前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • ミニバン

    ミニバンから見たホンダ・ステップワゴン

    さらに、2010年6月現在JNCAP公式サイトでクラッシュテスト結果が公表されているミニバンクラス23車種のうち、側面衝突時に車両が横転してしまうものが1/3以上の9車種もみられた。このうち7車種はトヨタ・ヴェルファイア(姉妹車種のアルファードも)や日産・セレナ(OEM版のスズキ・ランディも)、ホンダ・ステップワゴンを含むかつての1BOXカーに近い形態のものが占めており、そのような車種で横転しなかったのはトヨタ・エスティマだけだった。また、同テストの軽自動車部門においても同様な現象が見られ、軽のミニバンである軽トールワゴンまたはそれに類するもの8車種が横転した(軽全体: 24車種、軽トールワゴン合計: 12車種、横転した軽の合計: 11車種)。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た三菱自動車

    日本では多人数が乗れる乗用車という視点から1982年8月発表の日産・プレーリー、1983年2月発売の三菱・シャリオが日本でのミニバンの始祖といわれる。三菱自動車はシャリオとなるSSW(スーパースペースワゴン)の開発を1977年に開始し、1979年の第23回東京モーターショーで発表された。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たゼネラルモーターズ

    ゼネラルモーターズ (GM) はキャラバンに対抗して、トラックのフレーム構造をベースとしたフルサイズバン(シボレー・エクスプレス / シェビーバン)の縮小版として、1985年に、シボレー・アストロ、GMCサファリを出したが、乗り心地の点で乗用車には及ばず、キャラバンには対抗できなかった。フォードもGM同様、トラック・プラットフォームであるフォード・エコノラインの一クラス下として、1985年にエアロスターを発売している。クライスラー以外はいずれも商用車ベースで、二輪駆動の場合はFRである。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た東洋ゴム工業

    かつてのキャブオーバー型ワンボックスカーよりも優れた走行安定性を有するとされる車が多い。しかしセダンやステーションワゴンと比べた場合、車高の高いミニバンは、重心が比較的高い位置にあり、走行安定性の面において若干劣った形となっている。特に、ワインディングや高速走行ではこの傾向が顕著なため、タイヤ等の足回りの腰砕け現象が発生し長距離走行では運転者、同乗者ともに比較的疲れやすくなっている。なお、メーカー側もこうした問題について認識しており、ホンダ等一部のメーカーからは低床低重心の車種や、ミニバン専用のタイヤ(それを強く喧伝する商品の例にトーヨー・トランパスがある)などがリリースすることにより、こうした弱点を改善し、現在では多くの車種が走行性能を批判されるどころか、ミニバンの域としてはハンドリングが良いと評価される車種も多数出現するようになった。変わった例としては初代エスティマがミッドシップレイアウトを採用してミニバンらしからぬ走行性能を実現したが、あくまでミニバンの域を出るものではない。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た本田技研工業

    かつてのキャブオーバー型ワンボックスカーよりも優れた走行安定性を有するとされる車が多い。しかしセダンやステーションワゴンと比べた場合、車高の高いミニバンは、重心が比較的高い位置にあり、走行安定性の面において若干劣った形となっている。特に、ワインディングや高速走行ではこの傾向が顕著なため、タイヤ等の足回りの腰砕け現象が発生し長距離走行では運転者、同乗者ともに比較的疲れやすくなっている。なお、メーカー側もこうした問題について認識しており、ホンダ等一部のメーカーからは低床低重心の車種や、ミニバン専用のタイヤ(それを強く喧伝する商品の例にトーヨー・トランパスがある)などがリリースすることにより、こうした弱点を改善し、現在では多くの車種が走行性能を批判されるどころか、ミニバンの域としてはハンドリングが良いと評価される車種も多数出現するようになった。変わった例としては初代エスティマがミッドシップレイアウトを採用してミニバンらしからぬ走行性能を実現したが、あくまでミニバンの域を出るものではない。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た東京モーターショー

    日本では、1975年の第21回東京モーターショー(東京晴海)にトヨタからマルチパーパスワゴンMP-1が参考出品されている。トヨタはステーションワゴンをアレンジしたRV系の車を以前から参考出品していたが、より実用的な方向として多目的ワゴンのMP-1が開発された。発売こそされなかったがそのコンセプトや実際の車のつくりは、今日の目でみればミニバンカテゴリーの車である。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たSUV

    レクリエーショナル・ビークル - 日本においては、現在のミニバンやSUV、ステーションワゴン等を内包する意味で使われた言葉。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たコンパクトカー

    メーカーの販売戦略上、乗用車の一形態として位置付られ商用車との差別化を図るため、商用車ベースであるキャブオーバースタイルのいわゆるワンボックスカーやVanと区別される。小型自動車の場合はミニバンと呼ばれずに、トールワゴンや場合によってはコンパクトカーと呼ばれ、大型のミニバンと区別される。ミニバンタイプの軽自動車の場合はミニバンと呼ばずにトールワゴン・ハイトワゴンと呼ばれることが多い。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たクライスラー

    アメリカでは、「クライスラーKプラットフォーム」という乗用車のモノコックベースで製作されて1983年に1984年モデルとして発売されたクライスラーのダッジ・キャラバン(現在のジャーニー)2代目およびプリマス・ボイジャー (Voyager) 2代目が北米のサッカーマム達に受け入れられ、ミニバンのスタイルを決定付けたオリジナルとされる。この型はのちにもう一つの姉妹車種であるとしても販売され、さらにその後の世代交代で姉妹車種が集約され、クライスラー・ボイジャーも生まれた。バン型で、フルサイズよりもはるかに小さいことからミニバンとの名称が使用されるようになったが、FFの乗用車ベースで、床が低く、乗り心地に優れるというのが大きなセールスポイントの一つでもある。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たマトラ (自動車)

    ヨーロッパでは1984年に発売が開始されたルノー・エスパスがミニバンに相当する最初の車種として知られている。エスパスは、当時クライスラー社の欧州子会社(欧州クライスラー)が自社ブランドのシムカから発売しようとマトラ社に製作を依頼していたものだった。マトラ社は1977年にはかなりの開発を進めていたが、エスパスとなるまでに時間を要したのは、クライスラーが欧州から資本を引き上げたためだった。ミニバン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「ミニバン」のニューストピックワード