ミハイル・プレトニョフ ニュース&Wiki etc.

ミハイル・プレトニョフ(、ラテン文字転写例: 、1957年4月14日 - )はロシアのピアニスト・指揮者である。 (出典:Wikipedia)

「ミハイル・プレトニョフ」最新ニュース

「ミハイル・プレトニョフ」Q&A

  • Q&A

    ミハイル・プレトニョフの指揮者としての評価はどうですか? プレトニョフはピアニストと…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2014年8月10日 15:33

  • Q&A

    ピアノソロ。 チャイコフスキ―「くるみ割り人形」より パ・ド・ドゥ~マエストーソ。 …

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2013年10月24日 22:23

  • Q&A

    20世紀のピアニストで最高の美形は誰ですか? 女性に人気があったのはグールドとポリー…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2012年10月27日 20:48

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ミハイル・プレトニョフ」のつながり調べ

  • エフゲーニ・ザラフィアンツ

    エフゲーニ・ザラフィアンツから見たミハイル・プレトニョフ

    ノヴォシビルスク出身。両親はともにピアニスト。児童合唱団に1年間在籍した後、6歳から父親の手ほどきでピアノを始め、8歳からモスクワ中央音楽学校に学ぶ。1975年にグネーシン音楽院に進むが、学内で(一説によるとトイレで)ブレジネフの落書きをしたために、「政治的偏向」を非難され、南ウラルのオルスク音楽院への転学を余儀なくされる。1979年に同校を首席で卒業するが、演奏者や教育者としての資格を許されないまま、1980年に旧ゴーリキーのグリンカ音楽院に入学し、1985年にこちらも首席で卒業、全国コンクールにも入賞し、ようやく国内での演奏活動の機会を得る。1988年から1990年までグリンカ音楽院研究科に在籍。1993年に、プレトニョフの援助を受け、カリフォルニア州パサデナのポゴレリチ国際コンクールに出場して準優勝を収め、初めて世界的な注目を浴びた。グリンカ音楽院やクロアチアのミルコヴィチ音楽院で教鞭を執ったが、現在はドイツや日本で演奏家として活動している。(エフゲーニ・ザラフィアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第6番 (チャイコフスキー)

    交響曲第6番 (チャイコフスキー)から見たミハイル・プレトニョフ

    アンダンテ・ラメントーゾの終楽章での世界初録音をしたウラジミール・フェドセーエフは、フレージングからしてアンダンテで演奏すべきであると指摘し「チャイコフスキーは深い「感傷」より、あっさりとした「感情」を表現したかったのでは」と述べている(これは、題名を決める際に「悲劇的」ではなく「悲愴」を採用したことも伏線となっている)。また、ピアニスト兼指揮者のミハイル・プレトニョフは、「音楽の流れからすると、アンダンテの方が自然である」と述べている。(交響曲第6番 (チャイコフスキー) フレッシュアイペディアより)

「ミハイル・プレトニョフ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ミハイル・プレトニョフ」のニューストピックワード