1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示
  • ミニバン

    ミニバンから見た空港

    タクシーに用いる場合、保安基準で3列目の乗客が避難できるように2列目と3列目の間でウォークスルーができるものでなければならないという決まりがあるため、2列目がキャプテンシートの車が多く用いられている。2列目がベンチシートの車は3列目のシートを撤去して5人乗りとして用いるケースが多く、1BOXタイプでは1人掛けシートを撤去して7人乗りとして使用しているケースも稀ながらある。日本ではタクシーには依然として高級感や居住性を求める傾向が強く、このためセダンが一般でミニバンをタクシーに転用されることはあまりない。しかし乗合タクシーには必須であり、大きな荷物を運ぶ必要がある空港タクシーには多く採用されている。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たピラー

    ボンネットとAピラーをスムーズにつなげたスタイル。ドライバーの視点からAピラーの付け根が非常に遠い。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たエンジン

    全てのミニバンに共通して存在しているものがボンネットである。1990年代前半までは3列目シートを備える車はボンネットの無いキャブオーバースタイルが当たり前だった。しかしキャブオーバーは“エンジンが前席床下にあることによって床面が高くなり、乗り降りしづらい”、“セダン等と運転感覚が大きく異なる”、“前席と後席が隔離され、ウォークスルーが困難”、“エンジンの騒音が酷い”、“前面衝突安全性に問題”、“ホイールベースが短く、操縦安定性に劣る”とデメリットが多かった。ミニバンはボンネットを備え、前輪を前に出すことで、キャブオーバーの持つデメリットを全て解消した。しかし、スペース効率の点ではキャブオーバーに及ばない。セダンに比べると一般的に、重量バランスが悪く燃費や乗り心地、走行性能が悪く、また、静粛性や安全性も劣るが、3列目を備える事で多人数乗車できることと荷物等も載せやすいことから一気に普及した。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た横置きエンジン

    背高箱型キャビンがエンジンに被さりボンネットの短い、セミボンネットスタイルのボディーを持つ。駆動方式は横置きエンジンのFFもしくは4WDが主流だが、縦置きエンジンのFRもしくは4WDも一部存在する。エンジン排気量は2,000〜3,500cc。ミニバンの中では床面が高いが、視点も高いため前方視界は良好となる。キャビンスペースは広く、3列目まで快適に座れる車種が多い。大型ミニバンに多いタイプである。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たハッチバック

    一方、「大人数・大荷物をのせるためのミニバンに一人しか乗っていない」と言う実情を指して、いわゆるアンチ層から「空気輸送」などと揶揄される場合がある。この背景としては元々のアンチミニバン指向の他に、同一エンジン搭載車であった場合、一般的な乗用車(セダンやハッチバックなど)に比して燃費が悪いと言う事実があるものと思われる。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たヨーロッパ

    ミニバンは、規格や技術的な定義は存在しないが、一般的に、1.5BOX、2BOX、ワンモーションとも言われる車体形状を包括し、スペース効率を上げて座席数を確保するため着座姿勢が立ち気味(アップライト)で、全長に対する室内長と室内高は比較的大きい車種を示す。欧州ではMPV、ピープルムーバー、モノスペースとよばれる場合が多い。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た北アメリカ

    アメリカでは、「クライスラーKプラットフォーム」という乗用車のモノコックベースで製作されて1983年に1984年モデルとして発売されたクライスラーのダッジ・キャラバン(現在のジャーニー)2代目およびプリマス・ボイジャー(Voyager)2代目が北米のサッカーマム達に受け入れられ、ミニバンのスタイルを決定付けたオリジナルとされる。この型はのちにもう一つの姉妹車種であるクライスラー・タウンアンドカントリー(Town and Country)としても販売され、さらにその後の世代交代で姉妹車種が集約され、クライスラー・ボイジャーも生まれた。バン型で、フルサイズよりもはるかに小さいことからミニバンとの名称が使用されるようになったが、FFの乗用車ベースで、床が低く、乗り心地に優れるというのが大きなセールスポイントの一つでもある。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たフォード・エコノライン

    ゼネラルモーターズ(GM)はキャラバンに対抗して、トラックのフレーム構造をベースとしたフルサイズバン(シボレー・エクスプレス / シェビーバン)の縮小版として、1985年に、シボレー・アストロ、GMCサファリを出したが、乗り心地の点で乗用車には及ばず、キャラバンには対抗できなかった。フォードもGM同様、トラック・プラットフォームであるフォード・エコノラインの一クラス下として、1985年にエアロスターを発売している。クライスラー以外はいずれも商用車ベースで、二輪駆動の場合はFRである。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見たプリマス・ボイジャー

    アメリカでは、「クライスラーKプラットフォーム」という乗用車のモノコックベースで製作されて1983年に1984年モデルとして発売されたクライスラーのダッジ・キャラバン(現在のジャーニー)2代目およびプリマス・ボイジャー(Voyager)2代目が北米のサッカーマム達に受け入れられ、ミニバンのスタイルを決定付けたオリジナルとされる。この型はのちにもう一つの姉妹車種であるクライスラー・タウンアンドカントリー(Town and Country)としても販売され、さらにその後の世代交代で姉妹車種が集約され、クライスラー・ボイジャーも生まれた。バン型で、フルサイズよりもはるかに小さいことからミニバンとの名称が使用されるようになったが、FFの乗用車ベースで、床が低く、乗り心地に優れるというのが大きなセールスポイントの一つでもある。ミニバン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示

「ミニバン」のニューストピックワード