前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たロレーナ・オチョア

    2006年2月20日付で女子ゴルフにも世界ランキング制度がスタートし、ミシェル・ウィーは最初のランキング表で「3位」に入った。翌週の2月27日から、ウィーの世界ランキングは2位となる。この順位は、彼女の獲得ポイントを単純に出場試合数で割り算した平均点であった。しかし、同年8月8日付から世界ランキングの算定方法が変更され、出場試合数の少ない選手でもすべて「35」で割り算する方式に変わった。全英女子オープンゴルフ終了後、新方式に基づく世界ランキングでロレーナ・オチョア(メキシコ)が2位となり、ウィーは7位に後退した。この年も11月のカシオワールドオープンに招聘を受けたが、予選2日間で17オーバーパー(+17, 161ストローク)をたたいて予選落ちした。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見た全米女子プロゴルフ選手権

    2005年には全米女子プロゴルフ選手権で主催者推薦出場を認められ、15歳にして2位入賞。7月第3週に行われた男子のアマチュア大会「全米アマチュア・パブリック・リンクス」にて準々決勝進出。この大会の優勝者にはマスターズの招待資格が与えられるため、ウィーは女子選手初の同大会出場を狙っていた。全英女子オープンにも「特別招待選手」として出場し、3位に入った。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たワールドゴルフランキング

    2006年2月20日付で女子ゴルフにも世界ランキング制度がスタートし、ミシェル・ウィーは最初のランキング表で「3位」に入った。翌週の2月27日から、ウィーの世界ランキングは2位となる。この順位は、彼女の獲得ポイントを単純に出場試合数で割り算した平均点であった。しかし、同年8月8日付から世界ランキングの算定方法が変更され、出場試合数の少ない選手でもすべて「35」で割り算する方式に変わった。全英女子オープンゴルフ終了後、新方式に基づく世界ランキングでロレーナ・オチョア(メキシコ)が2位となり、ウィーは7位に後退した。この年も11月のカシオワールドオープンに招聘を受けたが、予選2日間で17オーバーパー(+17, 161ストローク)をたたいて予選落ちした。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たマスターズ・トーナメント

    2005年には全米女子プロゴルフ選手権で主催者推薦出場を認められ、15歳にして2位入賞。7月第3週に行われた男子のアマチュア大会「全米アマチュア・パブリック・リンクス」にて準々決勝進出。この大会の優勝者にはマスターズの招待資格が与えられるため、ウィーは女子選手初の同大会出場を狙っていた。全英女子オープンにも「特別招待選手」として出場し、3位に入った。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見た日本ゴルフツアー機構

    2005年10月5日、16歳の誕生日の6日前にホノルルでプロ転向を表明した。プロ転向初戦となった「サムスン世界選手権」ではスコアの過少申告(第3ラウンド、7番ホール)で失格となる。11月に高知県の「Kochi黒潮カントリークラブ」で行われた日本ゴルフツアーの男子大会「カシオワールドオープン」でも、4オーバーパー(+4, 148ストローク)で予選を通過できなかった。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見た2009年

    2009年、LPGAツアー開幕戦のSBSオープンでは首位から3打差の2位となった。同年のロレーナ・オチョア招待で初優勝した。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見た全英女子オープン

    2005年には全米女子プロゴルフ選手権で主催者推薦出場を認められ、15歳にして2位入賞。7月第3週に行われた男子のアマチュア大会「全米アマチュア・パブリック・リンクス」にて準々決勝進出。この大会の優勝者にはマスターズの招待資格が与えられるため、ウィーは女子選手初の同大会出場を狙っていた。全英女子オープンにも「特別招待選手」として出場し、3位に入った。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たホノルル

    ミシェル・ウィー(Michelle Wie, 1989年10月11日 - )は、アメリカ合衆国・ハワイ州ホノルル出身の女子プロゴルファーである。韓国系アメリカ人で、韓国語名はウィ・ソンミ(、魏聖美)という。長身を生かした抜群の飛距離を大きな持ち味とする選手。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見た全米女子オープン

    2002年からプロ選手のトーナメントに挑戦を始める。2004年1月、故郷の大会である「ソニーオープン・イン・ハワイ」でPGAツアーの男子大会に出場する。2日間を「72・68」のスコアで回り、第2ラウンドを60台のスコアで回ったことで注目を集めたが、予選通過ラインに1打及ばなかった。同年3月のクラフト・ナビスコ選手権で4位入賞。これらの活躍を評価され、14歳のアマチュア選手でありながら、5月に第5回「ローレウス世界スポーツ賞」の「最優秀新人賞」を授与された。そして全米女子オープンでは、過去に前例のない「予選免除」での出場を認められた。しかし、2004年8月の「全米女子アマチュア選手権」では2回戦敗退に終わっている。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たカシオワールドオープンゴルフトーナメント

    2005年10月5日、16歳の誕生日の6日前にホノルルでプロ転向を表明した。プロ転向初戦となった「サムスン世界選手権」ではスコアの過少申告(第3ラウンド、7番ホール)で失格となる。11月に高知県の「Kochi黒潮カントリークラブ」で行われた日本ゴルフツアーの男子大会「カシオワールドオープン」でも、4オーバーパー(+4, 148ストローク)で予選を通過できなかった。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「ミシェル・ウィー」のニューストピックワード