1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たメキシコ

    2006年2月20日付で女子ゴルフにも世界ランキング制度がスタートし、ミシェル・ウィーは最初のランキング表で「3位」に入った。翌週の2月27日から、ウィーの世界ランキングは2位となる。この順位は、彼女の獲得ポイントを単純に出場試合数で割り算した平均点であった。しかし、同年8月8日付から世界ランキングの算定方法が変更され、出場試合数の少ない選手でもすべて「35」で割り算する方式に変わった。全英女子オープンゴルフ終了後、新方式に基づく世界ランキングでロレーナ・オチョア(メキシコ)が2位となり、ウィーは7位に後退した。この年も11月のカシオワールドオープンに招聘を受けたが、予選2日間で17オーバーパー(+17, 161ストローク)をたたいて予選落ちした。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見た全米女子プロゴルフ協会

    この結果、彼女の世界ランキングも急降下し、2008年3月24日付でついにTop100位から落ちた。2008年度のメジャー大会は、出場できたのは全米女子オープンのみで、予選落ちに終わる。7月の「ステートファーム・クラシック」では、3日目終了時点で2位に付け、ようやく復調の兆しを見せたのだが、その後、2日目の競技終了後スコアカードに署名を忘れるミスを犯したことが発覚し、失格となった。この失態の直後、8月4日付の世界ランキングで自己ワースト順位の「310位」を記録する。ようやく2008年度のLPGAツアー「クオリファイイング・トーナメント」(シード権獲得のための資格試験)に合格し、2009年度のツアーシード権を獲得した。合格者は20名で、ウィーは7位で予選会を突破した。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たソニーオープン・イン・ハワイ

    2002年からプロ選手のトーナメントに挑戦を始める。2004年1月、故郷の大会である「ソニーオープン・イン・ハワイ」でPGAツアーの男子大会に出場する。2日間を「72・68」のスコアで回り、第2ラウンドを60台のスコアで回ったことで注目を集めたが、予選通過ラインに1打及ばなかった。同年3月のクラフト・ナビスコ選手権で4位入賞。これらの活躍を評価され、14歳のアマチュア選手でありながら、5月に第5回「ローレウス世界スポーツ賞」の「最優秀新人賞」を授与された。そして全米女子オープンでは、過去に前例のない「予選免除」での出場を認められた。しかし、2004年8月の「全米女子アマチュア選手権」では2回戦敗退に終わっている。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たスタンフォード大学

    現在、名門スタンフォード大学4年生。学業との両立を聞かれ、「自分には大学へ行かないという選択肢は考えられない。」、と述べた。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たカナディアン女子オープン

    2010年にはカナディアン女子オープンで2勝目をあげた。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見た高知県

    2005年10月5日、16歳の誕生日の6日前にホノルルでプロ転向を表明した。プロ転向初戦となった「サムスン世界選手権」ではスコアの過少申告(第3ラウンド、7番ホール)で失格となる。11月に高知県の「Kochi黒潮カントリークラブ」で行われた日本ゴルフツアーの男子大会「カシオワールドオープン」でも、4オーバーパー(+4, 148ストローク)で予選を通過できなかった。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「ミシェル・ウィー」のニューストピックワード