249件中 111 - 120件表示
  • 池野温美

    池野温美から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    大阪府八尾市出身。ファッションモデルだった17歳のときミス・ユニバースに応募し、書類審査を通過した。1966年(昭和41年)6月2日、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた日本大会で代表に選出された。史上最年少の代表で「うれしいより恥ずかしいわ」と語った。翌月にアメリカ合衆国のマイアミビーチで開かれた世界大会に出場したが、入賞を果たすことは出来なかった。池野温美 フレッシュアイペディアより)

  • 武富茂子

    武富茂子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    東京都府中市出身。小学校時代は水泳選手でオリンピック出場を夢見ていた。東京女子体育短期大学を卒業し、化粧品会社に勤めていた21歳のときミス・ユニバースに応募し、関東地区代表となった。1971年(昭和46年)3月27日、大阪市のABCホールで開かれた日本大会で代表に選出された。チャームポイントは「明朗さと健康美」夢は「楽しい奥さんになること」と語った。同年7月にアメリカ合衆国マイアミビーチで開かれた世界大会に出場し、『トップ12』を獲得した。武富茂子 フレッシュアイペディアより)

  • カンティンフラス

    カンティンフラスから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1978年7月24日、現在は女優の萬田久子が日本代表として出場したミス・ユニバース世界大会(開催地は母国メキシコのアカプルコ)で、デヴィ夫人らと共に審査員を務めた。カンティンフラス フレッシュアイペディアより)

  • 鈴里真帆

    鈴里真帆から見たミスユニバースミス・ユニバース

    2004年ミスユニバースでソニーミュージック所属、町本絵里の1stアルバム「WORLD BEAUTY」 M2『すみれの花の咲く頃に』M5『ひと雫』詞提供で参加。鈴里真帆 フレッシュアイペディアより)

  • 高知市立高知商業高等学校

    高知市立高知商業高等学校から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    児島明子(1959年ミス・ユニバース日本代表、ミス・ユニバース世界大会優勝者)高知市立高知商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • マルギット・ニュンケ

    マルギット・ニュンケから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1955年6月、ミス・ドイツ(Miss Germany)に選ばれ、同年の7月22日、アメリカ西海岸のロングビーチで開催されたミス・ユニバース世界大会にドイツ代表として出場し、第4位に入賞。第5位には日本代表の高橋敬緯子が入賞している。翌1956年にはミス・ヨーロッパ(Miss Europe)にも選ばれた。マルギット・ニュンケ フレッシュアイペディアより)

  • 古沢初美

    古沢初美から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    古沢は同年6月23日に大阪国際空港を発ち、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミで開かれたミス・ユニバース世界大会に出場した。高い期待を集めた古沢だったが、7月15日(日本時間16日)の本選ではセミファイナルに選出されず、入賞とはならなかった。1986年(昭和61年)3月に日本代表の任期を終えた古沢は、芸能界など華やかな世界に入ることは無かった。古沢の後を継いで1986年の日本代表となった江崎普子は岐阜市の高校生だったが、4月には梅花女子大学に進学し、古沢と大学生活を共にすることになった。古沢初美 フレッシュアイペディアより)

  • デボラ・シェルトン

    デボラ・シェルトンから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1970年のミス・バージニアUSAに出場し優勝、同年5月にフロリダ州マイアミで開かれたミスUSA1970にバージニア州代表として出場し、ミス・ピクサブル賞を受賞、ミスUSAの冠を戴いた。前年度ミス・アメリカのウェンディ・ダスコムもバージニア州代表であったが、2年連続で同じ州の代表が受賞するのは大会史上初めてのことであった 。これを受けて7月にマイアミで開かれたミス・ユニバースにも出場したが、プエルトリコ代表のマリソル・マラレに次ぐ準優勝に終わった。彼女はミス・ユニバース出場について「人生最大の試練だった」と振り返った。デボラ・シェルトン フレッシュアイペディアより)

  • バンデランテス

    バンデランテスから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    (毎年4月、ミス・ユニバースブラジル代表選考会)バンデランテス フレッシュアイペディアより)

  • イザベル・サルリ

    イザベル・サルリから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1955年(昭和30年)、同年度の「ミス・アルゼンチン」のタイトルを獲得、イルダ・イサベル・サルリの名で、同年度のミス・ユニバース(ミス・ユニバース1955)に出場する。同大会は、スウェーデン代表のヒレヴィ・ロンビンが第1位、日本代表の高橋敬緯子が第5位を獲得した年である。イザベル・サルリ フレッシュアイペディアより)

249件中 111 - 120件表示

「ミス・ユニバース」のニューストピックワード