1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示
  • ポインティング・スティック

    ポインティング・スティックから見たUMPCUltra-Mobile PC

    物理的外観は、短い棒状のボタンである。キーボード(一部機種ではパームレスト)の中央部分に設置されたこの「点」に指先で入力指示を与えることで、画面上のマウスポインタを操作する。設置面積が小さく、モバイルに特化して筐体を小型化した UMPC など、タッチパッドの搭載困難な機種にも適している。ポインティング・スティック フレッシュアイペディアより)

  • ネットブック

    ネットブックから見たUltra-Mobile PCUltra-Mobile PC

    厳密なことを言えばXPですら初期のネットブックはスペック不足だった。当時のUMPC規格では最低解像度が800×480ドットと定められており、実際に初代Eee PCなどはこの解像度を採用している。ところがこれはWindows XPの動作要件である800×600ドットを満たしておらず、そのままでは一部の操作に支障が出る。当時まだ延長サポート中だったWindows 2000であれば480ラインの解像度をサポートしていたが、すでに新規販売は終了していた。このため800×480ドット程度のネットブックでWindowsを採用する場合は、各社が独自に480ラインでXPを動かせるようにするツールを添付する必要があった。ネットブック フレッシュアイペディアより)

  • ULCPC

    ULCPCから見たUltra-Mobile PCUltra-Mobile PC

    これは先行するマイクロソフトが提唱したタブレットPCやインテルらと提唱したUltra-Mobile PCとの市場の奪い合いによる混乱を回避する意図もあったが、実際の市場であるネットブック市場では既にこのULCPCに合致しない「廉価で高性能な」製品も先行しており、後から要件の拡張によってその範疇に収まった製品も見られる。このためネットブック製品はその性能面においてULCPCに重なる部分も多いながらも、必ずしもULCPCであるとは限らない。中にはLinuxやWindows VistaなどWindows XPのULCPC 向け Home Edition以外のOSを採用していたり、明らかにそのライセンス提供を受けていない製品も含まれている。ULCPC フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示

「ミニノートパソコン」のニューストピックワード