66件中 41 - 50件表示
  • ミニバン

    ミニバンから見た日産・リバティ

    日本では多人数が乗れる乗用車という視点から1982年8月発表の日産・プレーリー、1983年2月発売の三菱・シャリオが日本でのミニバンの始祖といわれる。三菱自動車はシャリオとなるSSW(スーパースペースワゴン)の開発を1977年に開始し、1979年の第23回東京モーターショーで発表された。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た軽自動車

    また軽自動車市場においてもスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴなどの登場以来軽自動車規格のミニバンといえる軽トールワゴンが市場の主流となっており、スライドドアを装備した車両(スズキ・パレット、ダイハツ・タント、三菱・eK、ホンダ・N BOXなど)もある。また、ホンダや三菱のように結果として従来型のハッチバックの生産・販売を取りやめたメーカーも存在する。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たクライスラー・ボイジャー

    アメリカでは、「クライスラーKプラットフォーム」という乗用車のモノコックベースで製作されて1983年に1984年モデルとして発売されたクライスラーのダッジ・キャラバン(現在のジャーニー)2代目およびプリマス・ボイジャー(Voyager)2代目が北米のサッカーマム達に受け入れられ、ミニバンのスタイルを決定付けたオリジナルとされる。この型はのちにもう一つの姉妹車種であるクライスラー・タウンアンドカントリー(Town and Country)としても販売され、さらにその後の世代交代で姉妹車種が集約され、クライスラー・ボイジャーも生まれた。バン型で、フルサイズよりもはるかに小さいことからミニバンとの名称が使用されるようになったが、FFの乗用車ベースで、床が低く、乗り心地に優れるというのが大きなセールスポイントの一つでもある。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たダイハツ・ムーヴ

    また軽自動車市場においてもスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴなどの登場以来軽自動車規格のミニバンといえる軽トールワゴンが市場の主流となっており、スライドドアを装備した車両(スズキ・パレット、ダイハツ・タント、三菱・eK、ホンダ・N BOXなど)もある。また、ホンダや三菱のように結果として従来型のハッチバックの生産・販売を取りやめたメーカーも存在する。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たシボレー・エクスプレス

    ゼネラルモーターズ(GM)はキャラバンに対抗して、トラックのフレーム構造をベースとしたフルサイズバン(シボレー・エクスプレス / シェビーバン)の縮小版として、1985年に、シボレー・アストロ、GMCサファリを出したが、乗り心地の点で乗用車には及ばず、キャラバンには対抗できなかった。フォードもGM同様、トラック・プラットフォームであるフォード・エコノラインの一クラス下として、1985年にエアロスターを発売している。クライスラー以外はいずれも商用車ベースで、二輪駆動の場合はFRである。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たトヨタ・ヴェルファイア

    また、2010年6月現在JNCAP公式サイトでクラッシュテスト結果が公表されているミニバンクラス23車種のうち、側面衝突時に車両が横転してしまうものが1/3以上の9車種もみられた。このうち7車種はヴェルファイアやセレナ、ステップワゴンを含むかつての1BOXカーに近い形態のものが占めており、そのような車種で横転しなかったのはエスティマだけだった。また、同テストの軽自動車部門においても同様な現象が見られ、軽トールワゴンまたはそれに類するもの8車種が横転した。(軽全体:24車種、軽トールワゴン合計:12車種、横転した軽の合計:11車種。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た日産・エルグランド

    画像:NISSAN ELGRAND E52 Highway Star.JPG|日産・エルグランドミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たダッジ・キャラバン

    アメリカでは、「クライスラーKプラットフォーム」という乗用車のモノコックベースで製作されて1983年に1984年モデルとして発売されたクライスラーのダッジ・キャラバン(現在のジャーニー)2代目およびプリマス・ボイジャー(Voyager)2代目が北米のサッカーマム達に受け入れられ、ミニバンのスタイルを決定付けたオリジナルとされる。この型はのちにもう一つの姉妹車種であるクライスラー・タウンアンドカントリー(Town and Country)としても販売され、さらにその後の世代交代で姉妹車種が集約され、クライスラー・ボイジャーも生まれた。バン型で、フルサイズよりもはるかに小さいことからミニバンとの名称が使用されるようになったが、FFの乗用車ベースで、床が低く、乗り心地に優れるというのが大きなセールスポイントの一つでもある。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たスズキ・ワゴンR

    また軽自動車市場においてもスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴなどの登場以来軽自動車規格のミニバンといえる軽トールワゴンが市場の主流となっており、スライドドアを装備した車両(スズキ・パレット、ダイハツ・タント、三菱・eK、ホンダ・N BOXなど)もある。また、ホンダや三菱のように結果として従来型のハッチバックの生産・販売を取りやめたメーカーも存在する。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たルノー・セニック

    Image:Renault Scenic silver vl2.jpg|ルノー・セニック(ヨーロッパ仕様)ミニバン フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「ミニバン」のニューストピックワード