前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • GATE (曲)

    GATE (曲)から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    「GATE」(ゲート)は、小林武史×伊藤由奈×ミハイル・プレトニョフの楽曲。2008年6月11日に着うたが配信限定リリースされた。GATE (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第6番 (チャイコフスキー)

    交響曲第6番 (チャイコフスキー)から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    アンダンテ・ラメントーゾの終楽章での世界初録音をしたウラジミール・フェドセーエフは、フレージングからしてアンダンテで演奏すべきであると指摘し「チャイコフスキーは深い「感傷」より、あっさりとした「感情」を表現したかったのでは」と述べている。また、ピアニスト兼指揮者のミハイル・プレトニョフは、「音楽の流れからすると、アンダンテの方が自然である」と述べている。交響曲第6番 (チャイコフスキー) フレッシュアイペディアより)

  • ロシア・ナショナル管弦楽団

    ロシア・ナショナル管弦楽団から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ロシア・ナショナル管弦楽団(露:Российский Национальный Оркестр, 英:Russian National Orchestra)は、モスクワを拠点とするロシアのオーケストラ。1990年に、著名なピアニストで指揮者のミハイル・プレトニョフ(現・音楽監督)によって創設される。今日では、世界屈指のオーケストラと看做されている。ロシア・ナショナル管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • スイス・イタリアーナ管弦楽団

    スイス・イタリアーナ管弦楽団から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    1935年にスイス・イタリアーナ放送管弦楽団(Orchestra della Radiotelevisione della Svizzera Italiana)として設立される。1991年現在名に改称。現代音楽を得意としていて、リヒャルト・シュトラウスやストラヴィンスキーらを指揮者として招いたり、時々の著名な指揮者を招いている。歴代の指揮者として、レオポルド・カセッラ(Leopoldo Casella)、オトマール・ヌッシオ、マルク・アンドレーエ、セルジュ・ボドらなどがいる。1999年よりアラン・ロンバールが音楽監督を務めていたが、2008年よりミハイル・プレトニョフを首席客演指揮者として迎える。スイス・イタリアーナ管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ室内合唱団

    モスクワ室内合唱団から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ラフマニノフ:合唱交響曲「鐘」、タネーエフ:カンタータ「ダマスクスのヨハネ」(プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団他との協演)モスクワ室内合唱団 フレッシュアイペディアより)

  • エフゲーニ・ザラフィアンツ

    エフゲーニ・ザラフィアンツから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ノヴォシビルスク出身。両親はともにピアニスト。児童合唱団に1年間在籍した後、6歳から父親の手ほどきでピアノを始め、8歳からモスクワ中央音楽学校に学ぶ。1975年にグネーシン音楽院に進むが、学内で(一説によるとトイレで)ブレジネフの落書きをしたために、「政治的偏向」を非難され、南ウラルのオルスク音楽院への転学を余儀なくされる。1979年に同校を首席で卒業するが、演奏者や教育者としての資格を許されないまま、1980年に旧ゴーリキーのグリンカ音楽院に入学し、1985年にこちらも首席で卒業、全国コンクールにも入賞し、ようやく国内での演奏活動の機会を得る。1988年から1990年までグリンカ音楽院研究科に在籍。1993年に、プレトニョフの援助を受け、カリフォルニア州パサデナのポゴレリチ国際コンクールに出場して準優勝を収め、初めて世界的な注目を浴びた。グリンカ音楽院やクロアチアのミルコヴィチ音楽院で教鞭を執ったが、現在はドイツや日本で演奏家として活動している。エフゲーニ・ザラフィアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 幽霊オーケストラ

    幽霊オーケストラから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ロシア・ナショナル管弦楽団(プレトニョフ創設のものと、スピヴァコフ創設のロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団の二つが存在する)幽霊オーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・イヴァノヴィチ (ピアニスト)

    アンドレイ・イヴァノヴィチ (ピアニスト)から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ロシア・ナショナル管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー、バーデン=バーデンフィル等のオーケストラ、R.マルティノフ、M.プレトニョフ、V.チェルヌィシェンコ、L.クレーマー等の指揮者やタネーエフ・カルテットと共演。アンドレイ・イヴァノヴィチ (ピアニスト) フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・ピエモンテージ

    フランチェスコ・ピエモンテージから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    フランチェスコ・ピエモンテージはこれまでにロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、 BBC交響楽団、バイエルン放送交響楽団、バーミンガム市交響楽団、 クリーヴランド管弦楽団、 NHK交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、 ベルリン・ドイツ交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、スコットランド室内管弦楽団など世界の一流オーケストラと共演。また、ズービン・メータ、ロジャー・ノリントン、シャルル・デュトワ、イルジー・ビエロフラーヴェク、スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ、ウラディーミル・アシュケナージ、サカリ・オラモ、マレク・ヤノフスキ、アンドルー・マンゼ、ミハイル・プレトニョフなどの指揮者のもとで演奏。室内楽では、ルノー・カピュソン、イェルク・ヴィトマン、アントワン・タメスティ、ダニエル・ ミュラー=ショット、エマーソン弦楽四重奏団などと共演を重ねている。また、ベルリン・フィルハーモニー、ウィーン・コンツェルトハウス、ロンドンのサウスバンク・センター、ニューヨークのカーネギー・ホール及びエイヴリー・フィッシャー・ホール、東京のサントリーホール、アムステルダムのコンセルトヘボウなど著名なコンサートホールでピアノリサイタルを行い、2016年からはロンドンのウィグモア・ホールにてモーツァルトのピアノソナタ全曲の演奏会を始めている。さらに、BBCプロムス、エディンバラ・フェスティバル、エクサン・プロヴァンス音楽祭、ルツェルン音楽祭、モストリー・モーツァルト・フェスティバル、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭など国際音楽祭への出演も多い。フランチェスコ・ピエモンテージ フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第2番 (ラフマニノフ)

    交響曲第2番 (ラフマニノフ)から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団、1993年(デジタル録音、完全全曲録音)交響曲第2番 (ラフマニノフ) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示