155件中 71 - 80件表示
  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たベネルクス

    1956年、初めてのフランス国外版として「北イタリア」版ガイドが創刊され、ベネルクス版、スペイン版が続いた。2004年、第6代総責任者にジャン=リュック・ナレが就任して拡大路線を推進。2005年には、初めてヨーロッパ以外を対象とした「ニューヨーク・シティ」版が登場、3つ星レストランがわずか3軒、しかも全てがフランス人シェフの店だったことで物議を醸した。その後アメリカ合衆国では、「ラスベガス」「ロサンゼルス」「サンフランシスコとベイエリア」の各版が続けざまに加わった。2007年には欧米以外では初となる東京版(2011年版からは東京・横浜・鎌倉)が、2008年には香港・マカオ版が、2009年には京都・大阪版(2011年版からは京都・大阪・神戸)が、2010年11月にはシカゴ版が刊行された。なお、この拡大路線を推進したジャン=リュック・ナレは2010年いっぱいで退任し、後任の選定は遅れていたが2011年8月にミシュランの2輪タイヤ販売部門の副社長だったニューヨーク生まれのアメリカ人、マイケル・エリス(Michael L. Ellis)が就任した。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た和食

    2007年(平成19年)11月20日発売。東京版は初めての欧米以外の版であり、また、和食店や寿司屋が3つ星を取得した初めての例でもある。格付けは3つ星がパリの10軒に次ぐ8軒だったのを始め、150の掲載店全てが1つ星以上を獲得、星の累計は191でパリの64軒97個の倍以上を獲得して世界最多となり、ミシュランガイド総責任者ジャン=リュック・ナレも含め世界を驚かせた。また28軒のホテルも掲載され、7軒のホテルが「豪華で最高級」と評価された。発売に際しナレは「東京は、世界一の美食の町である」とし、また中央日報のインタビューに答える中で、日本料理の料理人に数世代、数百年かけて伝えられた料理人固有の技術と伝統の継承性を、どの都市のレベルよりも高いものであるとし、特に飲食店の専門性について「パリの日本飲食店に行けば、寿司、刺し身、焼き鳥などメニューがたくさんある。このため日本でもそうだと思っていたが、私が行った飲食店はほとんど寿司店、刺し身店、焼き鳥店、うどん店など専門店に細分化されていた。非常に印象的だった。こうした特性から日本の飲食店の相当数は誰も追いつけない専門性を確保していた。 当然、高い評価につながる。」と述べた。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たマルタ

    その他の地中海諸国:エルサレム、マルタ、イスタンブル、モロッコミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見たイオニア諸島

    ギリシャ-イオニア諸島、ギリシャの島-アテネ、アイルランド、ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た港区 (東京都)

    調査対象は品川区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、豊島区、港区、目黒区の8区。調査員はフランス人3名、日本人2名の計5名で、調査対象は約1500軒だったとも言われる。さらに最終段階では欧州から調査員10人が合流し、総勢15人で格付けを決定した。あらかじめ選び出された東京のレストラン約1000軒を覆面調査員が1年半を掛けて訪問、盛り付けの見た目、味、食材の鮮度、仕込みの度合いなどといった観点から星が評価された。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た電話

    パリ万博が行われた1900年、自動車運転者向けのガイドブックとしてフランスで発行されたのが始まりである。内容は、郵便局や電話の位置まで示した市街地図のほか、都市別のガソリンスタンドやホテルの一覧、さらには自動車の整備方法などであった。これは35,000部が印刷されて無料で配布された。発行者であるミシュラン社はタイヤ会社であり、これにより自動車旅行が活発化し、タイヤの売れ行きが上がることが目論みだったといわれる。この「ガイドはタイヤのため」「ガイドはミシュランにとって、ブランド名を売り込むため、タイヤ事業を発展させるために存在する」との原則は現在も引き継がれており、実際、ミシュランの2010年第1四半期の売上高に占めるレストランガイドや旅行ガイドなどの出版物が占める割合は約1%とされる。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た横浜中華街

