249件中 41 - 50件表示
  • スマイルでいこう

    スマイルでいこうから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    主人公の笑がミス・ユニバースを目指す物語。各話のサブタイトルは「〜でいこう」の形式に統一されている。スマイルでいこう フレッシュアイペディアより)

  • ラウラ・スニガ

    ラウラ・スニガから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    しかし2008年12月23日、ハリスコ州サポパンにおいてメキシコ警察に職務質問を受けたところ、不法所持のライフルや53000ドル、多くの携帯電話などが車内から見つかったことから共にいた男性7人と共に銃器の不法所持の疑いで逮捕された。彼女はボーイフレンドであるアンヘル・オーランド・ガルシア・ウルキサ(フアレスの麻薬カルテルの首領)によって誘拐されただけだと主張し、彼女はボーイフレンドの犯罪行為を何も知らなかったと主張した。ミスメキシコ事務局は彼女にかかっている疑いとの関係を完全に否定し、彼女に与えられた賞をはく奪するかどうかを検討する旨を発表した。また1991年のミス・ユニバースであり、同事務局の局長でもあるルピタ・ジョーンズはミスメキシコ事務局は真摯で公正で潔白な組織であると発言した。2008年12月25日ミスメキシコ事務局からの2度目の発表があり、彼女の賞をはく奪し、ミス・インターナショナル2009への出場権も白紙にすることを発表した。ラウラ・スニガ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティナ・サワヤ

    クリスティナ・サワヤから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    2001年、サワヤは19人の中から2001年度のミス・レバノンに選ばれたことにより、ミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・インターナショナルといった各種コンテストに参加することになった。2001年度のミス・ワールドにはレバノン代表として出場したが、入賞を逃した。2002年度のミス・ユニバースには、ミス・イスラエルのYamit Har-Noyと競わないと述べた上で参加しなかった。サワヤは東京で2002年9月30日に開催された、2002年度のミス・インターナショナルに参加、優勝。サワヤは51カ国の美女達の中からミス・インターナショナルとして選ばれた。クリスティナ・サワヤ フレッシュアイペディアより)

  • ブルック・マヘアラニ・リー

    ブルック・マヘアラニ・リーから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1997年度のミス・ハワイUSA、ミスUSA、ミス・ユニバース1997の三冠を獲得。韓国系で初のミス・ユニバースとなった。なお、規定によりミスUSAとミス・ユニバースの「2冠」となった場合はミス・ユニバースを優先し、ミスUSAは準ミス(第2位)受賞者が繰り上げ選出となるため、ブルックはミスユニバースを優先し、準ミスだったブランディ・シャーウッドがミスUSAに昇格している。ブルック・マヘアラニ・リー フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・バルガス

    アルベルト・バルガスから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    バルガスは、この分野(Pin-Up Art)での最高のアーティストの一人と広く目されている。また、1956年?1958年まで、ミス・ユニバースの審査員もつとめた。アルベルト・バルガス フレッシュアイペディアより)

  • ナショナル・オーディトリアム

    ナショナル・オーディトリアムから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    また、1993年、2007年のミス・ユニバース世界大会、ディズニー・オン・アイスの会場としても利用されている。ナショナル・オーディトリアム フレッシュアイペディアより)

  • 大竹省二

    大竹省二から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    ミス・ユニバース日本代表だった織作峰子は大竹に師事し、その後写真家として独立した。大竹省二 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア生活党

    ロシア生活党から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    2003年12月7日に行われたロシア連邦議会下院(国家会議)代議員選挙では、ロシア再生党と同盟を組み、比例代表で統一名簿を作成した。しかし、統一名簿に2002年にロシア人初のミス・ユニバースに選ばれ、4ヵ月後ミスのタイトルを剥奪されたことで(本人はタイトルは剥奪されたのではなく自分から返還したと主張)話題となったオクサナ・フェドローワOxana Fedorovaを筆頭とする何人かの著名人を載せたがわずか1.9%しか獲得できなかった。ロシア生活党 フレッシュアイペディアより)

  • クセーニャ・スヒノワ

    クセーニャ・スヒノワから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    2008年南アフリカで開催されたミス・ワールド世界大会では史上最多の109カ国・地域が参加、トップモデルで勝利し、本大会ではヨーロッパ大陸第1位となり、総合成績でも優勝を果たした。ロシア勢の国際ミスコン優勝は2002年ミス・ユニバースのオクサーナ・フョードロワ以来6年ぶりの快挙だった。クセーニャ・スヒノワ フレッシュアイペディアより)

  • スレイカ・リベラ

    スレイカ・リベラから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    スレイカはミス・ティーン・プエルトリコで第2位に入賞した経験があり、その後ミス・プエルトリコのタイトルを獲得した。2006年7月23日に米ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで開催されたミス・ユニバース世界大会で、2001年以来5年ぶり5人目のプエルトリコ人ミス・ユニバースとなった。観衆にも大人気を博した日本代表、知花くららを振り切っての受賞で、受賞当時18歳という年齢はミス・ユニバース史上最年少タイである。受賞後、ドレスの重みと会場の熱気(照明などによる)により倒れてしまい担ぎ出されるというハプニングもあった。スレイカ・リベラ フレッシュアイペディアより)

249件中 41 - 50件表示

「ミス・ユニバース」のニューストピックワード