30件中 11 - 20件表示
  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たピアニスト

    ミハイル・プレトニョフ(、ラテン文字転写例: 、1957年4月14日 - )はロシアのピアニスト・指揮者である。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たグラミー賞

    両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。13歳でモスクワ音楽院に入学し、ピアノをヤコフ・フリエールとレフ・ヴラセンコに師事。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。現在はドイツ・グラモフォンの専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。指揮者として、またピアニストとして1度ずつグラミー賞に入賞している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たドイツ・グラモフォン

    両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。13歳でモスクワ音楽院に入学し、ピアノをヤコフ・フリエールとレフ・ヴラセンコに師事。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。現在はドイツ・グラモフォンの専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。指揮者として、またピアニストとして1度ずつグラミー賞に入賞している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たロシア・ナショナル管弦楽団

    両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。13歳でモスクワ音楽院に入学し、ピアノをヤコフ・フリエールとレフ・ヴラセンコに師事。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。現在はドイツ・グラモフォンの専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。指揮者として、またピアニストとして1度ずつグラミー賞に入賞している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たくるみ割り人形

    チャイコフスキーのバレエ音楽《眠りの森の美女》や《くるみ割り人形》をピアノ独奏用に編曲し、ムズィカ(MUZYKA)社より出版した。超絶技巧を凝らしたトランスクリプションで演奏技術の要求は非常に高いが、それゆえに他のピアニストからも支持されている。プロコフィエフの《シンデレラ》は2台ピアノ用組曲版をマルタ・アルゲリッチとの共演で録音している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たチャイコフスキー国際コンクール

    両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。13歳でモスクワ音楽院に入学し、ピアノをヤコフ・フリエールとレフ・ヴラセンコに師事。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。現在はドイツ・グラモフォンの専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。指揮者として、またピアニストとして1度ずつグラミー賞に入賞している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たシンデレラ (プロコフィエフ)

    指揮者としては、チャイコフスキー、ラフマニノフ、ベートーヴェンの交響曲全曲ならびにベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を録音している。また、プロコフィエフのバレエ音楽《シンデレラ》も全曲録音している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たスカルラッティ

    ピアニストとして得意とするレパートリーは、スカルラッティ、ベートーヴェン、ショパン、スクリャービン、ラフマニノフ、プロコフィエフで、自分はヴィルトゥオーソではないとたびたび発言しているが、カーネギー・ホールでのデビュー・コンサートを行った際は、アンコールでバラキレフの《イスラメイ》を演奏し、聴衆から大喝采をさらった。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たモスクワ音楽院

    両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。13歳でモスクワ音楽院に入学し、ピアノをヤコフ・フリエールとレフ・ヴラセンコに師事。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。現在はドイツ・グラモフォンの専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。指揮者として、またピアニストとして1度ずつグラミー賞に入賞している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たルツェルン湖

    ラフマニノフのルツェルン湖畔の別荘では、遺産のピアノを用い、存命中のラフマニノフの演奏風景を再現して録音を行った。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「ミハイル・プレトニョフ」のニューストピックワード