    2010年(平成22年)11月27日発売。東京都の調査対象地域に足立区、荒川区を加え計17区にするとともに、横浜と鎌倉にも調査対象を広げて『ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉』となった。発行部数は日本語版15万部、英語版3万部が予定されている。横浜の候補店約300軒、鎌倉約80軒も含め7人の日本人調査員が匿名調査を行った。3つ星は3軒増の14軒(東京14軒、横浜0軒、鎌倉0軒)で3つ星レストランが世界一多い街として東京がリードを拡大、2つ星は12軒増の54軒(東京52軒、横浜2軒、鎌倉0軒)、1つ星は54軒増の198軒(東京174軒、横浜14軒、鎌倉10軒)の計266軒となり、全店星付きとなっている。また、一人当たり5000円以下でランチやディナーを楽しめる星付きレストランを示すコインをあしらった「5000円以下マーク」も京都・大阪・神戸版に引き続いて導入され、全掲載レストランの1/3超の95軒(東京81軒、横浜7軒、鎌倉7軒)に5000円以下マークが与えられている。掲載レストランの73%は日本料理で、牛肉料理、とんかつ、おでんの店も加わった。一方、横浜中華街からは神戸南京町同様掲載店が出ず、一部で困惑が広がった。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た広告

    ガイドブック内に広告は掲載されず、評価対象に対しては匿名での調査を基本とする。フランスの慣習「料理評論家が評価対象のレストランでの食事に代金を支払わない」には従わないが、身分を明かした後、写真撮影の為の料理代金は店持ちとなるという。調査員は調査地域を固定されることなく、各地を転々とする。調査員の大半はホテル学校の卒業生で、5年から10年のレストラン・ホテル業界経験者のミシュラン社員であるとされる。新人審査員は6か月の研修の後、さらに6か月先任者と同伴して調査に臨み、適性が審査される。典型的な国別ガイドの審査員は一人当たり年間130日ほどホテルに宿泊し、800ほどの自薦レストラン、ホテルを訪れ、240食ほどの食事を採り、これらを評価する。これらはすべて偽名を使って行われる。同じ審査員が同じレストランを3年以内に再訪することはない。都市別ガイドの審査員は自宅から出勤し、ホテルを評価する代わりにレストランでより多く試食を行う。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た西宮市

    2010年(平成22年)10月22日発売。調査対象地域に神戸地区(神戸市、芦屋市、西宮市)が加えられ、『ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011』となった。3つ星は5軒増の12軒(京都7軒、大阪3軒、神戸2軒)、2つ星は22軒増の46軒(京都レストラン22軒旅館2軒、大阪12軒、神戸10軒)、1つ星は69軒増の185軒(京都レストラン71軒旅館1軒、大阪75軒、神戸レストラン37軒旅館1軒)を含むレストラン計239軒、ホテル42軒、旅館31軒が掲載された。2010年版に掲載後食中毒を出した割烹料理店も3つ星を守った。おばんざい、鳥、ゆば料理店が新たに加わり、掲載レストランのうち、6割近くが日本料理で、そば、寿司、天ぷらなども含めると日本食は8割となった。また、掲載レストランは全店星付きだが、星付きレストランは高いというイメージを払拭するため、他国・地域版の「ビブ・グルマン」マークに相当する一人当たり5000円以下でランチやディナーを楽しめる星付きレストランを示す「5000円以下マーク」が初めて導入され、3つ星2つ星レストランも含む40軒にコインをあしらった5000円以下マークが与えられた。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

  • ミシュランガイド

    ミシュランガイドから見た千代田区

    調査対象は品川区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区、豊島区、港区、目黒区の8区。調査員はフランス人3名、日本人2名の計5名で、調査対象は約1500軒だったとも言われる。さらに最終段階では欧州から調査員10人が合流し、総勢15人で格付けを決定した。あらかじめ選び出された東京のレストラン約1000軒を覆面調査員が1年半を掛けて訪問、盛り付けの見た目、味、食材の鮮度、仕込みの度合いなどといった観点から星が評価された。ミシュランガイド フレッシュアイペディアより)

155件中 71 - 80件表示

「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良」のニューストピックワード