24件中 11 - 20件表示
  • ピアノ協奏曲第3番 (ラフマニノフ)

    ピアノ協奏曲第3番 (ラフマニノフ)から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    これ以後はウラディーミル・アシュケナージやエフゲニー・モギレフスキー、 アレクシス・ワイセンベルク、ラザール・ベルマン、マルタ・アルゲリッチ、ヴラジーミル・フェルツマン、エフゲニー・キーシン、ミハイル・プレトニョフ、小山実稚恵、ラン・ランなど、多くのピアニストによって演奏・録音されるようになった。特にアシュケナージはピアニストとしてこの作品を4度録音しており、自身ライナーノートを書いたり、2種類のカデンツァを弾き分けていることも特徴的である。ピアノ協奏曲第3番 (ラフマニノフ) フレッシュアイペディアより)

  • チャイコフスキー国際コンクール

    チャイコフスキー国際コンクールから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    第1位 ミハイル・プレトニョフ(ソ連)チャイコフスキー国際コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 庄司紗矢香

    庄司紗矢香から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    2001年 テミルカーノフ指揮ボルティモア交響楽団とバービカン・センターにてロンドンデビュー、ルーヴル美術館にてパリでのリサイタル・デビューを飾った。ヴェルビエ音楽祭に初登場、以来同フェスティバルでラン・ランやヴァディム・レーピン、ミッシャ・マイスキー、ミハイル・プレトニョフ、リン・ハレル、イェフィム・ブロンフマン、エレーヌ・グリモー等と室内楽で共演している。庄司紗矢香 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・カピュソン

    ルノー・カピュソンから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    これまでに共演した演奏家は、指揮者ではシャルル・デュトワ、チョン・ミョンフン、フランス・ブリュッヘン、ペーター・ダウスガールト、ダニエル・ハーディング、エマニュエル・クリヴィヌ、レイフ・セーゲルスタム等、器楽奏者ではマルタ・アルゲリッチ、バシュキローヴァ、エレーヌ・グリモー、マリア・ジョアン・ピレシュ、ニコラス・アンジェリッシュ、ダニエル・バレンボイム、フランク・ブラレイ、イェフィム・ブロンフマン、スティーヴン・コヴァセヴィチ、オーギュスタン・デュメイ、パウル・グルダ、ミハイル・プレトニョフ、ジャン=イヴ・ティボーデ、ワジム・レーピン、ミッシャ・マイスキー、トゥルルス・モルク、ジェラール・コセ、ユーリ・バシュメット、ポール・メイエ、エマニュエル・パユ、ジャン・ワン、それに弟でチェリストのゴーティエ・カピュソン等。ルノー・カピュソン フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・トリスターノ・シュリメ

    フランチェスコ・トリスターノ・シュリメから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    19歳のときの2000年にミハイル・プレトニョフの指揮するロシア・ナショナル管弦楽団と共演してデビューを果たす。その後の2004年、フランスのオルレアンで開催された20世紀音楽国際ピアノコンクールで優勝を果たした。1998年ジュリアード音楽院へと入学している。在学中に日本人の友人から日本の映画を紹介され、映画の授業で大島渚に関する論文を執筆している。フランチェスコ・トリスターノ・シュリメ フレッシュアイペディアより)

  • 牛田智大

    牛田智大から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    2015年にはミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団との日本公演を行う。牛田智大 フレッシュアイペディアより)

  • ヤコフ・フリエール

    ヤコフ・フリエールから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    母校のモスクワ音楽院にて長年にわたって後進を指導。主要な門人にロディオン・シチェドリンやヴィクトリア・ポストニコワ、ミハイル・プレトニョフ、レフ・ヴラセンコ、ミハイル・ファエルマン、ベラ・ダヴィドヴィチ、レジーナ・シャムヴィリ、ショシャナ・ルディアコフ、ムーザ・ラベッカらがいる。ヤコフ・フリエール フレッシュアイペディアより)

  • 浜松駅

    浜松駅から見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    KAWAI:グランドピアノ「Shigeru Kawaiシリーズ」・クリスタル・ピアノ「CR-40A」、及び、そのピアノに縁のあるアーティストの紹介(前者はミハイル・プレトニョフ、後者はYOSHIKI(X JAPAN))浜松駅 フレッシュアイペディアより)

  • ラウリ・ヴァインマー

    ラウリ・ヴァインマーから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    タリンの生まれ。地元のタリン音楽高等学校でルータ・タラスとブルノ・ルックにピアノを学び、1979年に卒業。その後地元の音楽院に進み、引き続きルックの下で研鑽を積んだ。1982年に卒業後は、1985年までモスクワ音楽院に在籍し、レフ・ヴラセンコとミハイル・プレトニョフの薫陶を受けた。1985年からタリン音楽高等学校で教鞭をとり、1987年からエストニア音楽院のピアノ科でも講師を務めるようになったが、1990年から翌年にかけてロンドン王立音楽院に留学してクリストファー・エルトンの下で研鑽を積んでいる。1997年にはエストニア音楽院から修士号を授与された。ラウリ・ヴァインマー フレッシュアイペディアより)

  • ブリュートナー

    ブリュートナーから見たミハイル・プレトニョフミハイル・プレトニョフ

    イギリスのヴィクトリア女王を始め、ドイツ国内はもちろんオーストリア、デンマーク、ギリシャなどの多くの皇室にも納品される。ブラームス、リスト、チャイコフスキー、ドビュッシー、ショスタコーヴィチ、プロコフィエフなどの多くの有名な作曲家、ブゾーニ、アラウ、ルービンシュタイン、プレトニョフなどのピアニスト、そのほかヨハン・シュトラウス2世、フルトヴェングラー、メニューイン、マルケヴィッチなどの音楽家からも高く評価されている。ブリュートナー フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示