369件中 41 - 50件表示
  • 中古車

    中古車から見たミニバンミニバン

    現在の自家用乗用車の一般的な傾向であるが、伝統的(古典的)で実用性や日常での使い勝手にやや乏しいクーペ(スペシャルティカーを含む)やノッチバックセダン、3ドアハッチバックのほか、後述する一部のSUVや大型ピックアップを除く国内メーカーによる海外生産車種は査定が安く、逆に実用性や日常での使い勝手にやや有利なミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴン(大きな分類として"SUV"スポーツユーティリティビークルと呼ばれる)、5ドアハッチバックなどのタイプは査定が高い傾向にある。しかし近年ではミニバン・ステーションワゴン・4WD等のSUVや軽自動車を除くコンパクト系ハッチバックも市場では飽和状態になりかけており、買い取り・販売価格ともに安定期から低迷期になりかけてもいる。一方、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心に一定の中古市場があり値崩れしにくい事から、すぐ上の1000ccクラスよりも高査定が付くことが少なくない。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • リアエンジン

    リアエンジンから見たミニバンミニバン

    一方アメリカでは、技術者ウィリアム・スタウト (William B. Stout) が1935年、別のアプローチからリアエンジン方式を応用し、まったく新しいコンセプトのモノスペース車を開発した。現代のミニバンの始祖とも言うべき流線型試作車「スタウト・スカラブ」である。航空機や鉄道車両のような発想を取り入れ、流線形のモノスペースボディを備えたこの車は、流線形リアエンジンで先行したジョン・ジャーダが実車デザインに携わっており、フォードのV型8気筒エンジンを車体後部に搭載することで、広い室内容積とレイアウトの自由度を得ていた。リアエンジン フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たミニバンミニバン

    しかし、アイアコッカの就任後より開発を進め、1980年に早くも発売を開始した小型車、「Kカー」シリーズの導入と、前輪駆動化や全ラインナップにわたる小型化の推進、1984年のミニバンの発売、肥大化した組織の見直し、海外拠点や子会社を含む不採算部門の売却や閉鎖、などの大々的な改革を行った結果、1980年代半ばには、数年前までは倒産寸前だった同社を完全に立て直すことに成功し、1987年には黒字化を達成した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • 日産・NV200バネット

    日産・NV200バネットから見たミニバンミニバン

    NV200バネット(NV200 VANETTE)は、日産自動車により製造・販売されるライトバン及びミニバンである。バネットシリーズ通算5代目の車種。日産・NV200バネット フレッシュアイペディアより)

  • レクリエーショナル・ビークル

    レクリエーショナル・ビークルから見たミニバンミニバン

    自動車の中で中長期間に渡って寝泊りするオートキャンプの習慣が定着していない日本では、キャンピングカーの需要は欧米に比べて少ない。そのため「RV」は、1980年代以降のレジャー向け車種の流行とともに、レジャー、リクレエーション用途向けの車全般(ステーションワゴン、SUV、ミニバン、トールワゴンなど)を指す用語として用いられるようになった。最初のうちは「クロカン車」のようなSUVに対して用いられていたが、商業的・文化的な事情もあり、幅広く捉えるようになった。レクリエーショナル・ビークル フレッシュアイペディアより)

  • セダン

    セダンから見たミニバンミニバン

    日本では高度経済成長末期の1970年代までは、大衆車でもノッチバックセダンが好まれたこともあり、各クラスともノッチバックセダンが販売の主流であったが、2度のオイルショックを経て大衆車では、スタイルよりも実用性が求められ、小型車のハッチバック化が進んだ。その間、従来の小型車は少しずつ車体の大型化と車格の上級移行が行われていった。1990年代に入ると、従来のクルマにはない付加価値が求められ、RVブームが起こり、SUV、ステーションワゴン、ミニバンの市場が一気に拡大し、オーソドックスなセダンの需要は縮小していった。2000年代には、コンパクトカー(ハッチバックやトールワゴン)とミニバンが、そして2010年代にはジューク、ヴェゼル、C-HRなどに見られるコンパクトSUVや軽乗用車(主にトールワゴンやスーパーハイトワゴン)が市場の中心となり、セダンのシェアはクーペや大型クラスのSUVのシェアほどではないが、低迷が続いている。セダンの中でも積載性の高いハッチバック型セダンのプリウスが月販1位をたびたび取っている他、インプレッサスポーツやアクセラスポーツなどは人気が高いものの、セダンの代表格であるノッチバックセダンは苦戦が続いている。トヨタは1990年代からたびたび「セダンの復権」を謳ってたびたび新ノッチバックセダンを投入する一方で、日本市場全体ではスズキや三菱自動車工業のように日本向けセダンから撤退したメーカーも現れている。セダン フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ自動車

    いすゞ自動車から見たミニバンミニバン

    また、乗用車用ディーゼルエンジンやSUV(いすゞからビッグホーン→ホライゾンとミュー→ジャズ)、ミニバン(ホンダからオデッセイ→オアシス)の供給では本田技研工業と相互協力関係があった。そのため、1993年の小型乗用車の自社生産中止後、2002年(平成4年)に自社生産されていたSUVを含む乗用車の販売から撤退するまで、ホンダからのOEM供給を受けていた。いすゞ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • スペシャルティカー

    スペシャルティカーから見たミニバンミニバン

    バブル崩壊後は1990年代のRV(日本での「RV」の意味は完全な誤用で、ここでは現在でいうところのSUVやミニバンなどを指す)ブームから、ステーションワゴンやSUV(四輪駆動車)、2000年代以降はミニバン(MPV/ピープル・ムーバー)、コンパクトカー、軽自動車(特に軽トールワゴン)、ハイブリッドカーなどが、入れ替わり立ち代わり一般大衆の人気の中心となって推移し、一連の4ドアノッチバックセダンや2ボックス型ハッチバックよりも更に実用性・機能性・合理性に乏しい2ドアノッチバック、および3ドアハッチバックのスペシャルティー市場は完全に壊滅した。スペシャルティカー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の救急車

    日本の救急車から見たミニバンミニバン

    京都市消防局では、市街地から遠く離れた一部の出張所に、患者搬送を目的とした「器材搬送車」と消救車を配備している。器材搬送車のベース車両としてセレナやデリカスペースギア等のミニバンが用いられ、車内は前述の軽救急車と同様に狭く、搭載資器材は限られている。これらの車両は京都市消防局では「救急車」ではなく「消防車」の扱いになるため、車体塗色は朱色に白が入ったものとなっている。日本の救急車 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・ランディ

    スズキ・ランディから見たミニバンミニバン

    ランディ(LANDY)は、スズキが日本で販売しているミニバン。5ナンバーサイズだが、スズキが国内で販売している車種で最も高価な車である。日産自動車からのOEM車種で、ベース車はセレナ。生産はセレナと同様に、初代は日産車体、2代目以降は日産自動車九州で生産されている。スズキ・ランディ フレッシュアイペディアより)

369件中 41 - 50件表示

「ミニバン」のニューストピックワード