155件中 61 - 70件表示
  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たヴェネツィア

    イタリア:フィレンツェとトスカーナ州、イタリアの湖、ナポリ、ローマ、ヴェネツィア、シチリア島ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た大田区

    2008年(平成20年)11月21日発売。2008年版よりも調査対象地域が5区拡大し、台東区、世田谷区、杉並区、大田区、墨田区を加え13区になった。2008年版に比べ3つ星レストランは1軒増えて9軒に、2つ星は14軒、1つ星は35軒それぞれ増加した一方、17軒が星を失った。累計では227個の星を獲得し、2008年版同様掲載レストラン173軒すべてに星が付いておりその65%は日本料理店、これにホテル30軒を含め合計203軒が掲載された。2009年版では日本の食文化を反映したマークが採用され、日本酒の品揃えが良い店や珍しい銘柄を揃えたレストランには「興味深い日本酒」マーク、座敷に上がる店には「靴を脱ぐ」というマークが記載された。また、2008年版に比べ文章の質の大幅な向上も指摘されている。一方、掲載拒否をした3軒のレストランは店の紹介写真なしに掲載された。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た中央日報

    2007年(平成19年)11月20日発売。東京版は初めての欧米以外の版であり、また、和食店や寿司屋が3つ星を取得した初めての例でもある。格付けは3つ星がパリの10軒に次ぐ8軒だったのを始め、150の掲載店全てが1つ星以上を獲得、星の累計は191でパリの64軒97個の倍以上を獲得して世界最多となり、ミシュランガイド総責任者ジャン=リュック・ナレも含め世界を驚かせた。また28軒のホテルも掲載され、7軒のホテルが「豪華で最高級」と評価された。発売に際しナレは「東京は、世界一の美食の町である」とし、また中央日報のインタビューに答える中で、日本料理の料理人に数世代、数百年かけて伝えられた料理人固有の技術と伝統の継承性を、どの都市のレベルよりも高いものであるとし、特に飲食店の専門性について「パリの日本飲食店に行けば、寿司、刺し身、焼き鳥などメニューがたくさんある。このため日本でもそうだと思っていたが、私が行った飲食店はほとんど寿司店、刺し身店、焼き鳥店、うどん店など専門店に細分化されていた。非常に印象的だった。こうした特性から日本の飲食店の相当数は誰も追いつけない専門性を確保していた。 当然、高い評価につながる。」と述べた。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た割烹

    2010年(平成22年)3月、3つ星と認定された割烹料理店でノロウイルスによる食中毒が発生した。日本ミシュランタイヤ広報部によると、評価対象店が食中毒を起こしたことがあるかどうかは把握しておらず、2011年版に該当店を掲載するかどうかについては店の対応と監督官庁の判断を見た上で決定するとしているが、基本的にガイド掲載店は翌年追跡調査されるのが慣例で、これまで三つ星を取った店が翌年の号から消えたことは休業以外にはなかったし考えられないとしている。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たカクテル・グラス

    平均予想金額($$$など)に加えコインマーク(アメリカ版では$25ドル以下、日本版におけるコインマークは「5000円以下で楽しめる店」となっている)の金額別カテゴリもある。Small platesのカテゴリや、ワイン、酒、カクテルの興味深い品揃えを持つ店にはそれぞれブドウの房、徳利と猪口、カクテル・グラスマークが付与される。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たゆば

    2010年(平成22年)10月22日発売。調査対象地域に神戸地区(神戸市、芦屋市、西宮市)が加えられ、『ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011』となった。3つ星は5軒増の12軒(京都7軒、大阪3軒、神戸2軒)、2つ星は22軒増の46軒(京都レストラン22軒旅館2軒、大阪12軒、神戸10軒)、1つ星は69軒増の185軒(京都レストラン71軒旅館1軒、大阪75軒、神戸レストラン37軒旅館1軒)を含むレストラン計239軒、ホテル42軒、旅館31軒が掲載された。2010年版に掲載後食中毒を出した割烹料理店も3つ星を守った。おばんざい、鳥、ゆば料理店が新たに加わり、掲載レストランのうち、6割近くが日本料理で、そば、寿司、天ぷらなども含めると日本食は8割となった。また、掲載レストランは全店星付きだが、星付きレストランは高いというイメージを払拭するため、他国・地域版の「ビブ・グルマン」マークに相当する一人当たり5000円以下でランチやディナーを楽しめる星付きレストランを示す「5000円以下マーク」が初めて導入され、3つ星2つ星レストランも含む40軒にコインをあしらった5000円以下マークが与えられた。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たニューヨーク市

    1956年、初めてのフランス国外版として「北イタリア」版ガイドが創刊され、ベネルクス版、スペイン版が続いた。2004年、第6代総責任者にジャン=リュック・ナレが就任して拡大路線を推進。2005年には、初めてヨーロッパ以外を対象とした「ニューヨーク・シティ」版が登場、3つ星レストランがわずか3軒、しかも全てがフランス人シェフの店だったことで物議を醸した。その後アメリカ合衆国では、「ラスベガス」「ロサンゼルス」「サンフランシスコとベイエリア」の各版が続けざまに加わった。2007年には欧米以外では初となる東京版(2011年版からは東京・横浜・鎌倉)が、2008年には香港・マカオ版が、2009年には京都・大阪版(2011年版からは京都・大阪・神戸)が、2010年11月にはシカゴ版が刊行された。なお、この拡大路線を推進したジャン=リュック・ナレは2010年いっぱいで退任し、後任の選定は遅れていたが2011年8月にミシュランの2輪タイヤ販売部門の副社長だったニューヨーク生まれのアメリカ人、マイケル・エリス(Michael L. Ellis)が就任した。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た江東区

    2009年(平成21年)11月20日発売。江東区と文京区が加わり15区が対象となった。3つ星は3軒昇格1軒降格により2軒増え世界最多の11軒に、2つ星は6軒増の42軒、1つ星は42軒増の144軒となった一方、19軒が星の数を減らしたり失ったため、合計では2009年版より24軒多い197軒が星を獲得した。またそれ以前の版同様、掲載されたレストラン全店197軒に星がつき累計261個の星を獲得、世界一ミシュランの星が多い都市として2位の京都以下を大きく引き離した。2010年版では審査員7人全員が日本人となったため和食部門が充実して掲載店の67%が日本食レストランとなり、居酒屋、串揚げ、焼き鳥、精進料理店も初掲載されほとんどの和食ジャンルがカバーされた。一方、掲載拒否店は18軒となった。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たマラケシュ

    フランス国外:チュニジア、モロッコ、マラケシュ-エッサウィラ、ベトナムミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たペイ・ド・ラ・ロワール地域圏

    フランス:ブルターニュ地方、ロワールの古城、パリミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

155件中 61 - 70件表示

「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良」のニューストピックワード