しめる星付きレストランを示すコインをあしらった「5000円以下マーク」も京都・大阪・神戸版に引き続いて導入され、全掲載レストランの1/3超の95軒(東京81軒、横浜7軒、鎌倉7軒)に5000円以下マークが与えられている。掲載レストランの73%は日本料理で、牛肉料理、とんかつ、おでんの店も加わった。一方、横浜中華街からは神戸南京町同様掲載店が出ず、一部で困惑が広がった。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た鎌倉市

    1956年、初めてのフランス国外版として「北イタリア」版ガイドが創刊され、ベネルクス版、スペイン版が続いた。2004年、第6代総責任者にジャン=リュック・ナレが就任して拡大路線を推進。2005年には、初めてヨーロッパ以外を対象とした「ニューヨーク・シティ」版が登場、3つ星レストランがわずか3軒、しかも全てがフランス人シェフの店だったことで物議を醸した。その後アメリカ合衆国では、「ラスベガス」「ロサンゼルス」「サンフランシスコとベイエリア」の各版が続けざまに加わった。2007年には欧米以外では初となる東京版(2011年版からは東京・横浜・鎌倉)が、2008年には香港・マカオ版が、2009年には京都・大阪版(2011年版からは京都・大阪・神戸)が、2010年11月にはシカゴ版が刊行された。なお、この拡大路線を推進したジャン=リュック・ナレは2010年いっぱいで退任し、後任の選定は遅れていたが2011年8月にミシュランの2輪タイヤ販売部門の副社長だったニューヨーク生まれのアメリカ人、マイケル・エリス(Michael L. Ellis)が就任した。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たシチリア島

    イタリア:フィレンツェとトスカーナ州、イタリアの湖、ナポリ、ローマ、ヴェネツィア、シチリア島ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

155件中 11 - 20件表示

「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良」のニューストピックワード