249件中 71 - 80件表示
  • ひびき (フェリー)

    ひびき (フェリー)から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    2014年11月25日に進水、進水式の支綱切断は、2014年度ミス・ユニバース日本代表の辻恵子が行った。ひびき (フェリー) フレッシュアイペディアより)

  • ミス・ユニバース2008

    ミス・ユニバース2008から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    ミス・ユニバース2008(ベトナム語:Hoa h?u Hoàn vũ 2008)は57回目のミス・ユニバースで、世界大会は2008年7月14日にベトナムカインホア省のニャチャンで開催された。アジアでの開催は2005年のタイ・バンコク大会以来となった。前回大会より3カ国多い80の国・地域が参加した。ミス・ユニバース2008 フレッシュアイペディアより)

  • 長田梳良

    長田梳良から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    大阪府出身。血液型はO型。身長171cm。カメラマンの元でモデルに付いて学び、2014年度ミス・ユニバース大阪ファイナリストでファイナルステージに出場。長田梳良 フレッシュアイペディアより)

  • 檜山久恵

    檜山久恵から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    檜山は同年6月28日から韓国・ソウルの世宗文化会館で行われたミス・ユニバース世界大会に出場した。7月8日の本選ではセミファイナルには選出されず、入賞とはならなかったものの、6月29日の特別賞『ベスト・ナショナル・コスチューム』で第3位となった(1位はインド、2位はフランス代表)。檜山久恵 フレッシュアイペディアより)

  • エルケ・ソマー

    エルケ・ソマーから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1981年には、織作峰子(現在は写真家)が日本代表で出場したミス・ユニバース世界大会(開催地はニューヨークのミンスコフ劇場)で、ボブ・バーカーと共に司会を務めている。ちなみに、この年の審査員は元サッカー選手のペレ、歌手のフリオ・イグレシアス、俳優のリー・メジャース、オペラ歌手のアンナ・モッフォらで、ゲストにピーター・アレンが出演している。エルケ・ソマー フレッシュアイペディアより)

  • 山口遊子

    山口遊子から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    1983年(昭和58年)、ミス・ユニバース日本代表となり、アメリカ・ミズーリ州のセントルイスで行われたミス・ユニバース世界大会に出場した。大会ではセミファイナルへの進出はならなかったものの、特別賞『ベスト・ナショナル・コスチューム』第3位を受賞した(1位は韓国、2位はアメリカ領ヴァージン諸島代表)。当時のサイズは身長176cm、スリーサイズ82-61-90。山口遊子 フレッシュアイペディアより)

  • 大須賀喜久代

    大須賀喜久代から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    大須賀 喜久代(おおすか きくよ)は、愛知県名古屋市の女性。1969年(昭和44年)の「ミス・ジャパン」で、日本代表として同年7月にアメリカ・フロリダ州のマイアミビーチで行われたミス・ユニバース世界大会に出場。「トップ4(総合第5位)」を受賞した。当時は家事手伝いの18歳で身長166cm、体重50kg、スリーサイズは86-59-87cm。大須賀喜久代 フレッシュアイペディアより)

  • ミキモト

    ミキモトから見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    また、ミキモトはかつてミス・ユニバースのメインスポンサーであり、2002年大会から2007年大会まで優勝者は同社製の王冠を使用していた。ミキモト フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤真由

    遠藤真由から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    留学を終えて日本女子大学家政学部住居学科を卒業した2000年(平成12年)、遠藤はミス・ユニバース・ジャパンとなり、同年5月にキプロス共和国のニコシアで行われたミス・ユニバース世界大会にも日本代表として参加した。世界大会では無冠であったが、翌年までの1年間はミス・ユニバース・ジャパンとして様々な社会活動に従事した。遠藤真由 フレッシュアイペディアより)

  • 難波央江

    難波央江から見たミス・ユニバースミス・ユニバース

    岡山県岡山市出身。地元のノートルダム清心女子大学文学部国語国文学科に進学し、4年生で22歳のときミス・ユニバースに応募し、中国地区代表となった。1986年(昭和61年)10月6日、大阪市のABCホールで開かれた日本大会で代表に選出された。(ミス・ユニバース日本大会は毎年3月に行われてきたが、1987年から世界大会の開催時期が7月から5月に早まったため、日本大会も前年の秋に開催されることになった。このため難波の前任者であった江崎普子の日本代表在任期間は約半年であった)難波の趣味は琴、書道、茶華道、テニス。将来は国語の先生を希望しており、源氏物語に関する卒業論文を執筆していた。翌年5月、シンガポールで開かれた世界大会に出場したが、入賞は果たせなかった。難波は10月まで日本代表を務め、世界4位入賞を果たす坂口美津穂にその座を譲った。難波央江 フレッシュアイペディアより)

249件中 71 - 80件表示

「ミス・ユニバース」のニューストピックワード