1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • マンフレッド交響曲

    マンフレッド交響曲から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    近年は主要なオーケストラや指揮者によって、録音に採り上げられることが増えている。たとえばイーゴリ・マルケヴィチやユージン・オーマンディ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ロリン・マゼール、アンドレ・プレヴィン、エフゲニー・スヴェトラーノフ、ヴェロニカ・ドゥダロヴァ、ミハイル・プレトニョフ、ウラジミール・フェドセーエフ、ユーリ・テミルカーノフ、リッカルド・ムーティ、リッカルド・シャイー、アンドルー・リットン、ユーリ・アーロノヴィチ、小林研一郎、ウラディーミル・アシュケナージ、リコ・サッカーニ、ユーリ・シモノフ、モーリス・アブラヴァネル、ヴァシリー・ペトレンコらの録音がある。なおスヴェトラーノフは原典版と改訂版両方を録音している。マンフレッド交響曲 フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第2番 (ラフマニノフ)

    交響曲第2番 (ラフマニノフ)から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団、1993年(デジタル録音、完全全曲録音)交響曲第2番 (ラフマニノフ) フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ協奏曲第3番 (ラフマニノフ)

    ピアノ協奏曲第3番 (ラフマニノフ)から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    これ以後はウラディーミル・アシュケナージやエフゲニー・モギレフスキー、 アレクシス・ワイセンベルク、ラザール・ベルマン、マルタ・アルゲリッチ、ヴラジーミル・フェルツマン、エフゲニー・キーシン、ミハイル・プレトニョフ、小山実稚恵、ラン・ランなど、多くのピアニストによって演奏・録音されるようになった。特にアシュケナージはピアニストとしてこの作品を4度録音しており、2種類のカデンツァを弾き分けていることも特徴的である。ピアノ協奏曲第3番 (ラフマニノフ) フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・カピュソン

    ルノー・カピュソンから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    これまでに共演した演奏家は、指揮者ではシャルル・デュトワ、チョン・ミョンフン、フランス・ブリュッヘン、ペーター・ダウスガールト、ダニエル・ハーディング、エマニュエル・クリヴィヌ、レイフ・セーゲルスタム等、器楽奏者ではマルタ・アルゲリッチ、バシュキローヴァ、エレーヌ・グリモー、マリア・ジョアン・ピレシュ、ニコラス・アンジェリッシュ、ダニエル・バレンボイム、フランク・ブラレイ、イェフィム・ブロンフマン、スティーヴン・コヴァセヴィチ、オーギュスタン・デュメイ、パウル・グルダ、ミハイル・プレトニョフ、ジャン=イヴ・ティボーデ、ワジム・レーピン、ミッシャ・マイスキー、トゥルルス・モルク、ジェラール・コセ、ユーリ・バシュメット、ポール・メイエ、エマニュエル・パユ、ジャン・ワン、それに弟でチェリストのゴーティエ・カピュソン等。ルノー・カピュソン フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・トリスターノ・シュリメ

    フランチェスコ・トリスターノ・シュリメから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    19歳のときの2000年にミハイル・プレトニョフの指揮するロシア・ナショナル管弦楽団と共演してデビューを果たす。その後の2004年、フランスのオルレアンで開催された20世紀音楽国際ピアノコンクールで優勝を果たした。1998年ジュリアード音楽院へと入学している。在学中に日本人の友人から日本の映画を紹介され、映画の授業で大島渚に関する論文を執筆している。フランチェスコ・トリスターノ・シュリメ フレッシュアイペディアより)

  • エフゲーニ・ザラフィアンツ

    エフゲーニ・ザラフィアンツから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    ノヴォシビルスク出身。両親はともにピアニスト。児童合唱団に1年間在籍した後、6歳から父親の手ほどきでピアノを始め、8歳からモスクワ中央音楽学校に学ぶ。1975年にグネーシン音楽院に進むが、学内で(一説によるとトイレで)ブレジネフの落書きをしたために、「政治的偏向」を非難され、南ウラルのオルスク音楽院への転学を余儀なくされる。1979年に同校を首席で卒業するが、演奏者や教育者としての資格を許されないまま、1980年に旧ゴーリキーのグリンカ音楽院に入学し、1985年にこちらも首席で卒業、全国コンクールにも入賞し、ようやく国内での演奏活動の機会を得る。1988年から1990年までグリンカ音楽院研究科に在籍。1993年に、プレトニョフの援助を受け、カリフォルニア州パサデナのポゴレリチ国際コンクールに出場して準優勝を収め、初めて世界的な注目を浴びた。グリンカ音楽院やクロアチアのミルコヴィチ音楽院で教鞭を執ったが、現在はドイツや日本で演奏家として活動している。エフゲーニ・ザラフィアンツ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「ミハイル・プレトニョフ」のニューストピックワード