249件中 121 - 130件表示
  • 町本絵里

    町本絵里から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    2004年(平成16年)、ミス・ユニバース・ジャパンで優勝し、エクアドルで開催された世界大会であるミス・ユニバースに日本代表として出場した。町本絵里 フレッシュアイペディアより)

  • 原綾子

    原綾子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    2012年12月開催のミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場。入賞には至らなかった。原綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 原綾子

    原綾子から見たミスユニバースミス・ユニバース

    原 綾子(はら あやこ、1988年3月24日 - )は、日本の女性ファッションモデル。170センチメートル、88-59-88。宮城県仙台市出身。ミスユニバースの2012年度日本代表。原綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐女子中学校・高等学校

    土佐女子中学校・高等学校から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    児島明子 - 第8回ミス・ユニバース世界大会優勝者・第8代ミス・ユニバース日本代表、元モデル(中学校のみ)土佐女子中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 森武知子

    森武知子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    同年7月にアメリカ・カリフォルニア州のロングビーチで行われた、第7回ミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場、セミファイナルに進出し「トップ15」に入賞するとともに、特別賞「ミス・コンジェニアリティ」を受賞している。門司市出身で、日本大会にも福岡県代表として出場した。当時は20歳で門司トンネル博覧会事務局に勤めており、ミス関門トンネルにも選ばれていた。身長164cm、体重54kg、スリーサイズ87-57-92であった。その後、大阪でモデルとして活躍した。森武知子 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷享子

    大谷享子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    大谷 享子(おおたに きょうこ、1936年 - 2006年1月17日)は、戦後最大級のフィクサーと呼ばれた株式会社日美(東京・新橋)創業者・大谷貴義の長女である。1957年(昭和32年)に『ミス・ジャパン』に選ばれ、日本代表として、同年7月にアメリカ・カリフォルニア州のロングビーチで行われた、第6回ミス・ユニバース世界大会に出場した。その大会で、当時21歳で身長168cm、体重55kg、スリーサイズ87-56-87だった大谷はセミファイナルに進出、『トップ15』に入賞した。大谷享子 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋田じゅん

    嶋田じゅんから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1970年(昭和45年)5月、大阪の万国博会場で開催された大会でミス・ユニバース日本代表となり、6月に開催された「万国博の女王選出大会」に出場した。同大会では無冠であったが、7月にアメリカのマイアミビーチで開催された第19回ミス・ユニバース世界大会ではセミファイナルからファイナルに進出、第4位を獲得したほか、『ベスト水着賞』にも選ばれている。島田はショートヘアで大会に出場したが、これは当時のミスコンテスト出場者としては世界的にも珍しいことであった。当時は21歳で、サイズは身長168cm、体重53kg、88-60-88。嶋田じゅん フレッシュアイペディアより)

  • 高橋敬緯子

    高橋敬緯子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    高橋 敬緯子(たかはし けいこ)は、1955年(昭和30年)のミス・ユニバース日本代表であり、同年7月にアメリカ合衆国カリフォルニア州のロングビーチで行われた第4回ミス・ユニバース世界大会に出場し、第4位として入賞した(優勝者である『ミス・ユニバース』から数えて5番手評価)。当時は20歳で、身長166cm、体重55kg、スリーサイズ86-64-89であった。高橋敬緯子 フレッシュアイペディアより)

  • 小島日女子

    小島日女子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    小島 日女子(こじま ひめこ)は、1952年(昭和27年)の『ミス・ジャパン』であり、同年に行われた第一回 『ミス・ユニバース』世界大会に日本代表として出場した。小島日女子 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤美恵子

    近藤美恵子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1954年(昭和29年)のミス・ユニバース日本代表を務めた。近藤美恵子 フレッシュアイペディアより)

249件中 121 - 130件表示

「ミス・ユニバース」のニューストピックワード