1 2 3 4 次へ
31件中 31 - 31件表示
  • ミハイル・プレトニョフ

    ミハイル・プレトニョフから見たソビエト連邦

    両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。13歳でモスクワ音楽院に入学し、ピアノをヤコフ・フリエールとレフ・ヴラセンコに師事。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。現在はドイツ・グラモフォンの専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。指揮者として、またピアニストとして1度ずつグラミー賞に入賞している。ミハイル・プレトニョフ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
31件中 31 - 31件表示

「ミハイル・プレトニョフ」のニューストピックワード