前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
305件中 1 - 10件表示
  • ワンボックスカー

    ワンボックスカーから見たミニバンミニバン

    日本では乗員数の多い普通車が市場に受け入れられセダンに代わる乗用車のマーケットとなった事や、世界的な衝突安全性への対処のため、商用車をベースとしたキャブオーバースタイルのワンボックス乗用車から、ワンボックスカー並の座席数を確保できるミニバンへと乗用車開発の軸足を移し、購入層もそれらに新味とメリットを見出したことで、ワンボックス乗用車からミニバンへと移行していった。ワンボックスカー フレッシュアイペディアより)

  • 軽トールワゴン

    軽トールワゴンから見たミニバンミニバン

    軽トールワゴン(けいトールワゴン)とは、日本の自動車雑誌などで、軽自動車のミニバンを指す日本独自の和製英語であり、軽ハイトワゴンとも言う。軽トールワゴン フレッシュアイペディアより)

  • トールワゴン

    トールワゴンから見たミニバンミニバン

    トールワゴンとは、日本の自動車雑誌などで、3列シートを持たない「1.5ボックス」タイプのミニバンを指す日本独自の和製英語である。トールワゴン フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・ボンゴフレンディ

    マツダ・ボンゴフレンディから見たミニバンミニバン

    ボンゴ フレンディ(BONGO FRIENDEE)はマツダがかつて発売していたミニバンである。車名が長いので、通称「フレンディ」と呼ばれることが多い。マツダ・ボンゴフレンディ フレッシュアイペディアより)

  • 軽セミトールワゴン

    軽セミトールワゴンから見たミニバンミニバン

    軽セミトールワゴン(けいセミトールワゴン)とは、軽自動車のスタイルの呼称の1つである。ミニバンの一種である軽トールワゴンから細分化されたジャンルで、特徴も軽トールワゴンのそれに共通する。軽セミトールワゴン フレッシュアイペディアより)

  • イエローキャブ (タクシー)

    イエローキャブ (タクシー)から見たミニバンミニバン

    1970年代のオイルショック後にフランスのプジョー・505が輸入車として初めてイエローキャブに採用され1980年代まで使用された。日本車では、1990年代のホンダ・オデッセイ / いすゞ・オアシスが最初であり、現在はミニバンのトヨタ・シエナが前述のクラウン・ヴィクトリアに次ぐ主要車種となっている。イエローキャブ (タクシー) フレッシュアイペディアより)

  • フォード・S-MAX

    フォード・S-MAXから見たミニバンミニバン

    フォード・S-Maxはフォードの欧州部門が2006年に発売し、現在まで生産しているミニバンである。2006年のジュネーヴ・ショーで発表され、同年6月から発売された。 セダン的なスポーティな走行性能とミニバンのスペース効率を両立させようとする設計が評価され、2007年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。欧州製フォードの輸入が途絶えている日本へは正規輸入されていない。フォード・S-MAX フレッシュアイペディアより)

  • サンルーフ

    サンルーフから見たミニバンミニバン

    天窓部を、屋根の上か屋根と天井の間にスライドさせることで開放するもの。前者では、上述のポップアップ構造を併せ持つ場合も多い。現在、サンルーフとしては最も一般的なものである。外板にガラスを用いたものはムーンルーフともいわれる。ミニバンなど、2つ以上のサンルーフが装着される車種の場合は二列目に採用される事が多い。サンルーフ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ルネッサ

    日産・ルネッサから見たミニバンミニバン

    日産はステーションワゴンとして分類しているが、各種メディアからはミニバン、SUV、ハッチバック、トールワゴンに分類されることもある。日産・ルネッサ フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・アトレー7

    ダイハツ・アトレー7から見たミニバンミニバン

    アトレー7とは、ダイハツ工業が製造していたミニバンタイプの乗用車である。ダイハツ・アトレー7 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
305件中 1 - 10件表示

「ミニバン」のニューストピックワード