369件中 71 - 80件表示
  • マツダ・G型エンジン

    マツダ・G型エンジンから見たミニバンミニバン

    マツダ・G型エンジン(マツダ・Gがたエンジン)は、マツダによって1989年から製造されている2.5L?2.6Lの直列4気筒またはV型6気筒ガソリンエンジンである。主に北米市場のピックアップトラックや日本市場のミニバン向けに製造されたもので、直列4気筒エンジンについては1989年以前に三菱自動車工業からOEM供給を受けていた三菱・4G5系エンジンを参考として開発されている。マツダ・G型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • ブリュッセル首都圏交通

    ブリュッセル首都圏交通から見たミニバンミニバン

    しかし、1960年代は自動車の増加により、交通渋滞にバスや路面電車が巻き込まれることが多くなった。この時期、路面電車のバス転換が進められ、トロリーバスは1964年に廃止された。また、渋滞に対する対策として路面電車の地下化も行なわれ、1976年には地下鉄が開通した。地下鉄の開通にあわせ、バスや路面電車は不採算路線を中心に大幅な統廃合が進められたが、これは市民の反感を招いたという。地下化の負担やオイルショックによる燃料費の高騰によりSTIBの経営状態は悪化し、1978年には政府が全額出資する公営企業となった。その後、ミニバンによる障害者輸送など、公共交通としての使命は果たしていたものの、サービス水準は高くはなかったという。ブリュッセル首都圏交通 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・デリカD:3

    三菱・デリカD:3から見たミニバンミニバン

    デリカ D:3(DELICA D:3、デリカ ディースリー)は、三菱自動車工業が販売するミニバン。日産・NV200バネット(以下「バネット」)のOEM車種で、生産は日産自動車(日産車体)が行う。三菱・デリカD:3 フレッシュアイペディアより)

  • 遊撃車

    遊撃車から見たミニバンミニバン

    ワンボックス車やミニバンがベースで、エリア対策車とも呼ばれる。金網はなく、外観は一般車と同じで覆面パトカー扱いである。遊撃車 フレッシュアイペディアより)

  • フルサイズ

    フルサイズから見たミニバンミニバン

    きっかけは、1984年に発売されたプリマス・ボイジャーに代表されるミニバン(実質フルサイズバン)である。ドイツ車や日本車にはない、多人数がゆったりと移動できる大型の車体は好評を得た。若者の嗜好も次第に大型のSUVやピックアップトラックに移った。これらの車種は、自動車会社の利益率が高かった(コンパクトカーが1台数千?数百ドルの利益であったのに対して、フルサイズSUVは1台1万ドル以上の利益を出した)ため、積極的な商品開発が行われ売れ行きも加速。アメリカの自動車業界を立ち直らせる原動力となった。日本のメーカーもフルサイズ戦略車として、トヨタ自動車がタンドラなどを投入するようになった。フルサイズ フレッシュアイペディアより)

  • スライドドア

    スライドドアから見たミニバンミニバン

    通常のドアに比べ大きく開き、ボディーに平行に開くためドアを開けてもスペースをとらない。このような利点から、ミニバンやワンボックスカーの後部ドアを中心に多くの車種で採用されている。日本車での採用は1964年発売の3代目ダットサン・キャブライト ライトバンからで、以後1970年代前半に登場したトヨタ・ハイエース、ダイハツ・ハイゼットなどか続き、本格的な普及が始まった。スライドドア フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・アクシオム

    いすゞ・アクシオムから見たミニバンミニバン

    商品企画としては、販売面で著しい伸びを示していたミニバンやステーションワゴンの要素も検討された。最終的にいすゞが得意とするSUVにステーションワゴン的な要素とビークロスが持っていたスポーティでスペシャルティな要素も取り込んで完成したのがアクシオムであった。いすゞ・アクシオム フレッシュアイペディアより)

  • トレッド (タイヤ)

    トレッド (タイヤ)から見たミニバンミニバン

    コンフォートタイヤとは市販車用夏タイヤの中でも特に高級車や大型セダン、ツーリングワゴン、ミニバン向けに製作されたものである。メーカーによってはツーリングタイヤと呼ぶ場合もある。このようなタイヤのトレッドパターンは長時間の高速走行においてもドライバーや同乗者に不快感を与えない乗り心地の確保とロードノイズの抑制を最大限の目的としている為、標準タイヤをベースに左右非対称パターンなどのさらに複雑なパターンを刻んだものが多い。メーカーによってはタイヤの内側に吸音スポンジなどを貼り付け、更なるロードノイズ低減を図った製品も存在する。ゴム質も比較的柔らかいものが用いられる事が多く、ハイグリップタイヤに比べて穏やかな乗り心地となる場合が多い。トレッド (タイヤ) フレッシュアイペディアより)

  • フォード・エコスポーツ

    フォード・エコスポーツから見たミニバンミニバン

    高剛性ボディを採用することで安全性能と走行性能を向上させ、快適性の指針となるNVH性能のクラストップレベルを目指している。コンパクトクロスオーバーSUVとしての扱いやすさに加えて、着座位置が地上から約700mmでセダンとミニバンの中間で乗り降りがしやすく、先々の交通環境が見渡せるため安全な運転環境にも寄与している。横風への耐性と共に、路面が荒い状態でも必要以上にハンドルに力を入れなくても安定するなど直進性に優れているほか、スペアタイヤを高い位置に積載しているため重心位置の関係で重量バランスでは不利となるが、ボディ+サスペンション+タイヤの相乗効果で後輪の接地感が高く快適な乗り心地を実現している。フォード・エコスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • デコレーション

    デコレーションから見たミニバンミニバン

    トラックの場合は、運転手が「粋」を求めてごてごてした過剰なデコレーションを施した、デコレーション・トラック(デコトラ)が存在する。他にはミニバンなどの車を対象とするバニング、おたく文化の一つとして、アニメなどのキャラクターで装飾する痛車などがある。デコレーション フレッシュアイペディアより)

369件中 71 - 80件表示

「ミニバン」のニューストピックワード